up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > Evernoteレビュー:「通史」では見えてこなかったことが「テーマ史」では見えてくる






大橋悦夫かつて大学受験に向けてガリガリと勉強に打ち込んでいた時代、日本史の暗記学習に没頭していました。これは世界史にも共通しますが、「通史」と「テーマ史」という2つの切り口でとらえることが推奨されていました。つまり、時間軸とテーマ軸です。この2つの軸でふりかえるという考え方はEvernoteのレビューにおいても有効です。

以下の記事でも書いた通り、毎日、前日に作成したEvernoteのノートを読み返すことを習慣としています。これは「時間軸」でのレビューということになります。

» 毎日のEvernoteレビューでやっていることの一部を詳しく書いてみる

毎日前日のレビュー(ふり返り)を続けています。具体的には、前日にEvernoteに作成したノートをすべて読み返しつつ、必要なタグを付けたり、適切なノートブックに移動させたり、関連して思いついたことを改めてノートに起こしたり、タスクとしてタスクリストに追加したり。ひと言でいえば前日の自分からの引き継ぎです。


また、これに合わせて「1年前の今日」のレビューも行っています。

» 「1年前の今日のこの時間は何をしていたのか?」を知ると、次の一歩が見えてくる

「1年前の今日のこの時間は何をしていたのか?」

この問いをもって1年前の今日の記録を読み返してみると、今日何をすべきか、あるいは何をすべきでないかがのヒントが得られます。

そこには、「今日やって良かったこと」か「今日やるべきでなかったこと」のいずれかが書かれているからです。


» Evernoteで「1年前の今日」を素早くふり返るための手順

毎日、「1年前の今日」をふり返るようにしています。ふり返る対象は「1年前にEvernoteに作成したノート」です。ノートを見返すことで、さまざまなメリットが得られますが、問題は「1年前の今日」のノートへのアクセスがあまりよくないこと。そこで、毎日無理なく続けられるように工夫していることをご紹介します。


» Evernoteのふり返りの中で行っていること

Evernoteのふり返りについて、具体的に何をやっているかについて書きます。

単に「見る」だけでもいいのですが、それだけですと何も後に残らないので、見た跡を残すようにしています。

具体的には以下の3つです。

  • 何か思いついたことをメモする
  • 適切なノートブックに移動する
  • 適切なタグをつける


Ads

「時間軸」レビューを受けて「テーマ軸」レビュー

「前日」のレビューと「1年前の今日」のレビューを受ける形で次に行うのが「テーマ軸」レビューです。

具体的には、任意のタグのついたノートを集中的に読み返すのです。タグ付けは「時間軸」レビューの中で行っていますが、タグを付ける際に「あぁ、このタグについては後で改めてふり返りたいな」という気持ちがわき起こりますので、別途メモしておき、どのタグをふり返るかを決めておくようにします。

「テーマ軸」レビューでは、タグを頼りに、かなり古いノートにも再会することができるため、発酵効果を実感することが多いです。

時間をおいてノートに再会することで、そのノートを作ったときの自分と現在の自分とのギャップにより、作ったときとは違った印象を受けることがあるのです。そこが発火点となって新しいアイデアが生まれることが少なくありません。

ちょうど、刑事コロンボが同じ人物に時間をおいて何回も聞き込み調査をすることで、新たな事実を引き出していくかのように、です。

このあたりについては以下の記事で書いています。

» Evernoteに蓄積した記録から「良いアイデア」を見つけ出すための仕組み

日々、Evernoteにアイデアの素を蓄積していますが、多くは即座には活用されることはありません。活用されるチャンスは大きく分けて2種類。1つキーワード検索によって「思わぬ結果」として日の目を見るとき。もう1つは予め活用シーンを想定したタグからたぐり寄せるとき、です。今回は後者について書いてみます。


ここで設定したタグが成長を遂げて「プロジェクト」になることもあります。

» Evernoteでプロジェクトの発生・進捗・完遂までを一元管理する効用

日々のタスク実行管理はタスクシュート(TaskChuteやたすくま)で、取りかかる順番に並べて上から実行していくのがベストだと考えていますが、2日以上にわたるタスクは別の管理システム、いわゆる「プロジェクト管理ツール」が必要になります。いろいろ試した結果、結局はEvernoteで管理するのがベストだというのが結論です。


以上、Evernoteのレビューは「時間軸」 → 「テーマ軸」がおすすめ、という話でした。



▼「Evernoteの育て方」の新着エントリー

» 「Evernoteの育て方」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

09月02日(土) タスクシュート入門I:直列タスクリストの作り方(満員御礼

タスクカフェ
今回のテーマは、

タスクシュート入門I:直列タスクリストの作り方

です。

タスクシュート方式のタスク管理の基本について、何回かに分けて解説していきます。

第1回目のテーマは「直列タスクリストの作り方」です。「直列タスクリスト」とは、その日に予定しているタスクすべてを取りかかる順番に並び替えたリストです。

先日、以下のようなツイートをしましたが、まさに「直列タスクリスト」について書いたものです。


言ってしまえば「取りかかる順番に並び替える」だけなのですが、ツイートにも書いてあるとおり、時間と手間がかかります。「どうせ割り込み作業が入るし、予定はどんどん変わるのだから、わざわざこんなリストを作る意味はないのでは?」と思われるかもしれません。

また、「タスクリストに載せるタスクの単位(大きさ)はどれぐらいが適切なのか?」という疑問もあるでしょう。

ではどうすればいいか?

↓続きはこちらからどうぞ。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る