トップ > シゴタノ! > 2016年1月の記事まとめ

2016年1月の記事まとめ

2016年1月の記事まとめにシゴタノ!で書かれた記事をまとめました

WorkFlowyの入門となる一冊

クラウドなアウトライナーであるWorkFlowyは、この連載でも何度か紹介してきました。シンプルでありながら、なかなか奥深い知的生産ツールです。 で、このたびその入門書が発売されました。

万年筆でも裏写りしなくて使いやすいA4三つ折りサイズの「プラス カ.クリエプレミアムクロス」

A4三つ折りサイズが便利なノート「カ.クリエ」シリーズのことは、以前から知っていましたが、ちょっと高級なラインが発売されているのは知りませんでした。万年筆でも裏写りしにくい紙が使われている上、ページ数もたっぷりある模様。表紙が6種類もあって、しかもどれもビジネスシーンで使いやすそうな上品な色合い。散々迷って…

睡眠最優先の生活で仕事も趣味もうまくいく理由

多くの人は、仕事や趣味をがんばろうとする際、睡眠時間を犠牲にしがちです。しかし、仕事よりも趣味よりもまず睡眠を優先することで、かえって全てがうまくいきます。今回はその理由についてお話しします。

Gmailで受信しているメルマガをInstapaperに自動転送するための設定手順

長文メルマガはその場で読み切れないことが多く、未読のまま溜まってしまいやすいからです。Instapaperであれば、記事ごとにスクロール位置を記憶してくれるので、一気に読めなくても、数分のスキマ時間をぬって少しずつ確実に読み進めることができます。その結果、消化率もアップします。というわけで、設定手順を詳しく解説します。

時間は感覚では管理できない

テニスを休むと、まるで無限に時間を得たような気がするのです。この「無限に時間がある感覚」は、2時間を超えたオプションとしての時間には、たいてい生じる錯覚で、私の時間感覚が、タスクシュートを使ってもう10年近くになるのに、相変わらずいい加減なものだと痛感させられます。

アイデアを生み出す力と無意識

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」 ジェームス.W.ヤングの『アイデアのつくり方』に登場する有名なアイデアの原理です。重要なのは「物事の関連性を見つけ出す才能」という部分でしょう。これは一体何を意味しているのでしょうか。

PASMOの履歴をiPhoneで見られる「SONY PaSoRi(パソリ)RC-S390」

今さらながら、iPhoneでSuicaや楽天Edyの履歴を確認できる、SONYの「PaSoRi(パソリ)RC-S390」を購入しました。これまでずっと、Nexus 7を使って、PASMOの履歴を保存していたのですが、年明けから、なぜかデータを読み取らなくなってしまって困ったので…

同じ一日からより多くの“収穫”を得るための考え方

時間は数値で表わすことができますが、この事実が、人に時間に関する判断ミスを引き起こさせているのではないか。そんな風に、僕は考えています。

読んだビジネス書の内容を職場で話すことがおすすめな3つの理由

ビジネス書を読んだ後はどうしていますか?自分で読書メモをつくったり、ブログを持っている人であれば書評記事を書いたりするかもしれません。しかしいずれも少し面倒であるのも確かです。そんな人に私がおすすめしたいのは、ビジネス書を読んだら職場で本の内容を話してみることです。

タスクシュート中級講座を開催します

今回初めて開催する「タスクシュート中級講座」は、TaskChuteやたすくまをすでに使い続けている方を対象に、今以上に効果的に活用いただくための、以下のようなトピックをお伝えするセミナーです。

使える記録の残し方

私たちは驚くほど、プロセスの記憶というものを軽視しがちです。特に大きめの仕事となると、たとえば書籍を一冊仕上げるというようなプロジェクトの場合、よく覚えていることといえば…

時間の使い方を最適化するには? それによって得られることは?

TaskChuteを自作して使い始めた1998年8月より分単位で日々の行動記録をとり続けています。なぜ記録をとり続けているのか?それは、自分の時間の使い方をふり返り、より良い時間の使い方に改めるためです。時間の使い方を最適化する、と言っても良いでしょう。

『「無知」の技法』で世界と向き合う

「私、分かりません」いかにも「数学ガール」のテトラちゃんが言いそうなセリフです。そしてこのセリフには、学びにとって必要なものが凝縮されています。どういうことでしょうか。第一に、彼女は自分が「分かっていない」ことが分かっています。理解しているものとそうでないものとの線引きがハッキリしているのです。第二に…

パンチ穴の補強などに使えるドーナツ型のシールが可愛い「コクヨ ドーナツシールスタンプ」

ホームセンターの文具売り場で見つけて、思わず「可愛い!」と言ってしまった(ひとりだったのに)のが、ドーナツ型のシールをスタンプのようにポン!と押して貼る「コクヨ ドーナツシールスタンプ」。パッと見た感じでは、シャチハタのような印鑑かと思ったのですが、よく見たら違いました。

Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること

日々の仕事や生活に忙殺されるばかりで、何の達成感もなく、従って充実感もまったくない。もしそう感じているとしたら、それは誤解です。なぜか? 何かをすれば、必ずその瞬間に何らかの達成感が生じているはずだから、です。

小さなやる気で大きなタスクを片付けるコツ

これさえ始めてしまえば後は勝手に物事が進んでいくという行動を「キータスク」と呼んだ場合、 「服を脱ぐ」という行動は「お風呂に入る」という作業の「キータスク」と言えます。この「キータスク」さえ見極められれば、小さなやる気で大きなタスクも片付けられるようになります。

「今日は時間はたっぷりある」という過大評価を避けるために

一日という時間をいくつかのセクション(時間帯)ごとに分割して、それぞれのセクションごとに収まるように仕事を盛りつけていくとき、セクションのサイズが大きいと「時間はたっぷりある」と過大評価して、たくさんの仕事を詰め込んでしまいます。その結果、仕事があふれてしまうわけです。

「タスク管理ビギナーズ」を開催します

来月から、「タスク管理ビギナーズ」という新しいセミナーを開催しますので、お知らせします。あわせて、他に私が主宰、もしくは共催のセミナーとの違いなども説明します。

守るのが楽しくなるルールを作る

「だるまさんが転んだ」に似ています。きっかりタイムがやってくる前にとにかく進められるところまで進めてしまう。可能な限りこのルールに従って過ごしていると、毎日にビートが生まれ、好ましいウェーブに乗れるようになるはずです。

毎日欠かさずにブログを更新するには

この連載は、2009年12月6日に始まりました。つまり、連載を始めてから6年以上が経過しています。エントリー総数は300を超えています。しかし、連載を始めるにあたって、「6年間で300以上のエントリを書くぞ!」と決意したわけではありません。そんなことは計算すらりませんでした。でも、その成果を今の私は手にしています。