up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > Pebble Timeを10日間使ってみての「良いところ」と「気になるところ」






大橋悦夫スマートウォッチ「Pebble Time」を着け始めてから10日たったので、現時点での「良いところ」と「気になるところ」を書いておきます。ひと言でいうと、満足度は5段階中4というところですが、Fitbit Charge2との併用問題が悩ましい…。できればPebble Timeだけにしたいのですが、アプリの面でFitbitが優れているため踏みとどまっています。

  • 良いところ
    • ウォッチフェイスは良い
    • 通知が予想以上に良い
    • 通知設定がきめ細かい
  • 気になるところ
    • 睡眠記録が不正確
    • アプリがいまひとつ
    • アップデートで記録が中断することがある
  • まとめ
Ads

良いところ

ウォッチフェイスは良い

おびただしい数の選択肢があるので目がくらみますが、アナログ時計の良さを改めて実感しています。

今のところ気に入っているのは以下の「initTick」です。



通知が予想以上に良い

不意の通知を限りなくゼロにしているので、非常に快適です。一日をスムーズに過ごすためのペースメーカーになってくれています。



» スマートウォッチ Pebble Time(ペブルタイム)の振動通知を体験してみた

一日のタスクを安定的に実行していくうえで欠かせない、たすくまの通知のみをPebble Timeで表示させるようにしました。

その結果、当然ですが「割り込まれる通知」はいっさい来ません。

「あぁ、もう10分たったのか」とか「もうそんな時間か」という具合に、ある程度の心の準備ができているところに「そろそろご準備をお願いします」といったニュアンスの通知がやってくるので、ストレスになりません。


通知設定がきめ細かい

Pebbleアプリ上でPebble Timeに通知を表示するアプリのオン・オフの切り替えができます。僕自身は、たすくまとタイマーアプリ以外はオフにしています。



また、アプリごとにミュート設定ができます。通知をオンにしているアプリのうち、平日のみ、あるいは週末のみオフにする、といったことができます。

  • Never(常に通知)
  • Always(常にミュート)
  • On weekdays(平日のみミュート)
  • On weekends(週末のみミュート)



気になるところ

睡眠記録が不正確

今まで使ってきているFitbit Charge2の優秀さを改めて実感しています。詳しくは改めて記事にします。

ちなみに以下のキャプチャは「正確に取れた日」です。比較のために常用している睡眠記録アプリ「Sleep Meister」のキャプチャを添えています。



» Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム


アプリがいまひとつ

先ほども書いたとおり、通知設定は驚くほど充実していますが、それ以外はいまひとつというところです。

Pebbleアプリでできることは以下

  • Pebble Health(歩数記録と睡眠記録の閲覧)
  • Watchfaceの新規追加・切り替え
  • Pebbleアプリの追加・削除・並び替え・設定
  • 通知の設定

Fitbit Charge2との比較になってしまいますが、歩数と睡眠記録しか閲覧できないのはやや物足りなさを感じます。




アップデートで記録が中断することがある

Pebble Timeが届いた翌日、さっそく左手首に装着し、意気揚々と最寄り駅に向かって歩き始めます。

すると、さっそくブブブーッと通知。

「おっ、何かな?」と思ってPebble Timeに目をやると、



「なんだこれは?」と思ってiPhoneを取り出してみると、



再びPebble Timeに目を転じると、



iPhoneを見ると「インストール中…」



Pebble Timeも「インストール中…」



初日から手痛い「洗礼」を受け、その間の歩数記録は先例なき停滞。

いきなりPebble Timeが嫌いになりました。

とはいえ、その後は安定しているのでネガティブなイメージは薄れつつありますが…。

まとめ

というわけで、気になるところはありつつも、デジタルなアナログ時計は目にするたびにその美しさにほれぼれし、手首への通知も小気味よく、全体としては満足しております。

次回はFitbit Charge2との併用という側面にスポットライトを当ててみます。

↓2017/02/08 17:17 書きました。

» Pebble Time と Fitbit Charge2 を10日間併用してみた感想、記録アプリ・歩数記録・睡眠記録・バッテリー持ち時間の比較



» Pebble Time スマートウォッチ 腕時計 (ホワイト) [並行輸入品]


» Pebble Time スマートウォッチ 腕時計 (ブラック) [並行輸入品]


» Pebble Time スマートウォッチ 腕時計 (レッド) [並行輸入品]


関連記事

» スマートウォッチ Pebble Time(ペブルタイム)の振動通知を体験してみた



» Fitbit Charge2 を2日間使ってみた感想。ChargeHRユーザーは買い換える価値あり!

fitbitcharge2-12



▼「ツール紹介」の新着エントリー

» 「ツール紹介」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る