up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 「自分がどう生きたいか」という願望を実現するための行動をパターン化し、時間割に落とし込む






大橋悦夫その日の気分に応じてパターンを変える、という主張をよく見かけますが、けっこう不安を覚えます。「雨が降りそうだから傘を持って出かける」という因果関係が明確な基準なら良いのですが、「その日の気分に応じて」という不確定な因子と「パターンを変える」というアドリブっぽさがどうにも相容れないように思えるからです。

深く考えなくてもいいのかもしれませんが、僕がこのような不安を覚えた、記憶している限りの最初の機会は、テレビアニメの「ヤッターマン」を見ていたときです。2人の主人公よりも目を引いたのは「ヤッターメカ」と呼ばれるヤッターマン側のメカです(バットマンで言うところのバットモービル的な位置づけ)。

↓以下、ヤッターメカの一例です。



次々と新しいメカが登場するので、子どもながらに「毎週新しいメカを作るのは大変だろうなあ」と感じていました。同時に「今回のメカはけっこう気に入っていたのだけど、もう次回以降は登場しないのだろうなあ」という切なさも覚えていました。

あるいは、「このメカばかり出てきてずるい」という軽いフラストレーションもありました。

いま思うと、これらの感情は「もっとパターン化すればラクになるだろうに」ということなのだと思います。

Ads

パターン化する効用

もちろん、ヤッターマンはエンターテイメントなのですから効率を追求するものではないでしょう。でも、それこそ「今日の気分はヤッターアンコウって感じだな」という雰囲気を感じて、そのたびに新しいメカを登場させないといけないのは大変だな、と思ったわけです(まったく見当外れな指摘だと自分でも思いますが)。

一方、エンタメではなく仕事においては、やはりパターン化させておいたほうが有利です。

『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』に「パターン化」について次のような指摘がありました。

時間の使い方がうまい人は、実は生活がパターン化しています。毎日必ずやることが決まっているほうが、持ち時間を把握しやすいからです。(p.34)

ということで、以下のような一連を明確にパターン化することをすすめています。

  • 朝は何時に起きるのか
  • 何時に出社するのか
  • 何時に帰るのか
  • 出社したら最初に取りかかること
  • 仕事内容に応じた午前と午後の使い分け
  • 企画書作成時の段取り

パターン化やルール化によって行動をシンプルにしたほうが、突発的なことにも対応できます。生活リズムを整えることが、結果的に大きな効率化になるのです。

これらをパターン化せずにすべて気分に任せていたら、毎日がランダムな進行になり、仕事のスピードを上げるのは難しいでしょう。先が読めないということでエキサイティング度は増すかもしれませんが…

パターン化することで見えてくること

また、同書には以下のようなくだりがあり、「まさに!」と共感したところです。

時間の使い方とは結局のところ、自分の価値観を見直し、どういう生き方をしたいかの「意思表示」でもあるのです。時間術とはライフハックではなく「意思」なのです。自分がどういう人間で、何を大切にしているのか、この先、どういう人生を送りたいのかという自分なりの意思と密接に関わってきます。

時間を色分けしたときに、自分がどう生きたいかという願望と、実際の時間割を一致させることです。それが一致していないことが最大の後悔要因なのです。だからこそ、膨大なやるべきことを抱える四〇代は、自分の働き方や生き方に合わせて時間配分を大きく変えないといけないのです。それ抜きの解決策はありません。(p.26)

引用文中にある「時間割」とはパターンを可視化したものです。つまり、「仕事や生活をパターン化する」とは「時間割を組む」と同義と言えます。

「自分がどう生きたいか」という願望を実現するための行動をパターン化し、時間割に落とし込むわけです。

↓時間割については以下の記事でも書いています。

» 自分で決めたことを毎日続ける原動力は●●

会社でも自宅でも時間は同じように流れているわけですから、自分にとって心地よいリズムになるような色分けをすることで、ムリなくムラなく時間が使えるようになるのではないか、ということでパターン化に目覚めたのです。

具体的には、以下のように週単位で時間割をつくり、これをキープします。

67887-w600


※冒頭の円グラフは最近試し始めた「Life Cycle」というアプリによるものです。意外と正確に「移動」を捕捉・記録してくれるので驚いています。年額1,000円で詳細な分析情報が閲覧できるようなのですが、もう少し記録を蓄積したうえで検討するつもりです。

» Life Cycle – Track Your Time Automatically


参考文献:

» 40代を後悔しない50のリスト【時間編】[Kindle版]


関連記事

» 毎日を可能な限りパターン化しないと、身がもたない
» 習慣を続けるコツは一日を複数のブロックに分けて徹底的にパターン化すること
» 「仕組み化」が大事なのは分かる。必要なのはその方法
» 自分で決めたことを毎日続ける原動力は●●



▼「タスクシュート時間術」の新着エントリー

» 「タスクシュート時間術」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

10月07日(土) タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

タスクカフェ
今回のテーマは、

タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

です。

タスクシュート方式のタスク管理の基本について、何回かに分けて解説していきます。

第2回目のテーマは「使途不明時間こそ記録に残す、その理由」です。

家計簿をつけることで、お金の出入りに注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果としてお金が失われにくく、そして増えやすくなります。

同様に、使った時間の記録をつけることで、時間の使途に注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果として豊かな時間が過ごせるようになります。

紙幣や硬貨といった形で目に見えるお金に比べると、時間は形を持っていないために、記録のハードルはより高いと言えます。

いまこの瞬間も時間は過ぎていくことを考えると、なおさらでしょう。

勢い、中身のある記録だけを残したい、中身のない記録は無かったことにしたい、という衝動に駆られるかもしれません。

でも、むしろ一見すると中身のない記録のように思える「使途不明時間」の記録こそ、真に残す価値のある記録なのです。

なぜか?

↓続きはこちらからどうぞ。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る