up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 好きなことをして食べていくための10のルール【前編】




フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 小林弘人(監修・解説)

日本放送出版協会 2009-11-21
売り上げランキング : 4

おすすめ平均 star
starテクノロジーに先導される“今”が、よく分かる

Amazonで詳しく見る by G-Tools

好きなことをして、生きていくのは難しい」とはよく言われることです。インターネット時代がやってきて、「ついに好きなことをして生きていける時代が来た!」と思わせる雰囲気が生じたものの、「やはりそううまくいかなかった」と感じている人も多そうです。ことに、それなりの数の購読者のついているブロガーさんなどは、そう感じているかもしれません。

そういう人が必ず読むべき本が出ています。『FREE』です。インターネットを使って生きていこうと単純に考えたとき、一番問題になるのが、お金を得にくいこと。アフィリエイトという手段がありますが、生活するに十分な対価を得ようとすると、アルバイトをした方がまだ楽だということになりがちです。

「優良ブロガー」をはじめとし、本にしても売れそうなものを書いていながら、月に千円も得られずにいる人が多いのは、発想が古いからです。と、著者は言います。しかしそれは無理からぬことです。なぜなら、何らかの対価を得る方法について、「これまであった方法」に私たちの頭があまりに慣れている一方、「これからの方法」を教わったり読んだりした経験など、ゼロに等しいからです。

Ads

『FREE』の著者は、丁寧に「オンラインで生計を立てる方法」をまとめてくれています。私たちが簡単に陥りがちな誤解についても、丁寧に反論しています。以下で紹介するのは巻末のほんの一端です。これだけでも十分恐ろしげに見える「ルール」ですが、このルールが恐ろしげに見えるのは、慣れないせいです。このルールはむしろ、理不尽を飲み込むしかないと思い知らせる人生から、多くの人を解放してくれる新しい可能性なのです。

 

●無料のルール

1.デジタルのものは、遅かれ早かれ無料になる

説明不要でしょう。ただ、本書ではこれにどれほど抵抗してもムダだということが、大量の事例を挙げて強調されています。今後その事例はどんどん増えるはずです。

2.アトムも無料になりたがるが、力強い足取りではない

こちらはむしろ大事です。アトムとは要するに物理的な経済の話であり、この場合には「インターネットの外」という程度の意味ですが、そもそも「無料に向かう」のは、「消費者が無料に極端に惹きつけられる」からです。ここにはとても心理的な要素が働いています。以上の2つから、当然次のルールへと至ります。

3.フリーは止まらない

法律や不正コピー防止コードや「恐ろしい警告」などによって「フリーになるのをとどめよう」と努力しても、「それを打ち破るものが必ず出てくる」ということです。つまり「オンラインで生計を立てよう」「好きなことをして食べていこう」と考える人が、決してやってはいけないこととは、「不正コピー防止のための努力」なのです。

けれども多くの人が実際、このために多大の努力を払っています。何らかの「デジタル有料ツール」を作り上げ、「不正コピー防止措置」を施し、「無料で出回ったりしなければ稼げるはず」と期待するのです。この努力がむなしいのなら、何をすれば生計を立てられるのでしょう?

4.フリーからもお金儲けはできる

「無料だからと言って誰からもお金を取れないわけではない」。著者のこの指摘はとても大事です。同じようなもの、ほぼ同じ価値のものが「無料」だとして、それでもお金を払うものとは、どんなものでしょうか? あるいは、どんな人がそれにお金を払うというのでしょうか? 著者は、次のような人々のことを例に挙げます。これらの特定の条件が満たされていれば、有料をいとわない人たちによって、大量の無料ユーザーを支えることになるというのが、新しいビジネスモデルだと指摘しているわけです。

・時間を節約したい人
・リスクを避けたい人
・自分の好きなものだからお金を払うという人
・ステイタスにお金を払う人

なお、本書では「フリーを利用した50のビジネスモデル」が紹介されていますが、そうしたビジネスモデルがTwitterの#freemiumjpで収集されています。ちょっとのぞいてみても面白いでしょう。
http://twitter.com/#search?q=%23freemiumjp

また、本書自体もそうしたビジネスモデルを一部体現しています。1万人限定ですが、「<フリー版>ウェブ書籍『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』の無料閲覧キャンペーン」が行われていました。
http://www.freemium.jp/

5.市場を再評価する

こちらについては、本書をお読みください。たとえば、携帯電話は無料で配り、通信費で利益を得るといった方法について考察することを言っています。

6.ゼロにする

どうせゼロになるものであれば、できるだけ早く無料にしてしまおう、という考え方です。そうすればそのことによって注目を集めることができます。注目されれば、ゼロにしたものの周辺から、利益を得ることができるということです。

7.遅かれ早かれフリーと競いあうことになる

たとえば私は書籍原稿を書くことでその稿料をいただいています。しかし、私とまったく同じような内容のことを、ほぼ同じレベルでどんどんブログにアップする方が登場すれば、私はその人とかなり苦しい競争をしなければなりません。

こうなれば私は結局のところ、本に書くような内容をブログにどんどんアップして、書籍原稿以外のところで利益を上げるか、誰もブログには書けないような話を、本に盛り込まねばならなくなるでしょう。

ルールは10ありますが、【前編】ではここまでにします。ここから、少し話が違ってくるからです。【後編】は来週になりますが、それまで待ちきれないという方は、有料の書籍のほうをどうぞ。

 

▼編集後記:
佐々木正悟

第2回 実践!マインドハックセミナーを12月18日(金)に大手町にて開催いたします。

テーマは、「タスクの構造化実践編」です。サブテーマとして「GTD的方法の必要性」 を考えております。 タスクの一元化は、今では不可能! というよりもむしろ、分散しているタスクをどうシームレスに管理するか 。

「すごい人」でも完全に一元化している人は見かけません。そこでこのセミナーで、「巧みに分散させている人たち」の実践している「GTD的な方法」をやってみたいと思います。私としては比較的、ワーク中心のセミナーです。

▼お申込は以下の「こくちーず」のページからお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/783/



▼「「好き」は「仕事」になるか」の新着エントリー

» 「「好き」は「仕事」になるか」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る