Obsidianとテキストファイルで情報の呼び出しが変わる


倉下忠憲Obsidianは、パソコン内に.mdファイルを作って情報を保存します。

その.mdファイルは、中身は普通のテキストファイルです。データベースではなく、ごく普通のテキストエディタから開けるファイルです。

たとえば、それはどのような違いを生み出すでしょうか。

答えは、Summonです。

情報のSummonに違いが生まれます。

たとえばSpotlight

MacのSpotlightは、設定しておけばアプリケーションだけでなく書類やPDFファイルも検索してくれます。

で、Obsidianが作るのはテキストファイルなのでした。

つまり、それも検索対象になりえます。

ファイル数が多いとさすがに少し待たされるものの、何一つアプリケーションを切り替えることなく、ダイレクトに情報を取り出せます。

テキストファイルという情報単位を作るからこそ、OSの標準的な機能と親和性が高いのです。

でもって、このことは「情報は即座に入れられるだけでなく、即座に取り出せることもまた重要」という別の論点を立ち上げます。

その検討は別の回に譲るとして、まずは、他のアプリケーションの介在なしに保存した情報が取り出せることは、かなり快適である、という点は述べておきます。

たとえば検索

以下は、Obsidianでキーワード検索したときの結果です。

キーワードを含む行が抜粋され、それをクリックすると、該当行にジャンプします。

「show more context」ボタンを押せば、該当行に加えて前後2行の表示もしてくれます。

それをババーっと読んでいくだけで、自分のメモの──内容を含んだ──ブラウジングが可能です。

一方で、Evernoteでキーワード検索すると、以下のような結果になります。

エディタ内で該当する箇所をハイライト表示してくれるものの、それはエディタでノートを開いてみるまでは見えてきません。

一つのノート内に複数のキーワードがあり、それがウィンドウ内に収まらなければスクロールが必要です。

少なくともこれは「一覧」ではありませんし、快適なブラウジングも難しいでしょう。

特定の情報が書かれたノートを、しかも「あれについて書いたはず」という認識があるノートを探す場合なら、Evernoteの検索で良いでしょう。

タイトルさえ見れば、なんとなく目星がつきます。

一方で、「このキーワードについて自分は過去に何を書いたかな」ということをザッピングしたい場合は、Obsidianの検索結果の方が便利です。

少なくとも、検索結果が100以上返ってくる場合は、圧倒的にObsidianの方が手早いでしょう。

やはり、情報の呼び出し方に違いがあるわけです。

Obsidian + VS Code

さらに言えば、Obsidianで情報を保存するフォルダを、VS Codeのワークスペースに取り込んでおけば、他の情報(たとえば原稿ファイル)なども含めてgrep検索できます。

Obsidianで作ったデータだからといって、Obsidianでしか扱えない、ということはありません。

特殊な加工やデータ変換などせずとも、そのままテキストファイルが扱える他のアプリケーションで操作できます。

そう。操作できるのです。

単に閲覧・検索できるだけでなく、他のアプリケーションでファイルの中身を編集してもまったく問題ありません。

特殊なデータの形式を使わず、単にテキストファイルである、ということはそのようなアプリケーションの移動を容易にする、という大きなメリットを持ちます。

ツールを越境できるのです。

他のツールでも容易にSummonできる。

これもまた大きな違いの一つだと言えるでしょう。

さいごに

もちろん、特殊な形式でデータを保存する情報ツールは、それをするだけのメリットを持っています。

何も無意味なことをしているわけではありません。

しかし、そこで提供されるメリットがそれほど必要でないのならば、そして、メリットのトレードオフとして失われている別のメリットが必要ならば、脱データベースアプリケーションしてみてもよいでしょう。

その解がObsidianだけということはありません。

むしろ、もっと原始的にテキストファイルから情報管理を始めてみるのが、案外新しい発見を導くこともありそうです。

特に、パソコンを使い出したときからクラウドツールが当たり前だった世代には、新鮮な発見がたくさん眠っているかもしれません。

▼編集後記:
倉下忠憲



まさか2020年になって、プレーンテキストで情報管理するのが良い、みたいな話を書く事になるとは想像もしていませんでした。

もちろん、最新ツールは便利なのでそれは有効に使っていきたいのですが、そもそもとして「パソコンでは何ができるのか」を確認する上でも、この辺の技術に触れておくのは悪くなさそうです。


▼倉下忠憲:
新しい時代に向けて「知的生産」を見つめ直す。R-style主宰。メルマガ毎週月曜配信中

PR