up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 『反脆弱性』で不確実性を味方につける






倉下忠憲不確実、不安定なものは怖いものです。できれば、確実なもの、安定的なものを求めたい。そういう気持ちは、誰だって持ち合わせているでしょう。

しかし、どうあがいても不確実でしかないものに、確実性を求めてしまうと、手痛いしっぺ返しが待っています。日常の小さなところでは、確実性が機能するのですが、その裏では不確実性のエネルギーが蓄積していき、何の備えもないタイミングで一気にそれが爆発してしまう。100のうち99で成功して、最後の1ですべてが吹っ飛ぶ。そんなことが起こりえます。

世の中には、確実性を持ち込める分野もありますが、そうでない分野もあります。そして、私たちが生きる「人生」は、概ね後者に属します。だからこそ、不確実性との付き合い方を学ばなければいけません。

それを提示するのが、ナシーム・ニコラス・タレブの新刊『反脆弱性』(はんぜいじゃくせい)です。

» 反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方[Kindle版]


» 反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方[Kindle版]


Ads

概要

上下巻におよぶ大著ですが、その内容は大きく三つに分けられるでしょう。

  • 反脆弱性(AntiFragile)とは何か
  • どうすれば、反脆さ(はんもろさ)を利用できるか
  • 何をしてはいけないか

一つの目標は、反脆さ(読みは「はんもろさ」)を利用することであり、そのために反脆さ(反脆弱性)を理解する必要があります。とは言え、この「反脆さ」という物の見方は、実際的に利用しなくても、世界を眺める視点を、ひいてはそこから得られる風景を変えてくれるでしょう。その意味で、読み物としての面白さも十分にあります。

本書に登場するキーワードはたくさんあるのですが、中でも重要なのがオプション性とバーベル戦略でしょう。前者は、反脆さの理解に、後者は反脆さの活用に役立ちます。

細かい解説は本書に譲りますが、オプション制とは、ある種の非対称性であり、利益のあるときだけ選択できる選択肢のことです。ストック・オプションがわかりやすい例でしょう。

バーベル戦略はそのオプション性をベースにして、小さい(限定的な)リスクをたくさん積む代わりに、たった一つの大きな出来事から巨大なリターンを引き出す、という戦略で、これこそが著者が提案する不確実な状況を生き延びるための方策でもあります。

加えて、そのような戦略を、他者を利用して実施する連中、言い換えれば、他者にリスクを負わせる代わりに、リターンだけは自分が持っていくような「身銭を切らない」連中になるな、という倫理的な提案もあります。これも合わせて考えておく必要があるでしょう。

さいごに

おそらく、私たちの脳は秩序を好むようにできています。その方が脳のエネルギー効率が良いからなのでしょう。それはそれで別に構わないですし、日常の大半では問題も起こりませんが、無秩序でしかありえないもの、混沌としていた方が利益があるものに対して、同じような視線を向け始めると、歪みが生じてきます。

そして、人類全体を通しても、あらゆるものを「秩序化」「安定化」「確実化」しようとする動きが出ているのではないでしょうか。そのように押さえつけるほどに、その裏側で見えないリスク(ブラック・スワン)は高まっていきます。

「成功法則」を求めれば求めるほど失敗に近づいていく、というのは卑近な例でしかありませんが、私たちはもう少し、自分の手で制御できないものとの付き合い方を学んでいくことが必要でしょう。うまくいけば、そこから利益を引き出せるかもしれません。

とは言え、本書の対象はあまりにも広く、上記は本当にざっくりとしたまとめでしかありません。タレブの頭の中は、ぜひ本書を通じて覗いてください。おそらく、2017年でも飛び抜けて重要な一冊になるかと思います。

» 反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方[Kindle版]


» 反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方[Kindle版]


▼編集後記:
倉下忠憲



9月に入ってずいぶん涼しくなりましたが、家庭のあれこれがあってあまり原稿執筆に時間を使えていません。はたして9月中に電子書籍の新刊が発売できるのか……。乞うご期待。


▼倉下忠憲:
新しい時代に向けて「知的生産」を見つめ直す。R-style主宰。


» ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由




▼「R25世代の知的生産」の新着エントリー

» 「R25世代の知的生産」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

10月07日(土) タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

タスクカフェ
今回のテーマは、

タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

です。

タスクシュート方式のタスク管理の基本について、何回かに分けて解説していきます。

第2回目のテーマは「使途不明時間こそ記録に残す、その理由」です。

家計簿をつけることで、お金の出入りに注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果としてお金が失われにくく、そして増えやすくなります。

同様に、使った時間の記録をつけることで、時間の使途に注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果として豊かな時間が過ごせるようになります。

紙幣や硬貨といった形で目に見えるお金に比べると、時間は形を持っていないために、記録のハードルはより高いと言えます。

いまこの瞬間も時間は過ぎていくことを考えると、なおさらでしょう。

勢い、中身のある記録だけを残したい、中身のない記録は無かったことにしたい、という衝動に駆られるかもしれません。

でも、むしろ一見すると中身のない記録のように思える「使途不明時間」の記録こそ、真に残す価値のある記録なのです。

なぜか?

↓続きはこちらからどうぞ。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る