up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 情報を例外なくEvernoteに貯めているなら、その記録を「活かせる」はず






佐々木正悟 Evernoteのサービスが日本で開始して、もう10年以上になります。それだけの年月、メモ、ノート、ウェブクリップ、ファイルなどを蓄積してきたわけですから、「もっと記録を活用できないか?」と考える人が多くなるのもうなずけます。

私もタスクカフェなどでこの「記録を活かせていない」というご質問を頻繁にいただくので、「なんとかする方法」をいつも考えるわけですが、その一方で私や大橋悦夫さんが、「こうしたら?」「ああしたら?」と提案している内容を改めて考えてみるに、活用できる・できないを分けてしまうのは「活用できるはずだ!」という思い込みに対して「できるわけがない」という思い込みなのではないかという気がしてきています。

つまり私や大橋さんはEvernoteに使えるノートの数が相当数埋まっているはずだと思い込んでいるのに対して、そうは少しも思ってない人にとってそんなふうにはならない。そもそもEvernoteに使えるノートがあると思ってないならば、そこを探すわけがない、ということなのです。

Ads

「例外なくEvernoteへ」とはどういうことか?

先日、自分の「書類整理システム」に改めて「契約書」を突っ込んでいるときに思ったことです。もしこれを妻が見たら「そんなところにそんな大事なものを入れないで」と言うことでしょう。

つまり私たちは、「信頼できるところ」に「大事なもの」を入れるものだと自然と思い込んでいるわけですが、「信頼できる」かどうかもまた思い込みなのです。私はEvernote以上に信頼できるところなど思いつかないから、大事なものは全てEvernoteにあると思うことができますが、信頼できないと思えば、大事なものをそんなところには入れないので、そのまま信頼できない状態が続きます。

したがって、「Evernoteにはたくさんの情報があるんだから、これをもっと活かせるはず」と考えるのはなにかがずれているとも言えるのです。そうではなく、Evernoteを活用するために(または使いこなすために)、なにより必須で不可欠のこととはEvernoteが「信頼できるツールであるから」大事なものをぜんぶそこへ入れることなのです。そうでないなら、これを「使いこなす」ということはどうやって不可能なのです。

「大事なもの」とは多くの場合「例外的なもの」です。「例外なくEvernoteへ」とは、「大事なものはぜんぶEvernoteへ」と言い換えていいのです。しかし私たちは、特にモノの整理において「大事なもの」ほど「大事でないもの」と分けねばならないという一種の信念にとらわれているため、「例外なく何でも情報を保存するEvernote」には、「大事なものだけは別のところへ!」となりがちなのです。

すると、Evernoteには大量のジャンク情報ばかりが集まるということになりがちです。そんなものを「活用できる」はずがありません。どんなタグの付け方をしようと、どんなノートブック名にしようと、どれほど検索システムが優れていようと、どれほど操作性に優れていようと、いっさい関係ありません。ジャンク情報しかないところをどう探しても、大事な情報が出てくるわけがないからです。

» マンガでわかる! 情報整理術〈超入門〉 impress QuickBooks[Kindle版]


» 思考の整理学 (ちくま文庫)[Kindle版]


▼編集後記:
佐々木正悟



今週末に開催する、jMatsuzakiさんとのセミナー。参加者がちょうど半数程度になりました。

最近になって、タスクシュートに関する価値観の衝突というのはそれほど大事なことではなくて、むしろ自分の価値観と現実がきちんとタスクリストに反映されているかどうかが重要だと思うようになりました。

現実が物足りないならタスクリストは余裕が大きく、そうでないならタスクリストが破綻しかけているでしょう。もしタスクリストに余裕があるのに現実があまりにキツいなら、タスクリストを書き換える必要があるはずです。

jMatsuzaki Store / 2017年8月26日 夢を叶えるタスク管理マニア




▼「記録の取り方と活かし方」の新着エントリー

» 「記録の取り方と活かし方」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る