up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > リーダーウォッチングの方法 | 面白く本を読むための読者術




倉下忠憲前回は、本の情報は、その本を読み終えた人(≒読者)に聞くのが一番だ、というお話をしました。

では、いかにしてそのような人を見つけるのか。今回は、それについて書いてみます。



Ads

人付き合いと本付き合い

必ずしも100%ではないものの、友人の友人とは友人になりやすいものです。よって、まったく見知らぬ人に声を掛けるよりも、既存の友人関係を手がかりに、人とのつながりを開拓していくのが効果的です。

上記は、人付き合いの話ですが、同じようなことは本付き合いにも言えるかもしれません。自分が好ましいと思う本を好ましいと思う人が好ましいと思う本は、自分も好ましいと思う確率は結構高いものです。それこそ、見知らぬ人の好みよりもはるかに信頼度は高いでしょう。

ということは、そういう人を見つけると、読書ライフは楽しくなりそうだと予測できます。

感想の検索を通して人を捜す

では、どうしたらそんな人を見つけられるか。答えは簡単で「検索」することです。

まず自分が好きな本のタイトルをいくつか思い浮かべます。できれば、ベストセラーな本は避けた方がよいでしょう。まったく無名というわけでもないが、さりとて超絶有名というわけでもない。その辺りがちょうど良いラインです。

あとは、その書名でGoogleを検索すれば、その本の感想を書いているブログが見つかるかもしれません。それが高評価であれば、そのブログは「アンテナ」(※)に加えておくのがよいでしょう。
※RSSリーダーに加えたり、お気に入りに設定したり、ということです。

書名だけでうまくいかない場合は、書名+書評や、書名+感想というキーワードで検索してみるのもよいでしょう。そういう工夫で書評ブログの森を探索していきます。

とは言え、世の中には、ほとんど読んでいないのに話題の作品だから一応褒めておく、という姿勢のブログもあるので、その点には注意が必要です。ベストセラーを避けたのもそういうのに遭遇しないための工夫です。もし、気になるのであれば、見つけたブログのその他の記事も合わせてチェックしておくと、「アンテナ」に加える判断がしやすくなるかもしれません。

他人の本棚を除く

本によっては、まったく感想記事が見つからない、ということもあるでしょう。そういう場合は、ダイレクトに他人の「本棚」をのぞき見るのも一手です。

ウェブ上に本棚を構築するサービスはいくつかあり、たとえば、

といったものがあります。それらのサービスで、同じように書名で検索すれば、その本を登録している人が見つかります。

後は、その人の「本棚」を覗いて、自分と傾向が近しいのか、それとも遠いのかを確かめて、「アンテナ」に加えるかどうかを判断するとよいでしょう。

その際のポイントは、「だいたい似てるけど、違うところも多い」人を見つけることです。まったく同じであれば、新しい発見はありませんし──その人が見つける本は、きっとあなたも見つけることでしょう──、違い過ぎれば、見知らぬ他人と変わりありません。ほどほどの重なりがちょうどよいのです。

継続的ウォッチング

上記のような検索で、ブログなり本棚なりを見つけたら、その中の人がSNSを利用していないかもチェックしてみましょう。もし、利用しているなら、ブログや本棚サービスに出てこない本の情報が出てくるかもしれません。

たとえば、ちょっとした本の感想や、気にはなったけど買ってはいない本の情報、といったものです。そうしたこぼれ話や、リアルタイム性の高い情報も、本選びには役立ちます。

さらに、そのように継続的に情報を確認していると、最初は相性が良いと思っていた人でも、「あっ、ちょっと違うな……」と思うようになるかもしれません。数冊程度でわかることと、十数冊でわかることには、やはり違いがあります。

できるだけ、単発で判断するのではなく、中長期的な情報から判断するようにすると、自分と相性の良い人が見つけられるようになるでしょう。

さいごに

上記のようなウォッチングを続けていると、自分で書店に行って本を探すことで得られる情報だけではなく、多様かつ大量の本の情報が集まるようになります。あえて言えば、自分がウォッチしている一人ひとりがエージェントとなって、自分に本の情報を届けてくれる環境ができあがるのです。

大量の本の中から、面白い本を選び出すためには、そのような下準備が欠かせません。ひとりの力だけではなく、複数人の力を合わせること。それが一つのコツです。そしてこれは、フィル—バブルにはまりこまないための工夫でもあります。

▼今週の一冊:

自著(というかなんというか)です。かーそるの第二号が完成しました。具体的な告知はまた次回させていただきますが、とりあえずお知らせまで。

» かーそる 2017年7月号[Kindle版]


▼編集後記:
倉下忠憲



いよいよ、かーそる第二号が発売となりました。なんとか、7月中に間に合った恰好です。今回のボリュームたっぷりですので、ちびちびと愉しんでもらえる一冊となっています。よろしくお願いします。


▼倉下忠憲:
新しい時代に向けて「知的生産」を見つめ直す。R-style主宰。


» ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由




▼「R25世代の知的生産」の新着エントリー

» 「R25世代の知的生産」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

09月02日(土) タスクシュート入門I:直列タスクリストの作り方(満員御礼

タスクカフェ
今回のテーマは、

タスクシュート入門I:直列タスクリストの作り方

です。

タスクシュート方式のタスク管理の基本について、何回かに分けて解説していきます。

第1回目のテーマは「直列タスクリストの作り方」です。「直列タスクリスト」とは、その日に予定しているタスクすべてを取りかかる順番に並び替えたリストです。

先日、以下のようなツイートをしましたが、まさに「直列タスクリスト」について書いたものです。


言ってしまえば「取りかかる順番に並び替える」だけなのですが、ツイートにも書いてあるとおり、時間と手間がかかります。「どうせ割り込み作業が入るし、予定はどんどん変わるのだから、わざわざこんなリストを作る意味はないのでは?」と思われるかもしれません。

また、「タスクリストに載せるタスクの単位(大きさ)はどれぐらいが適切なのか?」という疑問もあるでしょう。

ではどうすればいいか?

↓続きはこちらからどうぞ。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る