up home page bottom



トップ > シゴタノ!



大橋悦夫ふと、iPhoneにかかってきた電話を別のiPhoneで受ける方法があったはず、ということで試行錯誤して、ほどなくして実現。iPhone SEにかかってきた電話を、現役を引退していたiPhone 4Sで受けられるようになりました。iPhone SEが「親機」ならiPhone 4Sは「子機」ということになります。

「子機」ながらもiPhone 4Sは受話のみで発信することはできません。だからこそ都合がいい、というシチュエーションがあります。

たとえば、毎月開催しているセミナ-(タスクカフェ)では、受付を担当いただいている方に一時的に電話(スマホ)を預けるのですが、ここで本体である「親機」ではなく、「子機」を預けることで、手元に「親機」を残しておくことができます。

「子機」は受話しかできないのですが、かかってくる電話に対応できさえすればいいので必要は満たせます。

※当日の受講者の方からの急ぎのお電話(「遅れそう」とか「場所が分からない」等のお問い合わせ)に対応するためです。


続きを読む »



大橋悦夫オフィスのそばにあるので、肉が食べたくなったときにときどき訪れている松屋。店内でふと「松券セレクト」なる新サービスが始まっていることを知ります。サービスの説明を読んですぐに「あぁ、これはいいかも」と感心しました。後日さっそくこのサービスを利用してみて便利さを実感しました。


続きを読む »



大橋悦夫以下の記事でご紹介したワイヤレスマウス(Logicool MX1600sGR ANYWHERE 2S)ですが、その後も毎日快適に使用できています。記事公開後に「アプリケーション固有の設定」について読者の方にアドバイスをいただいたので試してみたところ、実に快適な操作環境が実現しました。マウスの便利さをしみじみと実感しています。

» マウスを新調したらサイドボタンとティルトホイールが極めて便利だった

↓いただいたアドバイスは以下。




続きを読む »

大橋悦夫Windowsで日本語入力のOn/Off切り替えを行うには、キーボード左上にある「半角/全角」キーを押します。ただ、ホームポジションから微妙に離れているため、よく使うキーの割には押しにくいのが難です。さらに「Esc」キーというこれまたよく使うキーも“郊外”にあり、しかも「半角/全角」キーと隣接しているため「誤爆」を招きやすいのです。



「Esc」キーを押すつもりが「半角/全角」キーを押してしまうという、あるいは逆に「半角/全角」キーのつもりで「Esc」キーを押してしまうという“事故”が頻繁に起こります。毎日欠かさず使うキーにもかかわらず一向に慣れる気配がないので、対策を打つことにしました。

以前はPCを買い換えるたびに同じ対策を施していたのですが、いつの間にか施し忘れるようになっており「この対策なしでも使えないことはないから」ということでそのままになっていました。

改めてこの対策を施してみたところ、実に快適になりました。「使えないことはないから」などと大人ぶって妥協している場合ではありませんでした。「使えないことはない」は「使えない」わけではないものの「使える」にはほど遠いということを失念していました。


続きを読む »



佐々木正悟 本記事をお金をいただいて書くわけではありません。ただ、アイソレーションタンクをご厚意から一度だけ、無料体験させていただきましたので、その感想です。

» 東京近くのフロート・アイソレーションタンクサロン【COCORODO】

個人的に、この「アイソレーションタンク」というものを一度ぜひ体験したいと、ずっと昔から思っていたのです。もう20年くらいさかのぼる話になります。


続きを読む »



大橋悦夫大学時代の恥ずかしい話です。どう考えても一晩では終わらないレポート課題を締切前日に無理やり終わらせていました。それも1回や2回ではありません。無理やりなので内容は到底満足のいくものではありません。

それでも、単位を落とすわけにはいかないので、とにかく「レポート」と呼べるところのものを作り出すことにのみ注力します。「これは張りぼてだ」という残念な認識は覆しようもなく、それでも「出さないよりはマシ」と繰り返し自分に言い聞かせながら、数時間後には終わるはずの苦行を耐え抜きます。

とはいえ、仕事においてこのようなことを続けるわけにはいきません。

ではどうすればいいか?


続きを読む »



大橋悦夫以下の記事を書いたところ、

» DMMモバイルのシェアプランは8GB以上がおトク(8GB以上でないとおトクにならない)という話

「エキサイトモバイルが良い」というアドバイスをいただきました。



さっそく調べてみたところ、確かにお得になりそうな雰囲気です。

» エキサイトモバイル

ただ、僕自身DMMモバイルに契約したのが2016年8月で、12ヶ月以内の解約には解約手数料(9,000円)が発生するため、仮に移行するにしても9月1日以降にはなりそうです。

念のため、この10ヶ月間(2016年9月~2017年6月)のデータ通信量をもとに、エキサイトモバイルを契約していたとしたらお得になっていたか否かを調べてみました。


続きを読む »

倉下忠憲本を読むためには、本を手に取る必要があり、本を手に取るためには、本に出会う必要があります。

そう考えると、面白い本を読むためには、面白い本に出会うことが欠かせないことがわかります。選択肢に面白い本が含まれていなければ、どれほど賢明に選択したところで面白い本を手に取ることはできないでしょう。

以上は単純な話なのですが、解決はそんなに単純ではありません。

スタージョンの法則(「全てのものの90%はカスである。」)が言うように、質の高いものの割合が小さいから、というのも理由にはありますが、それだけではなく、私たちが出会う本には偏りがあるというのもその理由です。



続きを読む »



大橋悦夫オオハシです、こんにちは。めったにないことですが、電話で自分の名前(苗字)の漢字を間違いなく伝える必要に迫られることがあります。電話を掛けたら相手が不在で、伝言を残しつつ名前を残す場合です。このようなとき、定番の同じフレーズを定めておくとスマートな印象を与えられるでしょう。自分としても一発で伝えられるのでラクです。

たとえば、「川口さん」であれば「三本川に目・鼻・口のくち」といったようにです(以下の記事より)。

» お名前の漢字は?|電話秘書ビジネスアシストの秘書Log

電話口で、名前の漢字を聞かれることがありますよね。

私は川口なので、「三本川に目・鼻・口のくち」と説明します。
実はこれ、お客様に名乗ったところ、
「三本川に目鼻口のくちで、川口さんですね」と復唱され、
わかりやすい!と思い、採用させていただきました。



続きを読む »

BlackBoardTape 3

海老名久美以前からちょっと気になっていたものがありまして。ホームセンターで見るたびに、欲しいと思いながら、でも必要ないよねと思い返す、ということを繰り返していたもの。とうとう、買ってみてしまいました。

それが、日本理化学の「テープ黒板」です。

BlackBoardTape 1

「なにそれ?」ですよね。私も「なにこれ?」と思っていて、本当に「黒板」なのかどうか、ずっと確かめてみたいと思っていたのです(笑)。

確かめてみたところ、本当に「黒板」だったのです!

» 日本理化学 テープ黒板 18mm STB-18-BK 黒


» 日本理化学 テープ黒板 30mm STB-30-BK 黒



続きを読む »



大橋悦夫マウスを新しく買い換えました。今まで使っていたマウスは2014年2月に購入したもので、3年半近く使い続けてきましたが、最新のものに替えてみたら、これまでになかった操作性が手に入りました。

まだ使い始めて3日目ですが、特にサイドボタンとティルトホイール(ホイールを左右に軽く倒す操作)は「あ、この操作もマウスで行えるのは便利だなあ」としみじみ感じています。

↓今まで使っていたマウス(2011年11月発売)

» LOGICOOL ロジクール ワイヤレスマウス M525BC


↓新たに導入したマウス(2017年6月発売)

» Logicool ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S ワイヤレス モバイルマウス グラファイト FLOW Bluetooth/USB接続 Windows・Mac対応 レーザー採用



続きを読む »



大橋悦夫もうタイトルで言い切っていますが、そういうことです。このブログでもときどき自宅オフィスの一角を撮った写真を掲載していますが、この効用を実感しています。

たとえば、「29インチディスプレイのことをブログに書こう」と思いついて、ディスプレイ周辺を撮り始めるわけですが、すると普段は風景に溶け込んで気にも留めなかったあれこれがファインダー越しに改めて見てみると「うわ、これ片づけなきゃ!」となるのです。

↓たとえば、以下の記事を書くにあたって撮影する必要があったので机の上の整理がはかどりました…

» 「机上台」の下にキーボードを格納することでデスクワークのスペースを確保する




続きを読む »



大橋悦夫8月5日(土)に予定している「たすくま『超』入門講座・2017年版」ですが、残席わずかとなってきました。

実は、兼ねてからの課題の1つとして、講師の佐々木・大橋いずれもがフリーランスであるがために、お伝えする事例が会社員の方々にとって参考になりにくい、というものがあります。

そこで、当日は「たすくま」を活用して「ほぼ残業なし」という成果を実現している会社員のAさんをお招きし、実際にどのように日々「たすくま」を活用しているのか、会社員ならではの活用事例を根掘り葉掘りうかがうことにしました。


続きを読む »

大橋悦夫自分でやっていることにも関わらず、いつの間にか定着し、もはやそれが当たり前になっている習慣というものがあります。ウェブの記事を読んでいて「あ、これは何かに使えそう」と思ったとき、Evernoteにクリップするのですが、その際に「>」記号をよく使っているのですが、これもそんな習慣の1つです。

たとえば、「Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること」という記事をクリップするとき、以下のように記事タイトルの頭にクリップ時の心境や意図を付加します。

  • やってみる>Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること


▼クリップ時


▼クリップ後



続きを読む »



佐々木正悟 このエピソードは意外でした。

セミナー終了後、ご挨拶をし、駅まで一緒に歩いたのだが、明らかにシュッとされている。
FBでは、そのお姿を目にしていたが、本当にほっそりとなされており。
「すごいですね、そんなにシュッとなされて」と言ったところ、「家計簿をつけたら、やせたんです」と。
「はぁ?(えっ、何をおっしゃってるのかしら???)」「いえ、こんな理由で……」とその理由を聞いたとき、このタイトルがパッと頭に浮かんだ。

『家計簿つけたら、ヤセました!!』 – HONZ

というのも、私にしてみれば「家計簿をつける」→「やせる」というのは少しも驚くべきことではないからです。やせない人もいるでしょうが、やせる人がいてもちっとも不思議ではありません。

『レコーディング・ダイエット』とからくりはよく似ているはずです。よけいなものを明らかに余計と識りつつお金を払って食べるということがバカらしくなってくるからです。

» 家計簿つけたら、ヤセました! ―――アプリでレシートを撮影するだけで「貯まる」「ヤセる」「モテる」[Kindle版]


ものを食べるにはだいたい何かを買うわけですから、家計簿が節約に人を向かわせるなら、そしてその人が日頃からよくものを食べる人ならば、節約がすなわちダイエットになるでしょう。

そして同じように、時間を浪費するにはだいたい何かを買うわけですから、家計簿が節約へと人を向かわせるなら、そしてその人がいろんな消費行動で時間をムダにしているなら、節約がすなわち時間術として機能するはずです。

私が言いたいのはこのことです。


続きを読む »



大橋悦夫現状、自宅オフィスは以下のようにノートPCを机上台に載せているため、キーボードは必然的に外付けになります。

» 現在の自宅オフィスのデスク周りで活躍しているサポートツール群の紹介



机上台の下にキーボードを押し込むことで、手元にデスクワークのためのスペースを確保できます。

» 「机上台」の下にキーボードを格納することでデスクワークのスペースを確保する



そんなわけで、とにかく外付けキーボードが欠かせないわけですが、困ったことに選択肢が限られているのです。


続きを読む »



大橋悦夫最近読み返している『全脳思考』に出てきた一文を読んで「そうかー」と納得していたところ、同時に読み進めている別の本でほとんど同じことが書かれていて「やっぱりそうかー」と確信を強めたことがありました。

まず、『全脳思考』ですが、以下のような内容がまずあり、

  • ビジネスにおいて、われわれは正しい戦略を見いだせば、ゴールに向けて一直線に成功できると考える。
  • ところが、どんなに正しい戦略を見いだしたといっても、提案書が描くように一直線に成功することは、現実にはありえない。
  • 仕事上でさまざまな葛藤を経験せずして、ゴールすることはないのだ。

そのうえで、

それは、われわれは無意識レベルでは、むしろ葛藤を望んでいるからだ。

という、問題の一文に続きます。


続きを読む »

倉下忠憲面白く本を読むための読者術」の本格的な内容に入る前に、その全体像について少し考えてみましょう。



「読者術」というのですから、当然その対象は読者ができることになります。では、読者にできることって何があるでしょうか?


続きを読む »



大橋悦夫本日7月8日(土)に第72回となるタスク管理ワークショップ「タスクカフェ」を開催しました。2011年8月にスタートして以来、毎月欠かさず、72ヶ月間連続で開催し続けています。

今回のテーマは、「プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方」でした。

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

ご参加いただいた方からはさっそく以下のようなご感想をいただいています。

一つのプロジェクトでも、フェーズによってクエスト型、パズル型に分類でき、各々でタスクの進め方が異なるとの講義に納得しました。自分はすべてのプロジェクトをパズル型のように、最初に出口までの経路を決め、なんとしてもその通りに進める事がタスク管理と勘違いしていた事に気づかされました。

そして、ワーク時間で自身のプロジェクト内のタスクをクエスト型とパズル型に分解してみました。これがどう影響するのか、次週から体感してみます。

プロジェクトには2つの種類があるということを教えていただき非常に参考になりました。プロジェクトがクエストなのかパズルなのか意識すること。

私の場合は、性格上なるべくパズル型にもっていくことによってより仕事のストレスが軽減できるような気がしました。

当日のセミナー動画は追って、タスク管理トレーニングセンターにて公開予定です。


続きを読む »

AUKEY HDMI 4

海老名久美約3か月前に、「プライムビデオとdTVをテレビで楽しむAmazon「Fire TV Stick(Newモデル)」」という記事を書きました。

Fire TV Stickは、すこぶる快適で、大画面のテレビで(とは言え我が家のTVはさして大画面ではありませんが…)プライムビデオとdTVのビデオを楽しんでいます。

ただ、この記事の最後に「HDMI切替器については後日」といったことを書いていたのですが、書いていなかったことに先日気づきまして、改めて、切替器のことについて書きたいと思います。

Amazonで、「HDMI 切替」とでも検索すると、それはもうたっくさんの商品が表示されて、いったい自分のニーズに合うのはどれなのかが本当に分かりにくいのです。私の場合、とりあえず、「2つ」の機器を切り替えられるだけで十分ですし、テレビは手を伸ばせばすぐ届くところにあるので、リモコンはいりません。

そこまで条件を絞り込んでも、名前を知ってるメーカーのものから、まったく知らないメーカーのものまで玉石混交といった感じでしたので、今までにも買ったことのあるメーカーのものを、まずは選んでみることにしました。それが、AUKEYの「HDMI切替機HA-H04」です。

AUKEY HDMI 1

» AUKEY HDMI切替器 2in1 セレクター 分配器 PC PS3 テレビ 4K対応 HA-H04


» Fire TV Stick (New モデル)



続きを読む »