up home page bottom


 


トップ > シゴタノ!


Briteliner 1

海老名久美以前からちょっと気になっていた蛍光テープBIC「brite liner」を、近所のホームセンターで見かけたので、使ってみることにしました。

Amazonで検索してみると、評価が芳しくない模様。少し心配しましたが、書いた文字の上にきれいに蛍光テープが貼れました。個体差があるのでしょうかね…。

まず、パッケージはこんな感じ。修正テープや、最近流行りのテープノリのようです。実際、「修正テープではありません」とパッケージに印刷されています。

Briteliner 2

ペンケースに入れるには、ちょっと大きいですね。

» Bic ブライトライナーテープ BLGTFPNK 蛍光ピンク


» Bic ブライトライナーテープ BLGTFYLW 蛍光イエロー


続きを読む »




倉下忠憲位相の異なるインプットを心がける ~Idea Arts その1~

の続きです。


続きを読む »




佐々木正悟 EvernoteとiPhoneなどのスマホが普及してからライフログというものが非常に身近なものとなりました。毎日の食事を記録したり、睡眠時間を記録したり、やろうと思えば一日の時間の使い方を詳細に残すこともわりと容易にやれます。

で、これをどうするか?

もちろん一年前に行った場所を思い出してニヤニヤするというのもいいでしょうが、そもそもなぜ「ニヤニヤする」のかと言えば、それは思いかえしてみても悪くない思い出だからでしょう。

思いかえして悪くない思い出に包まれている人は幸福です。しかしその反対の時間の使い方をせざるを得ないという人も大勢居るはずです。

よい経験を得て、よい感情で時間をたくさん過ごしている人と、そうでない人とでは、どんな違いがあるのでしょう。今はそういう研究もかなり広範囲に、かなり正確に実施することもできます。

参加者たちには携帯用のパソコンを持ち歩いてもらい、一日の間(あるいは数日間)に何回か指示がでるようにし、その指示が出た瞬間、直ちに一連の質問に答えてもらう。

これはほとんどライフログでしょう。同じような実験がしたければ、自分のiPhoneのDueなりに「今どんな気持ちか?」とか「今誰と居るか?」などといった質問を出してもらって、それに答えていけばいいわけです。

答えはすぐに蓄積され、自分自身の「幸福度」や「幸福だと感じる時間にやっていること」が割り出せるはずです。


続きを読む »




浜中省吾「じゃあ、月曜の13時までによろしく。」

このとき、金曜の19時。作成を依頼された資料は30ページ超えのプレゼン用スライドでした。

果たして本当に月曜の13時までに作成可能なのか、いや必ず間に合わせなければならない。

手当たり次第に取り掛かっていては資料が最後まで出来上がらないと予想し、私がまずとりかかったことは作成完了までの全てのタスクを書き出すことでした。

数日がかりの作業を15分以下のタスクにまで一気に分解したのはこのときが初めてでしたが、やはり良い効果を実感できたので、そのときの体験を紹介します。


続きを読む »



みなさまはじめまして!今回はじめてシゴタノ!で書かせていただきます「岡野純」と申します!ブログ「純コミックス」を主宰したり、本を書いたりしていますが、普段は2児の父として、ごく普通の会社に勤めるサラリーマンです。そんな僕がなぜ「タスク管理」というものを始めようと思ったのか?話はなんと20年以上も前にさかのぼります…


続きを読む »


KindleVoyageTop

海老名久美私自身は、Kindle Paperwhiteを2014年3月に購入してから、まだ1年も経っていないため、新しいKindleが発売されたからといって、すぐに買い換えることはできません。

ですが、「Kindle Voyage」を3週間ほど試用させていただくことができましたので、その感想だけでも、気になっている方向けにお伝えしたいと思ってこの記事を書いています。あくまでも、試用機種をお借りしての使用感ですので、その点ご留意ください。

価格のことは置いておいて、PaperwhiteかVoyageのどちらを選ぶかと言えば、Voyageですね。

まず、軽い!

Paperwhiteは206gありますが、Voyageは180g。持った瞬間に、「わ、軽い!」と思うほど、26gの差は大きいです。

まして、読書では、長時間Kindleを片手で持つことになるわけですから、軽ければ軽いほどいいです。私は、アイコンにもあるように、ハムスターを飼っているのですが、40gのハムスターが60gになったら、もう肥満です(笑)。持ったら「重っ!」となります。

軽いVoyage、うらやましいです。

» Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル


続きを読む »




倉下忠憲連載企画をはじめます。

これから何回かに分けて、「発想法」について書いていきます。具体的な発想法というよりは、発想力を向上させるための習慣や考え方についての記事です。

キャッチーなタイトルを付けるとすれば、「アイデア溢れる人になる7つの習慣」になるでしょうが、とりあえずはIdea Artsと命名しておきます。ある程度書き上げたら、連載をまとめて電子書籍にしますので、そちらもご期待ください。

では、前置きも「はじめに」もすっ飛ばして、いきなり本編から入りましょう。「日常生活におけるインプット習慣」の章になります。


続きを読む »