up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > ウェブの記事をクリップするときに付けるコメントで「>」をよく使っている理由




大橋悦夫自分でやっていることにも関わらず、いつの間にか定着し、もはやそれが当たり前になっている習慣というものがあります。ウェブの記事を読んでいて「あ、これは何かに使えそう」と思ったとき、Evernoteにクリップするのですが、その際に「>」記号をよく使っているのですが、これもそんな習慣の1つです。

たとえば、「Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること」という記事をクリップするとき、以下のように記事タイトルの頭にクリップ時の心境や意図を付加します。

  • やってみる>Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること


▼クリップ時


▼クリップ後


Ads

「>」を使っている理由

「>」を使っている理由は以下の3つです。

  • 「>」の左側にくる言葉が大きい、すなわち重要であることを明示する
  • 「>」の右側を指し示すインディケーター(方向指示器)になる
  • 「>」は拡声器のように、右側から左側に向けて何かが発せられているイメージを喚起する


「>」の左側にくる言葉が大きい、すなわち重要であることを明示する

「>」という記号は「>」の左側にくる言葉が大きい、すなわち重要であることを明示するものです。あとからこのクリップを目にしたときに、おのずと「>」の左側の言葉に注意を向けさせる効用が期待できます。

  • やってみる>Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること

以下のように「>」の代わりに「:」や「|」でもいいのですが、「>」に比べると埋もれやすいと感じます。

  • やってみる:Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること
  • やってみる|Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること


「>」の右側を指し示すインディケーター(方向指示器)になる

また、「>」の右側を指し示すインディケーター(方向指示器)にもなります。

「やってみる」の対象として「Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること」という記事タイトルに矢印が向いていることを示します。

これは、以下のように「→」のイメージに近いですが、「>」のほうが矢印のサイズが大きいので目立つ(注意を引く)うえに、キーボードからワンストローク(Shift+.)で入力できるという利点があります(「→」は「やじるし」とか「みぎ」という読みを入力して変換するなり単語登録するなり、漢字変換を経由する必要があるぶん、入力負荷が相対的に高くなります)。

  • やってみる>Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること
  • やってみる→Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること


ちなみにiPhoneの場合は、数字モードで6を右にスワイプすると入力できます(全角にしたければ候補から全角の「>」をタップ)。



僕自身は、「かはや」という読みで単語登録しています。なぜ「かはや」なのかは実際にタップしていただくと分かるはずです。



「>」は拡声器のように、右側から左側に向けて何かが発せられているイメージを喚起する

さらに、「>」は、ワニが口を開けているように見え、拡声器のイメージを喚起します。右側から左側に向けて何かが発せられているシンボルです。



従って、「>」の右側は左側の「発生源」「先祖」「原因(cause)」という関係性を示すことになります。

言い換えれば、左側は右側の「現象」「子孫」「結果(result)」です。

  • やってみる>Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること

「やってみる」は自分の言葉(=重要)であり、「Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること」はその言葉を引き出した「発生源」を示すことになります。

まとめ

  • やってみる→Evernoteに日々の感情の記録を残すことで得られること

でもいいのですが、単一方向(一方通行)なイメージが強いのに対して、「>」は左から右への意味にも、右から左への意味にもとらえられる、双方向なイメージである点が記号として優れていると感じます。

ところで、「>」は古代シュメール語の「くさび形文字」を連想させます。まさに記憶にくさびを打ち込んで定着を図ってくれるのです。

» 楔形文字入門 (講談社学術文庫)




▼「ちょっとした工夫」の新着エントリー

» 「ちょっとした工夫」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

08月05日(土) たすくま「超」入門講座・2017年版

タスクカフェ
今回のテーマは、

たすくま「超」入門講座・2017年版

です。

タスクシュートのiPhone版「たすくま」について2017年現在最新の活用法を入門レベルから実践レベルまで詳しく解説します。


タスクカフェでは、これまでにも「たすくま」をテーマに開催したことがありますが、「たすくま」のリリース(2014年7月15日)から3年がたち、「つい最近使い始めたばかり」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで、改めて「タスクシュートの基本的な考え方」をお伝えしたうえで、「たすくま」を無理なくスタートさせるための最低限の設定と操作知識を解説します。

また、すでにお使いいただいている方むけには、新たに追加された機能・手間の少ない操作方法・意外と知られていないちょっとした工夫、などなど時間の許す限りご紹介いたします。

「たすくま」の導入を検討されている方はもちろん、「たすくま」の真価を引き出しきれていないのではないかとお考えの方も、ぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る