up home page bottom



トップ > シゴタノ!



佐々木正悟 最近、Evernoteの使い方を大橋悦夫さんに改めてレクチャーされる機会があって、それは要するに「日付によって分散させる」というのが要諦なのですが、それで十分にうまくいく、ということがわかりました。

考えてみると、私はアナログの情報をすでにそういうやり方で扱っています。今日が10-15(日)ならば、【1015のフォルダ】に書類があり、明日処理する書類は【1016】。こうしてやると、たとえ処理すべき書類が1000を超えていても、1日3つずつ、1年かければ片づきます。単純計算していますが。

さらに考えてみると、私は仕事をすでにタスクシュートでそのように処理しています。毎日やるべきことの「セット」をリピートタスク「群」として扱うことで、何日もかければ大型プロジェクトである書籍原稿も進みはしますし、数日かければこのようなシゴタノ!の連載なども終わります。これを繰り返せば「仕事のセット」はだいたい片づいていくのです。

これまで何度もこのやり方を提唱しては「締め切りまでに終わる見通しは?」とたずねられ「それがわからないと不安過ぎる」と指摘されてきましたが、長期にわたる仕事ほど、最初から締め切りどおりに終わらせられるかどうか、そんなことはわかりません。

毎日文章を書いたとしても、できあがった原稿を受け取ってもらえるという保証もありません。

しかし、とにかく書いてみなければ始まりません。私たちはアスリートではないのですから、「誰よりも早くゴールテープを切る」ことに、少なくとも私はそれほどの重きを置きません。締め切りは目安でしかないと思っています。

もちろん私はアスリートでなくても芸術家でもないので、「私が納得したときが締め切りだ!」などと見得を切るつもりもありませんが、締め切りがきられれば、間に合わなさそうでも身を切る、までするつもりもありません。常識的なペースでことをすすめるしか、しようがないという気がします。

それよりも世の中、一般に「日付をリソースにして割り振る」というサポートが、足りなすぎるほうが問題です。


続きを読む »



倉下忠憲

前回:Re:メモから始める知的生活 その1「ともメモ」

前回は、「ともかくメモする生活」について紹介しました。そうした生活を続けていくと、当然のように大量のメモが発生します。では、そのメモはどのように管理すればよいのでしょうか。

ここではシンプルな原則が活きます。

「いろいろ面倒なことはあるでしょうが、できるだけメモは一カ所に集めましょう」

つまり、「できメモ」です。


続きを読む »

BulletJournal 1

海老名久美「バレットジャーナル」(Bullet Journal)って聞いたことありますか?

PinterestやInstagramで、Bullet Journalあるいは #bulletjournal で検索すると、それはもうたくさんのバレットジャーナルの例が表示されます。しかも、たいていは、そのどれもがカラフルで美しく、「全員デザイナーかイラストレーターなの?」とまねるのを尻込みしてしまうほどに凝っているのです。

「バレットジャーナル」が気にはなるけど「こんなのはムリ」と2秒で諦めてしまう人も多いのではないかと思います(その代表が私)。そんな風に思っていたところに、Twitterのフォロー/フォロワーであるMarieさん(@marie__100)が「バレットジャーナル」に関する本を出されるということで、ありがたいことに献本いただきました。なんとタイムリーなことでしょう。

そして、この『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』を読んで、「これなら私にもできるんじゃない?」と思ったのです。それもそのはず。

本書には、デザインに凝った、美麗でカラフルなバレットジャーナルは、まったく出てこないのです!

» 「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル[Kindle版]



続きを読む »



佐々木正悟 以下の記事を読みました。

» 【タスク管理】Todoistを導入して、一元化って大切…と嚙み締めた話 – works4Life

こちらのブログは私がずっとウォッチしているブログですが、タスク管理をがっつり扱われるのは、久しぶりです。そうして久しぶりに「タスク管理を一元化することの重要性」を再認識した次第です。

タスク管理をしばらくやっているとどうしても、だんだんタスク管理ツールが「2元化」「3元化」「4元化」していきます。便利なツールはいろいろありますし、「1元化しきる」ことは決して容易ではないのです。

  • 会社ではクラウドが使えない。
  • 入力はやっぱり手描きがいい。
  • iPhoneでももっと活用したい。

理由はさまざまあるわけですが、「一元化」が容易でないというのは間違いありません。

しかしです。


続きを読む »



倉下忠憲メモ。そう、メモです。すべてはメモから始まります。すべてを変えるのはメモです。

ヘンゼルとグレーテルがパン(あるいは小石)を道に落としたのもメモですし、アリアドネの助言を受けてテーセウスが迷宮の入り口に糸を結びつけたのもメモです。筆算するときに途中経過を書くのも、道案内をするときに地図を描くのも、買い物に行く前に必要品をリストアップするのも、すべてメモです。

情報や思念を扱えるように(operationalに)するためには、記録に変換することが必要で、そのもっとも簡易で汎用的な手法がメモです。情報の記録化。思念の定着化。

その効能はあらゆる領域に及び、もちろん思索を深めていく知的生活においても活躍してくれます。むしろ必須と言えるでしょう。

そこで今回から三回に分けて、メモについて書いていきます。第一回はメモの要点とも言える「とにメモ」生活です。


続きを読む »

NumberedNotebook 2

海老名久美触り心地も書き心地も良い「アピカ Premium C.D. NOTEBOOK」とブックバンド」で、韓国語の勉強中に使っているノートについて紹介しましたが、使っているノートはこれ一冊ではありません。

「Premium C.D. NOTEBOOK」には、テキストから書き出した例文と、そこから調べた文法事項などを中心に書いているのですが、単語については、別のノートを使っています。同じ種類のノートでも良いのですが、外見の異なるノートを使った方が、パッと見て「文法のノート」「単語のノート」と分かりやすいかなと思って、変えることにしました。

単語学習に使っているのは、コクヨの「Numbered Notebook(ナンバードノートブック)」というノートです。

NumberedNotebook 1

すべてのページにページ番号が印刷されているので、インデックスと合わせて使うことで、どこに何を書いたかを見つけやすいという特徴があります。

» コクヨ ノート ナンバードノート A5変形 KE-SP2-2N



続きを読む »



大橋悦夫キッチンの流し台で食器やフライパンが現れずに放置されているのを見かけることがある。

「洗おうと思って一時的に放置している」ということなのだと思うが、食事を終えているならそのタイミング(=皿洗いが可能になったタイミング)で間髪入れずに皿洗いに移行するのが最も効率よく皿洗いを完遂するポイントであるはず。


続きを読む »



佐々木正悟 著者としては秘かに念頭に置きつつも、それ自体の話題については本の中で触れない、というものがしばしばあります。

私自身の例としては『スピードハックス』の中で「タスクシュート」について触れてないことがそうですし、『すごい手抜き』の中でこれまた「タスクシュート」についてはほぼ触れずじまいであったこともそうです。

今日話題にしたいのはその『すごい手抜き』でどんなふうに「タスクシュート」をずっと念頭に置いていたか、ということについてです。


続きを読む »

倉下忠憲前回紹介したフレキシブルノート術には、二種類のノートフォーマットが存在しました。タイムラインノートと、スプレッドノートの二つです。

前者は、そのときどきの着想を捉えるためのもので、後者は、何か意識的に考えを進めるためのものです。今回は、このスプレッドノートの実際例をいくつか紹介してみましょう。


続きを読む »

OPD 1

海老名久美初めて『Oxford Picture Dictionary』を買ったのは、2008年8月29日でした(Amazonで買ったので、履歴が簡単に調べられて便利です)。

この前年に、TOEICでは900点を突破していたものの、案外、身近なものの名前や、日常的な動作を英語でなんというのかを知らない自分に気づいて買ったものと思われます。この頃、Skypeを使ってネイティブと話す英会話レッスンを受け始めたので(Gmailの履歴から判明)、本当にちょっとした日常生活に出てくるような単語、日本語なら、意識することもないモノの名前などが出てこなくて、もどかしい思いをしたのでしょう(今でもしょっちゅうそういうことはありますが)。

『Oxford Picture Dictionary』は、その名の通り、絵(イラスト)が主体の英語の辞書です。百聞は一見にしかず。見れば、そのものの名前や動作を表す英語が分かるので、理解しやすく覚えやすいので、英語学習者には本当にお勧めなのです。

» Oxford Picture Dictionary Monolingual (American English) dictionary for teenage and adult students (Oxford Picture Dictionary Second Edition)[Kindle版]


» Oxford Picture Dictionary English-Japanese Edition: Bilingual Dictionary for Japanese-speaking teenage and adult students of English (Oxford Picture Dictionary Second Edition)[Kindle版]


» Oxford Picture Dictionary



続きを読む »



佐々木正悟 5分ほどの動画なのですが、ちょっと考えました。



F太さんという人は、「心のちょっとした悩み」について小さな試行錯誤をTweetし続けている人で、それがとても人気があります。

方向性としてはこの動画もそうですが、「ソフト系」です。朝起きるのがつらいという悩みに対して、動画で真っ先に出すアドバイスが「そういう自分を受け入れよう」です。

つまり朝というのはつらい人にとってはつらいモノなのであって、つらくなくなる有効なコツがあるくらいなら、それで悩む人はすでにいないはず、といったところでなのです。

それだけじゃあんまりじゃないかという人は、動画を聞いてください。音声だけで大丈夫ですし、5分ほどです。


続きを読む »

倉下忠憲昔はいろいろなノートを使っていたのですが、最近はかなり落ち着いています。メインはKOKUYOさんのCampusノート。中横罫で100枚の分厚いノートです。



1ページ目は、まあ中二病的ご愛敬ですが、



その後は普通に記述が続きます。



で、ご覧の通り、このノートには二種類のページバリエーションがあります。これを私は「フレキシブルノート術」と呼んでいます。融通が効くノート術、ということですね。2016年の11月からこのノートスタイルを続けていますが、今のところはうまくいっています。

というわけで、今回はこの「フレキシブルノート術」を紹介してみましょう。


続きを読む »

ブラウニー手帳 5

海老名久美毎年9月になると、翌年の手帳が続々と発売されます。手帳好きの私も、毎年のように何冊かの手帳を買ってしまいます。実際のスケジュール管理は、Googleカレンダーで行っているので、それで事足りると言えばそうなのですが、手帳のわくわくするギミックを見ないということもできず、毎年新しい手帳を探すのを楽しみにしているのです。

今年(2017年)最初に買った2018年向けの手帳は、ロンド工房の「ブラウニー手帳」です。

ブラウニー手帳 1

今まで、なぜ知らなかったのだろうと思うほど、面白い作りをしています。なんと、縦または横のいずれの方向にも使えるのです!

つまり、普通のバーチカル手帳のようにも使えますし、予定を詰めて書いていくウィークリー手帳のようにも使えるのです。さらには、プロジェクト管理を横方向で行い、タスク管理を縦方向で行うというように、縦と横の両方向を同時に使うということも可能です。そう聞くだけで、なんだかわくわくします。

» ロンド工房 手帳 2018年 11月始まり ウィークリー A6 ブラウニー手帳 クリア B18102



続きを読む »



佐々木正悟 フリーランスであれ会社員であれ、仕事をスピーディに進めている見える人は、「自分ルール」を徹底させている、という印象を受けます。

たとえば「メモを取るときは必ずロディアにメモし、大事なメモの脇には「☆」をつける」といった「ルール」を徹底しているのです。

この場合に大事なのは「☆」ではなく、「大事なメモには決まって「☆」をつける」ということを必ず守れる点です。

あるときには大事だけどつけなかったり、大事なメモには急に赤線を引っ張ってみたりと、「ルールがぶれる」と機能しなくなります。しかし、「自分で作ったルールを覚えておいて必ず守る」というのは、やっぱり忘れやすい人間には難しいことなのです。


続きを読む »



倉下忠憲本にはいろいろな読み方があります。そのどれもが間違いというわけではありません。いろいろな読み方ができることが、ある意味で、本というメディアの最大の特徴と言えるでしょう。間口と裾野が広いのが本のメリットです。

が、それはそれとして、一番最初に本を読むとき、つまりある本の一読目は、「歌を聴くように」読むのがいいのではないか、なんてことを考えています。


続きを読む »

PremiumCDNotebook 5

海老名久美前回の「万年筆でも書きやすいミドリのノート型ふせん「MD付せん紙」」の続きになります。この記事内に出てくるMD付せん紙を貼ったノートは、アピカの「Premium C.D. NOTEBOOK」です。「紳士なノート」というキャッチコピーのあのノートです。

万年筆でガシガシ書いても裏抜けせず、何度も開いたり閉じたりしてもよれよれにならない強い紙質で、かつ、方眼のノートを探していてたどり着きました。種類はいろいろありますが、A5の5mm方眼タイプです。

さらに、参考書などとこのノートをまとめて持ち運びやすいように、専用のブックンドもそろえました。

PremiumCDNotebook 1

これまた色が6種類ありますが、どの色の表紙とも相性の良さそうな「ライトブラウン」にしました。

» アピカ プレミアムCDノート 方眼罫 A5 CDS90S


» アピカ プレミアムCDノート ブックバンド A5用 CDB60-GY ライトブラウン



続きを読む »



浜中省吾シゴタノ!読者のみなさま、お久しぶりです。さて、VALUについて、2ヶ月以上、自分で売買運用、調査した結果、シゴタノ!読者のみなさまにもぜひ知っていただきたいWebサービスだと判断したので、ご紹介します。

以下、見出し一覧です。

  • VALUとは何か?
  • VALUに関する誤解を解きます
  • VALUはなぜ日本人向けSNSなのか?
  • VALUは会社員にとっても有益なSNSである
  • 現在のVALUが抱えている問題点について
  • この記事のまとめ


続きを読む »



佐々木正悟 以下の記事に出てくる「名もなき家事」にはある共通点があります。タスクを管理する上で、とても重要な共通点です。

ネット上で、具体的にどのようなことが名もなき家事としてあがっているのか? 探してみると続々と出てきました。

「洗剤、柔軟剤、シャンプーなどを詰め替える」「製氷用の氷タンクに水を補充する」「冷蔵庫の中身、ここ数日のメニュー、季節感、スーパーの安売り、自分と家族の好みなどを加味して今夜の夕食を考える」「トイレットペーパー、ティッシュペーパーなどストック品の残量を確認して購入する」「洗濯機のゴミがたまるネットのゴミを捨てる」…。

» News Up “名もなき家事”が夫婦の悩み | NHKニュース

これらのタスクはすべて「リピートタスク」なのです。

実際、私のタスクリストには、これとまったく同名ではもちろんありませんが、同じ意味のタスクがすべてあります。そのすべてが「リピートタスク」であり、リピート頻度もあります。

  • □洗剤を詰め替える(41日おき、夕方16-18に行う、2分)
  • □シャンプーを詰め替える(33日おき、夕方16-18に行う、2分)
  • □製氷用の氷タンクに水を補充する(夏は毎日、朝4-7に行う、1分。冬は14日おき朝4-7に行う、1分)
  • □冷蔵庫の中身の写真を撮る(毎日、朝4-7に行う、1分)
  • □家族の好みなどを加味して今夜の夕食を考える(平日毎日、朝8-9に行う、15分)
  • □洗濯機のゴミがたまるネットのゴミを捨てる(平日毎日、朝8-9に行う、1分)


一般的に言ってなぜこれらに名前がつかないのかといえば、ある程度まで、これらはリピートタスクだからです。人は、毎日行っている行動を、徐々に無意識でやるようになってしまうため、行動そのものへの認識を省くようになります。

しかしこうしたものにはすべて、できれば名前をつけるべきです。なぜなら、名前をつけることによって、私たちは時間を節約できるからです。


続きを読む »



倉下忠憲前回は、本を読むときの心がけを紹介しました。

  • はずれを覚悟する
  • 肯定的なスタンスで読む
  • 読む状況を意識する

の三つでしたね。

ポイントはやはり二つ目の「肯定的なスタンスで読む」で、本に面白がらせていただく、という態度ではなく、自分から本を面白がってやろう、という態度であった方が、面白く本を読める可能性は高まります。

では、今回はそうして本を読み終えた後の話にまいりましょう。そこでも「読者」の役割は大きなものがあります。


続きを読む »

MDふせん_2.jpg

海老名久美先日、『子どもの学力は「ふせんノート」で伸びる』(栗田正行著、かんき出版)という本を読みました。そのレビューは、CNET Japanに書きましたので、興味のある方はご覧ください(「[ブックレビュー]大人でも使える–「子どもの学力は『ふせんノート』で伸びる」」CNET Japan)。教科別に、「こういうふせんの使い方をするといいよ」ということが分かりやすく書かれていて、この本を読んでから、がぜん勉強がはかどるようになりました(単純なんです…)。

ふせんもいろいろ持っているのですが、だいぶ前に買ったもので、経年劣化しているものも多いので、新しいふせんを買いに行ったところ、ミドリの「MD付せん紙」を見つけました。「書き心地がなめらかで気持ちいい ミドリカンパニー「MDノート」」などの記事で何度か紹介しているように、MDノートは書きやすいので大好きなのですが、その付せんがあるとは知りませんでした。

MDふせん 1

形式は、方眼、無地、横罫の3種類で、サイズはA6およびA7があるようですが、今回は「方眼」で「A7」の付せんを購入しました。

使い始めたところ、これが、やはり書きやすい!「リニューアルされたプラチナ万年筆「Preppy(プレピー)」はカラフルでかわいい」で紹介したプレピーで書いても、まったくストレスなく、ノートに貼ってもうるさくなりすぎず、それでいて目に留まります。

» ミドリ 付箋 MD付せん紙 A7方眼罫


» 子どもの学力は「ふせんノート」で伸びる[Kindle版]



続きを読む »