思いついたことをメモし続けていると次にすべきことが見えてくる



大橋悦夫つまり、何かを「やろう」と行動を起こす際には、その伏線として「思いつく」がある、というわけです。

この「思いつく」と「やろう」の橋渡しをしてくれるのがメモです。言い換えれば、メモしておかないと「思いつく」は生きながらえることができず、アドリブで動くことを余儀なくされてしまいます。

もちろん、アドリブが良くないわけではありませんが、「思いつく」ことによって開ける、「周到に準備された可能な限り全部入りの理想に近い展開」は相対的には期待しづらいと思うのです。

要するに、常にイチかバチかの出たとこ勝負になってしまいます。

一方、メモがあれば次のような展開が期待できます。

メモ → タスク → 記録 → メモ → …

  • 思いつく
  • メモする
  • メモを読み返す
  • タスクが立ち上がる
  • やってみる

つまり、メモのいくつかがタスクに成る。

将棋の「成り」のごとくです(ちなみに英語では「成る」ことを promotion(昇格)と呼ぶそうです)。

アイデアがタスクに昇格するわけです。

さらに、タスク化したものを実際にやってみた結果を記録に残しておくと、これが次の「思いつく」のタネになります。

記録しておくことで、後から読み返すことができ、そこから何かを「思いつく」のが容易になるでしょう。



かくして、

  • メモする
  • メモを読み返す
  • タスクが立ち上がる
  • やってみる
  • 記録する
  • 記録を読み返す
  • 思いつく
  • メモする
  • :(以後、繰り返し)

というループが生まれます。

Inspired by:

奇妙なことに、同じ場所に並べておき、その位置を変えることで扱い方を変えるという操作を通すことで、それらが別の物である、という認識が立ち上がります。実際は、同じものの性質が変異しうる認知が生まれます。
何かは「タスク」になり、「タスク」は何かになります。


関連記事


PR