筋トレにかまけて「本来の課題」から逃げているかもしれない



大橋悦夫目下、毎日欠かさず筋トレに取り組んでいます。具体的には、腹筋とプッシュアップ(腕立て伏せ)とダンベルロウイングの3種目で、腹筋は毎日、プッシュアップとダンベルロウイングは1日置きです。

以下の記事で紹介したアイテムを駆使しています。


これまでにもパーソナルトレーナーにお願いして週に1度ジムでトレーニングを見てもらったり、自宅でも自主トレをぼちぼちやったりしたことはありましたが、毎日ではありませんでした。

現在は、自主トレのみですが毎日取り組んでいます。

なぜ続けられるのかを考えてみると、それなりの成果が実感できているから、ということが大きいです。入浴時にふと鏡を見ると、目に見えて体型が変化しています。特に腹筋は顕著です。顕著に変化を実感できるからこそ毎日やれているのでしょう。

しかし、ここで思い出すことがあります。

「本来の課題」から逃げていないか?

昨年の話ですが、以下のような指摘を目にし「ううむ」と唸らされたのです。

体重とお金にはよく似た傾向があります。体重やお金のことを考えていれば、「本来の課題に取り組む必要がない」というメリットです。

» マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

それゆえに手放さずに問題として大事に持ち続けてしまう、というわけです。

今回は体重ではなく体型ですが、方向性は共通しているので同じものとしてみなせます。

つまり、筋トレに取り組んでいる限りは、実は他にももっと優先して取り組むべき「本来の課題」から距離を置くことができてしまうのです。

そりゃぁ、体型はボテッとしているよりはシュッとしている方が良いですよね。だから、筋トレに励んで「シュッ」とした体型を目指したいわけです。

でも、それは「本来の課題」を差し置いてでも目指すべきことなのか?

無意識のうちに筋トレに「逃避」しているのかもしれません。

到達したいレベルは自分で選べる

もちろん、体型をシュッとさせることも僕の中では重要な課題なので、「逃避」はちょっと言い過ぎではないか、と反論したい気持ちもあります。

確かに筋トレをしている限りは、ほぼ確実に「体型改善」という成果が手に入るので、「本来の課題」に取り組むよりも魅力的に思えます。

つまり、「本来の課題」は成果の内容も成果が得られる保証も不確かな、実にギャンブル要素の多い取り組みなのです。

たとえ筋肉痛がツラくとも、“シックスパック”を目指すことのほうが安パイに思えてきます。

同時に、どこかでギャンブルに乗り出さなければ、次のステージには進めないことも頭では分かっています。

つい最近も以下のような指摘を目にしたばかりです。

あなたがいたいレベルはあなたが選びます。自分の富は自分で選べるのです。現在のレベルがわかると、そのレベルにとどまるか、レベルを上げるか、下げるかを選ぶことができます。どの選択肢にも特典と代償があります。

» 才能は開ける

「特典」とは、「本来の課題」を差し置いて、筋トレをやり続けられる自由であり、
「代償」とは、筋トレはほどほどにして、「本来の課題」に立ち向かうストレスでしょう。

「出来ない」は「したくない」

そういえば、

「出来ない」は「したくない」

私たちが「出来ない」と言う時には、「したくない」が隠れています。

» マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ

という指摘もありました。

ますます追い込まれます。

参考文献:

その名の通り「感情」のしくみがマンガで分かりやすく解説されています。「うぐぐ…」と心をえぐられるような気持ちにさせられたり、「こうすればいいのか~」と安堵感に包まれたり、まさに感情が揺り動かされる一冊です。

感情のことをよく理解せずに形だけ大人になってしまいました。

» マンガでわかる 仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ


同じ著者による新書。

» 未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する


「ウェルスダイナミクス(WD)」の考案者であるロジャー・ハミルトンの著書です。ロジャー・ハミルトン自身の感情の軌跡を辿りながら、彼がいかにして現在の「レベル」に到達したのかが描かれています。また、WDの構造も実に分かりやすく解説されています。

» 才能は開ける


▼WDについては以下のような記事も書いていますので、合わせてどうぞ。


3月9日(土) 続・プロジェクトを前に進めるための記録の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、
続・プロジェクトを前に進めるための記録の活かし方
です。
前回の「プロジェクトを前に進めるための記録の活かし方」が好評でしたので、これを踏まえた続編です。

前回は、タスクシュート(たすくま)とプロジェクト管理ツール(Todoist)の使い分けについて、佐々木正悟さんの事例をまじえて具体的に解説しました。

抱えているタスクをタスクシュートで一元管理できるのが理想ですが、実際にはもう1つ別のツールを用意し、ここでプロジェクト(=中長期的なタスク)の管理を行うのが現実的です。

とはいえ、ツールが2つに増えることで、情報が分散するため管理が煩雑になりがちです。そこで、この問題を解決するための方法をご紹介しました。ここでカギとなるのが記録です。

今回は、記録をどのように取り、振り返り、そしてこれをプロジェクトを前に進めるために活かしていけばいいのかについて解説します。

具体的には、Evernoteを使った記録と振り返りの手順をお伝えします。

プロジェクトに課題を感じている方、Evernoteをもっと活用したいとお考えの方はぜひご参加ください。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内

タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。

▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。

  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい

これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。

  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター

タスク管理トレーニングセンター


タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2

» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門

たすくま「超」入門


PR