トップ > シゴタノ! > オフィスサーファーの仕事術の記事まとめ

オフィスサーファーの仕事術の記事まとめ(66記事)

新社会人に教えたい!会社で差がつく単語登録の技

新社会人に教えたい!シリーズ第2回目は「単語登録」です。 単語登録を活用することは、文字入力を効率化するだけでなく仕事のストレス軽減にもなりますし、良い活用方法を見つけられたときには楽しさすら覚えるでしょう!

新社会人に教えたい! 会社で差がつくパソコンの効率技(ショートカットキー編)

新年度になって久々に新入社員が私の部下となったことをきっかけに、自分にとっての当たり前が他の人にとっては当たり前ではないことに改めて気が付かされました。特にパソコンの操作に関してそれが顕著に見られます。そこで、それなりに自信がある新入社員の方から見ても役立つであろう効率技について、いくつかご紹介したいと思います。

「投資」として8時間睡眠を実践してみてわかった3つのこと

日頃から睡眠は優先事項と考えて生活している私ですが、睡眠時間については6時間でよいと思っていました。『エッセンシャル思考』という本を読んで、世界的企業のリーダーや著名人達が8時間睡眠を推奨していることや、長時間睡眠をとることの科学的根拠に基づく利点などを知り、自分への「投資」として8時間睡眠にチャレンジしています。

プロジェクトの締め切りを必ず具体的な日付にする3つのメリット

私はプロジェクトの締め切りを決めるとき、◯月末や、◯月中旬といった言葉を使いません。 先の話に思えても、必ず具体的な日付にします。なぜならそうすることで楽に仕事が進むからです。 今日はその理由についてお話します。

仕事を早く終わらせるには「効率」ではなく「最短」にこだわる

「ボトルネック」という言葉をご存知ですか? 「物事を進める際に、全体の進行速度を決めている部分」ということです。例えば、作れば作っただけ売れてしまうパン屋さんがあるとして、「生地をつくる」「パンを焼く」「販売する」という工程があるとき、生地をつくるのが遅くて量産できないなら「生地をつくる」がボトルネックです。

忙しいときほどルーチンをきちんと行うことをすすめる理由

仕事が大変なときは、日々のルーチンタスクを疎かにしてしまいがちです。こういったルーチンタスクを省略する行為は、一時的であればよいですが、1週間、2週間と長期化することはおすすめしません。なぜなら、長期的にルーチンタスクを省略することはかえって全体の効率を下げてしまうからです。

睡眠最優先の生活で仕事も趣味もうまくいく理由

多くの人は、仕事や趣味をがんばろうとする際、睡眠時間を犠牲にしがちです。しかし、仕事よりも趣味よりもまず睡眠を優先することで、かえって全てがうまくいきます。今回はその理由についてお話しします。

読んだビジネス書の内容を職場で話すことがおすすめな3つの理由

ビジネス書を読んだ後はどうしていますか?自分で読書メモをつくったり、ブログを持っている人であれば書評記事を書いたりするかもしれません。しかしいずれも少し面倒であるのも確かです。そんな人に私がおすすめしたいのは、ビジネス書を読んだら職場で本の内容を話してみることです。

小さなやる気で大きなタスクを片付けるコツ

これさえ始めてしまえば後は勝手に物事が進んでいくという行動を「キータスク」と呼んだ場合、 「服を脱ぐ」という行動は「お風呂に入る」という作業の「キータスク」と言えます。この「キータスク」さえ見極められれば、小さなやる気で大きなタスクも片付けられるようになります。

先送りの代わりに2時間単位で明日を見積もる

今日やらなければと思っていた仕事が17時時点でまだできていないとします。「先送ってしまうか? 今からやるか?」できれば今日やったほうがいいと思いつつ、先送りたい気分になってしまったときは、一旦明日以降の予定を2時間単位で見積もってみるのがおすすめです。

会社で効率よく議事録を作る方法を4つ紹介します

会議の議事録作成は、重要だとはわかっていても、時間がかかるし面倒な仕事の一つですよね。今回はそんな議事録作成を楽にするスタイルを4つ紹介しようと思います。次の3つの観点から、最高★★★として評価をつけつつ、解説していきます。

プライベートの書類を会社で処理するとよい5つの理由

保険の手続きや、役所への各種申請書類など、プライベートの書類の処理っていろいろと面倒ですよね。実はこのプライベートの書類を、会社で処理してみると意外にはかどるんです。今日はこの理由について、5つ紹介します。

息抜きの仕事を活用して楽に効率よく仕事をする

やるべきことがたくさんあるときは、一番重要なことから手を付けていくのが鉄則です。しかし実際には、重要であっても気の重い仕事が連続すれば人は容易に疲れ、継続して働けなくなってしまいます。そこで意識したいのが息抜きの仕事を活用することです。

労働時間を短縮し、仕事の質をあげるための1つの質問

自分で思いついた仕事や上司から依頼された仕事など、その全てを実行していたら時間がいくらあっても足りないですよね。しかし、「手を付けない仕事」の選択を間違うと、後で痛い思いをします。ここでカギとなる質問が「その仕事はタスクですか?アイデアですか?」です。

会社員の私が最も気に入っているチェックリスト

私が最も気に入っているチェックリストが、「朝の出勤準備リスト」です。これは外で仕事をする会社員にとって、特に重要なチェックリストと言えます。今回は実例を挙げながらその理由を紹介していきます。

会社でデュアルモニタ導入のすすめ

しかし、「デュアルモニタ環境にしたいです」と言ってすぐに導入させてもらえる会社ならいいですが、多くの会社ではそうすんなりとは導入させてもらえないでしょう。 多くの場合、「なんで必要なの?」「予算がないよ」という理由が壁となると思われますので、その対処方法について紹介します。

チェックリストの蓄積が緊急事態にも役に立った話

新人さんに作業を教える際にも、通常のマニュアルに加えて自分用のチェックリストを見せながら説明したことがあります。マニュアルにはのっていない作業のツボのような点まで記載していたため、大変感謝されたことを覚えています。

上司から曖昧な指示をもらったときの対処法

この話の中で核となっているポイントは、 判断に迷ったときは目的・目標を再確認する。 選択肢が複数ある場合は、サブ目標をいくつか設定し、判断材料にする。 ということです。 サブ目標の部分はメリット・デメリットに置き換えてもOKです。

仕事に手をつけられないときは仕事の設計図をつくる

「完了まで時間がかかる…」「考えることが多い…」 こういった意識がある仕事は、とりかかりにやる気が必要ですよね。 しかし、なんとしてでも仕事を進めたい場合は、その仕事の設計図をつくることをおすすめします。

金曜日の夜更かしが良くない3つの理由

待ちに待った金曜日、「明日は休みだから」とここぞとばかりに夜更かしをしてしまっていませんか?  今回は休日前の夜更かしがおすすめできない3つの理由を挙げ、そこから逆に普段通りに寝ることの良さを紹介したいと思います。