up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > Evernoteで「1年前の今日」を素早くふり返るための手順






大橋悦夫毎日、「1年前の今日」をふり返るようにしています。ふり返る対象は「1年前にEvernoteに作成したノート」です。ノートを見返すことで、さまざまなメリットが得られますが、問題は「1年前の今日」のノートへのアクセスがあまりよくないこと。そこで、毎日無理なく続けられるように工夫していることをご紹介します。

「1年前の今日」をふり返ることで得られるさまざまなメリットについては以下の記事で詳しく書いていますので、今回は手順について。

» 「1年前の今日のこの時間は何をしていたのか?」を知ると、次の一歩が見えてくる

「1年前の今日のこの時間は何をしていたのか?」

この問いをもって1年前の今日の記録を読み返してみると、今日何をすべきか、あるいは何をすべきでないかがのヒントが得られます。

そこには、「今日やって良かったこと」か「今日やるべきでなかったこと」のいずれかが書かれているからです。

記録というのは、自分の中で一定のしきい値を超えたときに行われることが多いと感じています。言い換えれば、感情の振れ幅があるポイントを超えると、それが記録のトリガーになるのではないか、ということです。

Ads

Evernoteで「1年前の今日」を素早くふり返るための手順(準備編)

まず、準備編です。

「区切りノート」を自動作成する

iftttで以下のようなレシピを作っておきます。

▼毎朝4:00にEvernoteに「区切りノート」を作成する、というレシピです。



Evernoteに「保存した検索条件」を作成する

作成した「区切りノート」を呼び出すための「保存した検索条件」を作成します。
検索条件は、「区切りノート」を示す「delimiter」タグつきの「370日前以降」に作成されたノート。

▼「365日前」としないのは、余裕を持たせるためです。



ショートカットに追加する

作成した「保存した検索条件」をショートカットに追加します。
位置は上から1~9番目までのどこかにしておくと、Ctrl+数字キーの組み合わせで呼び出せるので便利です。

▼6番目に追加した場合は、Ctrl+6キーで呼び出せます。



以上で、準備完了です。

Evernoteで「1年前の今日」を素早くふり返るための手順(実践編)

続いて、実践編です。ここからが毎日くり返す部分になります。

Ctrl+6キーを押す

先ほど作成した、「区切りノート」を呼び出すための「保存した検索条件」を呼び出します。

▼全部で371個のノートが抽出されますが、目的の「1年前の今日」は一番下にあります。



Endキーを押す

「1年前の今日」のノートに移動するために、Endキーを押して検索結果の一番下(=一番古いノート)に移動します。

▼一番下は「370日前」のノートなので注意です。



「1年前の今日」の区切りノートを選択する

一番下は「370日前」なので、「365日前」すなわち「1年前の今日」の区切りノートを選択します。

▼これで、「1年前の今日」の最初ノート(4:00に作成されたノート)に移動できています。



検索をクリアする

最後に、検索をクリアします。

▼「1年前の今日」の区切りノートが選択された状態で「すべてのノート」が表示されます。



これで、選択した位置から順に上(=未来)に向かって1つずつノートを見返していき、次の日の「区切りノート」が来たら「1年前の今日」のふり返り完了です。

問題点

この方法は便利なのですが、致命的な問題点があります。区切りノートが365個溜まるまで、「1年前の今日」にジャンプできないことです。

何らかの方法で区切りノートを1年分一気に作成するか、1年間待つ必要があります。本当にすみません。

ちなみに

この「区切り」の考え方は、以下の記事でご紹介しているものと同じ考え方に拠っています。

» Pocketに「日付区切り」を挿入しておくと、消化や整理が捗る

何でも細かく区切るのが好きな大橋です。

どんなに大きく手ごわいものでも、細かく区切ると、途端に攻略しやすくなることが多いからです。

一枚もののステーキよりもサイコロステーキの方が食べやすいのと同じです。

手ごわさの中には「区切る手間」が含まれているのです。

であれば、「区切る」パートだけは先に片づけてしまえばいいわけです。

たとえば、溜め込んでしまいがちなPocket。


今日一日の区切りで生きるために

そもそも僕が「区切り」にこだわるようになったのは、『道は開ける』の影響が大きいです。

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の区切りで生きよう。

あなた自身で、次の5つの問いに答えてみていただきたい。

  1. 私は、未来に不安を感じたり、「水平線のかなたにある魔法のバラ園」に憧れたりして、ともすると現在の生活から逃避していないだろうか?
  2. 私は、過去の出来事──すでに決着のついたことがら──を後悔するあまり、現在をも傷つけていないだろうか?
  3. 朝起きる時に「今日をつかまえよう」──この24時間を最大限に活用しよう──と心に誓っているだろうか?
  4. 「今日一日の区切りで生きる」ことによって、人生をもっと豊かにできるだろうか?
  5. 以上のことをいつから始めるべきか? 来週から?……明日から?……それとも今日からか?

» 道は開ける 新装版[Kindle版]




▼「記録の取り方と活かし方」の新着エントリー

» 「記録の取り方と活かし方」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

09月02日(土) タスクシュート入門I:直列タスクリストの作り方(満員御礼

タスクカフェ
今回のテーマは、

タスクシュート入門I:直列タスクリストの作り方

です。

タスクシュート方式のタスク管理の基本について、何回かに分けて解説していきます。

第1回目のテーマは「直列タスクリストの作り方」です。「直列タスクリスト」とは、その日に予定しているタスクすべてを取りかかる順番に並び替えたリストです。

先日、以下のようなツイートをしましたが、まさに「直列タスクリスト」について書いたものです。


言ってしまえば「取りかかる順番に並び替える」だけなのですが、ツイートにも書いてあるとおり、時間と手間がかかります。「どうせ割り込み作業が入るし、予定はどんどん変わるのだから、わざわざこんなリストを作る意味はないのでは?」と思われるかもしれません。

また、「タスクリストに載せるタスクの単位(大きさ)はどれぐらいが適切なのか?」という疑問もあるでしょう。

ではどうすればいいか?

↓続きはこちらからどうぞ。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る