「万年筆で書いてみたい」を気軽に実現できる1050円の万年筆 PILOT「カクノ」

Kakuno 1


海老名久美
発売直前にLoftで見かけて、とても気になったのですが、時間がなくて買わなかった万年筆を、どうしても気になったので、やっぱり買ってしまいました。1050円というお手頃価格の万年筆、PILOTの「kakuno カクノ」です。

PILOT カクノ公式サイト

公式サイトでは、漢字にルビがふってあるところから、対象者はもしかして小学生?と思わせます。プラスチックの軸とポップな色のキャップで、一見しただけでは万年筆だとは思わないでしょう。ペン先の太さには、「中字(M)」と「細字(F)」があります。今回は、中字と細字を1本ずつ購入しました。パッケージには、ブラックのカートリッジインキが同梱されているので、買ってすぐに使い始めることができます。

Kakuno 2

ただ、私自身は黒のインクを使いませんので、コンバーター(CON-50)を一緒に購入し、色彩雫(iroshizuku)の月夜という色のインクを入れました。すでに持っている万年筆には、色彩雫の山栗を入れているので、分けた方が分かりやすいかなと思いまして。


軽い!

クノ自体、プラスチックですから、とにかく軽くて、ペンを持っている感じがしないほどです。

グリップ部分がほぼ六角形のなだらかな三角形になっていて、もちやすいです。そして、書き味も軽いです。

まあ、私が持っている万年筆は、カクノと同じく1050円のプラチナ万年筆のプレジール2本と、LAMY1本なので、そのくらいの万年筆のライトユーザーかと思って読んでください(プレジールを購入したときの様子は、私個人のブログを参照してください:初心者にも使いやすい万年筆:Plaisir | SPEAQ)。

Kakuno 3

上の写真は、MDノートに書いた様子です(書き心地がなめらかで気持ちいい ミドリカンパニー「MDノート」)。プレジールは、少し固めの書き味で、紙によってはひっかかるのですが、カクノはひっかかるような感じが少しもありません。また、細字はきちんと細く、中字は細字より太めと、はっきりしています。

Kakuno 4

インクの色が違うので、雰囲気も違いますが、プレジールの細字と、カクノの中字が同じような感じです。比較用にLAMYでも書いてみましたが、同じ細字でもLAMYが一番太い気がします。書いているときのインクの出の良さは、LAMY>カクノ>プレジール の順です。これだけあると、紙質で使い分けられるので便利です。

ただ、カクノの見た目は、本当におもちゃみたいなので、好き嫌いは分かれそうです。1050円の万年筆同士を比べると、デザインはメタリックなプレジールの方が断然好みなのですが、書き味はカクノでしょうか。軽いですし、キャップはギュッとしまりますので、鞄に1本入れておくのにもいいかもしれません。


▼編集後記:
海老名久美



MDノートと万年筆の相性が良くて、ノートにいろいろ書くのが楽しい毎日です。


▼海老名久美:
フィーリング重視のガジェッターでライターで翻訳者。「SPEAQ」の中の人。

PR