up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > メモすることに馴染むための「ミニマム・メモ術」






倉下忠憲メモすることの大切さは、よく説かれます。メモ術やノート術の本が人気になることもあります。

それでも、メモする習慣やノートを書く習慣をなかなか身につけられない、という話も聞こえてきます。

実行する人に忍耐がないのでしょうか。それともメモ術やノート術がポンコツなのでしょうか。

おそらくそうではないでしょう。

基本的に、どのような「習慣」であっても、新しく身につけるには苦労が伴います。特に、その行為に即効性がなければより難しくなります。こればかりはどうしようもありません。

とは言え、「どうしようもありません」で終わらせていいものでもないでしょう。

Ads

知識の習得と意義の体感

すでにメモする習慣を身につけている人にとって、メモすることの効果はあまりにも自明です。その価値はありありと実感できます。そういう人たちからメモ道具を取り上げることは、室内の酸素濃度を下げることに近しい心理的影響を与えてしまうことでしょう。

しかし、これからメモ習慣を始めようとしている人にとって、「メモする」ことの価値は実感できません。理性において理解することはできても、その効果を体感することは不可能なのです。この乖離が、ノウハウの提供において問題を生じさせます。当たり前に書いてあることが、初心者にとってはまったく当たり前ではないのです。

人は、意義を感じない行為を積極的に取ろうとは思いません。その「意義」を知識として蓄えていても、体感していなければ、やがては知識の忘却と共に行為も消えていきます。そして、習慣化の道のりも途絶えてしまうのです。

その意味において、さまざまなメモ術・ノート術は一定の役割を担ってくれます。

メモすること、ノートを書くことに直接的な意義を感じなくても、それをすることで「あのメモ術をマスターできる」「あのノート術を使いこなせる」という代替的な意義を作り出してくれるのです。これがきっかけとなりメモをとり続け、やがてはメモの意義を内在させられるようになればしめたものです。

そこからはもう、他者から提供される補助輪は不要となるでしょう。

スタートとゴールの違い

最終的には、一人ひとりが違ったメモ術・ノート術に辿り着くはずです。置かれている環境も、使えるツールも、やりやすい書き方も人によって違うのですから、それを補佐するメモ術・ノート術も違ってきて当然でしょう。

つまり、出発地点と到着地点には違いがあるわけです。

辿り着く場所は、それぞれの人が自分の使いやすいようにカスタマイズしたメモ術でありノート術です。万人に通じるノウハウは存在しないのですから、これは当たり前の結論です。

しかし、はじめから「自分の好きなようにやりましょう」と放置してしまうと、初心者にとってはかなり厳しい道のりになります。なにせその人たちはまだ「メモすること」の意義を体感していないのですから。そこを通り抜けるまでの間は、道標やガイドといったものが必要となります。それが、いわゆるメモ術やノート術にあたるのです。

誰かが提示するメモ術やノート術は、最初の段階ではそれを身につけることがゴールになりますが、実はそれは仮のゴールです。それを目標にして進んでいる間に、いつのまにかメモすることの意義が体感できるようになれば、そこから新しいスタートラインが引かれ、「自分にとっての」メモ術・ノート術の開発が始まります。

その変化は、一種のパラダイム・シフトであり、別の表現を使えば「階層を上がる」ことになるでしょう。

今まで身につけようとしてきたノウハウが、「一つの実際例」となり、その他たくさんのノウハウと共に、「自分のメモ術・ノート術」という項目の下に並ぶことになるのです。

ミニマム・メモ術

ということを踏まえた上で、一つの小さなメモ術を紹介してみましょう。

「一つだけメモツールを選び、そこに何の分類もせず、ただ時系列に思いついたことを書いていく。思いついたものが何も無くても毎日最低一つは何か書き込む。天気について書いてもいいし、愚痴を吐露しても構わない。気になっている銘柄の株価を記録してもいいし、テレビ番組の感想を書くことでもいい。ともかく、そこに何かを書く。それを最低一ヶ月続け、終わったら、書いたメモを最初から読み返す」

以上です。どうでしょうか。簡単そうではないでしょうか。ポイントは、「一つだけメモツールを選ぶ」ことにあります。

手書きのメモ帳でも、デジタルのメモツールでもなんでも構わないのですが、とにかく一つを決めてしまうこと。メモに慣れてきたらツールの分散があっても構わないのですが、スタートの段階では認知的な負荷を減らす意味でも、「とにかくこれにメモする」と決めてしまった方が楽です。

そして一度使い始めたら、少なくとも一ヶ月はそのメモツールを使い続けてください。使いにくい部分が後から発覚しても一ヶ月は我慢しましょう。その間は、たとえば「このメモ帳の、ここが使いにくい」ということをメモしておいてもよいですね。

さいごに

「ミニマム・メモ術」は、言ってしまえば、メモ術のチュートリアルです。

実際に運用していく上では、まだまだ足りない要素がありそうですが、まず「メモを書く行為に馴染む」ことに重点を置いてノウハウを構築してみました。

もしメモ習慣を身につけたいと考えておられるならば、ぜひともこのメモ術を道標としてください。

関連

» 手帳・ノート術の記事まとめ

▼今週の一冊:

タイトル通り、意識がいつ生まれるのか、どのような条件の下に生じるのか、そしてそれはいかにすれば観測可能になるかについて論じられた本です。

意識の不思議さに触れながら、それを取り扱うための「統合情報理論」が展開されています。この統合情報理論がなかなか面白いのです。人の意識を生み出す脳のネットワークの性質は、たぶん他の情報ネットワークの性質とも似通ってくるのではないかと、個人的には思いました。

語り口も柔らかく、読みやすい文章なので、「意識」について興味があるなら手にとる価値のある一冊でしょう。

» 意識はいつ生まれるのか 脳の謎に挑む統合情報理論[Kindle版]


» 意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論


▼編集後記:
倉下忠憲



今「雑誌」を編集しているんですが、なかなか難しく、面白いものがあります。自分の本を作るのとはまったく違うアプローチが必要なので、雑誌を作る前に、雑誌を作るためのアプローチを作っている、というところでしょうか。9月〜10月あたりには発表できると良いのですが。


▼倉下忠憲:
新しい時代に向けて「知的生産」を見つめ直す。R-style主宰。


» ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由




▼関連エントリー

▼「R25世代の知的生産」の新着エントリー

» 「R25世代の知的生産」の記事一覧

▼「考える技術と書く技術」の新着エントリー

» 「考える技術と書く技術」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

08月05日(土) たすくま「超」入門講座・2017年版

タスクカフェ
今回のテーマは、

たすくま「超」入門講座・2017年版

です。

タスクシュートのiPhone版「たすくま」について2017年現在最新の活用法を入門レベルから実践レベルまで詳しく解説します。


タスクカフェでは、これまでにも「たすくま」をテーマに開催したことがありますが、「たすくま」のリリース(2014年7月15日)から3年がたち、「つい最近使い始めたばかり」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで、改めて「タスクシュートの基本的な考え方」をお伝えしたうえで、「たすくま」を無理なくスタートさせるための最低限の設定と操作知識を解説します。

また、すでにお使いいただいている方むけには、新たに追加された機能・手間の少ない操作方法・意外と知られていないちょっとした工夫、などなど時間の許す限りご紹介いたします。

「たすくま」の導入を検討されている方はもちろん、「たすくま」の真価を引き出しきれていないのではないかとお考えの方も、ぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る