up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > どんなに詳しく記録に残しても、時間とともにその“魂”は抜け落ちていく






大橋悦夫「二重生活」という2016年公開の日本映画を観ました。テーマは「尾行」。この「尾行」によって作られた、いわば観察記録が、尾行対象者本人がつけた記録と一致しないことがあるという、考えてみると当たり前の真理が提示されるのですが、僕自身はこの真理に触れて思うところがありました。

↓「二重生活」はAmazonビデオで観られます(現時点でプライム対象なので、Amazonプライム会員であれば追加料金なしで観られます)。

» 二重生活


Ads

外からも見える行動、内からしか見えない感情

先にも書いたとおり、この作品は主人公(大学院生の女性)が出版社の編集長(妻子持ちの男性)をひたすら尾行し続け、その観察記録を残すという、かなりグレーな内容です。

最初はおっかなびっくりだった主人公も尾行を続けるうちに、好奇心のおもむくままに大胆になっていきます。

とはいえ、作中の大半の出来事は、主人公の視点からしか描かれないために、特に尾行対象の男性の行動がいかなる動機や感情に基づいているのかは、外から見える行動から推測するほかありません。

当然、見た目と真相は一致しないこともあるでしょう。実際のところ、この不一致が映画の後半でクローズアップされることになります。

つまり、

  • 尾行によって尾行対象以外が観察を通して残した記録(見た目)
  • 尾行対象が自身で残した記録(真相)

という、少なくとも2つの側面がそこにはあるわけです。

さらに、尾行による観察記録であっても、それが尾行対象自身が気づかずにとっている行動が残る場合もありますし、観察不能かつ尾行対象本人にも記録不能な行動もあるでしょう。

整理すると以下のようになります。これは「ジョハリの窓」と呼ばれるモデルです。



尾行で明らかになるのは、【開かれた「私」】【気づかない「私」】のセル、すなわち上半分です。ここが「見た目」です。



一方、自らの記録で明らかになるのは、【開かれた「私」】【秘められた「私」】のセル、すなわち左半分です。



日々の記録が後から役に立つのは、多くの場合【秘められた「私」】についての記録です。

「私はこの仕事をいったいどのように終わらせたのか?」という問いに答えてくれるのは、今の自分を除いては過去の自分しかいないからです。

ここが「真相」です。

↓日々の記録には、この「真相」を未来の自分に託さんとする目的があるわけです。

» 仕事を1つ終えるたびに、その所感をいちいち書き残しておくことの効用

真の真相は誰にも分からない

でも、もう1つ、右下にある【閉ざされた「私」】が気になりますね。



この部分は書かれているとおり「誰からも知られることがない」神秘の領域です。神のみぞ知る、神の視点といえるかもしれません。

実に神性を感じます。

記録を読み返すと、そこに書かれていないことまで思い出されることがあります。

が、あまりにも昔の記録だったり、そもそも印象の薄い体験についての記録の場合、それを読み返してもピンと来ないこともあります。

「記録を読み返す」というトリガーをもってしても、記憶が蘇らない段階であり、ここに至るともはやその記録はすっかり“本人性”を失い、尾行による観察記録のような様相を呈してきます。

言ってみれば、記録に宿っていた“魂”が抜け落ち、「本当にこれは自分がやったことなのだろうか?」という確信が持てなくなる状態です。

「記録だけが知っている」という意味で【気づかない「私」】に変異してしまうのです。

すると、自分のとった行動のはずなのに、その真相は記録から推測するしか知る術がなくなります。

このことが何を意味するのか?

僕の仮説は、【閉ざされた「私」】が“脚本”を握っており、“物語”の進行に欠かせないものが記憶に残りやすくなり、逆に進行の妨げとなるものは記憶から失われやすくなる、という取捨選択を本人の気づかないところで行っているのではないか、というものです。

神性を感じるゆえんです。

そうなると、記録に残せるものは、その「知られざる私」による取捨選択操作の“痕跡”でしかないということになります。

この部分は「二重生活」のラストのセリフにもつながってきて興味深かったです。

» 二重生活




▼「記録の取り方と活かし方」の新着エントリー

» 「記録の取り方と活かし方」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る