up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > カギや財布の紛失対策、スマホから探せるWistikiとMAMORIO、離れたらスマホに通知も






大橋悦夫カギや財布をなくしたときに、スマホから探せるデバイスがあります。なくす前に、手元から離れたタイミングでスマホに通知させることもできます。Wistiki(ウィスティキ)とMAMORIO(マモリオ)の2種類を実際に使っていますので、ご紹介します。

▼Wistiki(ウィスティキ)



▼MAMORIO(マモリオ)



いずれもデバイスとスマホとは無線(Bluetooth)で接続し、デバイスから一定距離を離れると、スマホに通知される機能があります。

カギを持たずに出かけようとしたときに、家を離れたタイミングで教えてもらえるわけです。

家のカギ以外にも以下のようなシチュエーションで役に立ちます。

  • 自転車に取り付けることで、自転車置き場で自分の愛車を見つけることができる
  • ペットに取り付けることで、行方不明にならない
  • 財布に入れておくことで、落としたら気づける
Ads

Wistiki(ウィスティキ)はデバイスから音を出すこともできる

Wistikiは、デバイス側のボタンを押すことで、スマホから音を出すことができます。「カギは手元にあるけど、スマホが見当たらない」というときに便利です。

つまり、以下の双方向でお互いを探し出せるわけです。

  • スマホからデバイスを見つける(スマホに通知&画面上で位置を確認)
  • デバイスからスマホを見つける(デバイス側のボタンを押すとスマホから音を出せる)

専用のアプリ上でWistikiと最後にBluetooth接続をした位置を確認できる



「音」で探せる

アプリの操作でWistikiに音を出させることができます。

例えば、出かける間際にカギが見当たらないようなときに、Wistikiに音を出させれば見つけやすくなるでしょう。

▼家の中でWistiki(のついたカギ)が見当たらないときはアプリの操作でWistikiに音を出させることができる。



▼逆に、スマホが見当たらないときは、Wistikiのボタンを長押しすることで、スマホに音を出させることもできる。



どちらも見当たらない場合は、スマホに電話をかけてみるしかないですね…。

なお、けっこう大きな音が出るので、電車の中で鳴ったら注目を集めるレベルです。

電子リード機能

Wistikiとスマホの間のBluetooth通信が途切れると、スマホにメッセージが表示されます。

逆にWistikiが近づくと通知させることもできます。例えば、空港の手荷物受け取りの際に、自分の荷物が出てきたら知らせてもらうなどの用途が考えられます(まだ試していません)。

その他スペック

1つのスマホに最大10個のWistikiを登録できます。カギのほか、自転車やクルマ、スーツケースなどにつけるといいでしょう。

内蔵電池は最長で3年間もつそうです。電池交換はできないとのこと。

↓Wistikiについては、以下の記事でもご紹介しています。

» こういうアイデア商品、今まで本当になかったの? 意外! と思ってさっそく手配した

» Wistiki(ウィスティキ) 探しモノ発見 スマートアクセサリー voila!(ヴォワラ) レモン WSTK16VY


MAMORIO(マモリオ)は音は出せないがコンパクト

Wistikiとよく似たデバイスにMAMORIOがあります。

一番の違いはデバイスから音が出せるか否か。MAMORIOは音が出せない代わりに、非常にコンパクトです。



↓価格も“コンパクト”です(いずれも記事執筆時点)。

▼MAMORIO(3,780円)


▼Wistiki(6,450円)


▼大きさ比較


専用のアプリ上でMAMORIOと最後にBluetooth接続をした位置を確認できる



電子リード機能

Wistikiと同様に、スマホの間のBluetooth通信が途切れると、スマホにメッセージが表示されます。近づいたときに通知させることもできます。




▼設定で調整ができますが、ある程度の試行錯誤が必要です。




▼調整がうまくいかないと、手元にあっても繰り返し通知されてしまいます…



その他スペック

1つのスマホに最大19個のMAMORIOを登録できます。

内蔵電池の寿命は最長で1年間。電池交換はできず、電池が切れた場合は同封されているチケットで新品を無料で入手できるそうです(記事執筆時点)。

財布に入れるのもあり

Wistikiは存在感があるので、カギにつけておくとキーホルダー代わりになります。家の中でも見当たらなくなることがありうるので、音で探せる点も便利です。



一方、MAMORIOは、コンパクトなので財布に入れておくことにしました。



とにかく小さいので、いろいろと使い道がありそうです。

» MAMORIO BLUE (マモリオ ブルー) 世界最小級の落し物防止タグ 重量3g




▼「ツール紹介」の新着エントリー

» 「ツール紹介」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

06月10日(土) 新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ
今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る