up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 29インチ液晶ディスプレイ(2560×1080)を「曲面」モデルに買い換えて1週間使ってみた感想






大橋悦夫29インチ(解像度 2560×1080)の液晶ディスプレイを3年前に導入し、快適な作業環境を手に入れましたが、同じ29インチで曲面型の画面を持つモデルがリリースされていることを知り、仕事においても新たな局面に進出するべく購入。

↓購入したのは以下の29インチ曲面型(29UC88-B)です。

» LG モニター ディスプレイ 29UC88-B 29インチ/曲面 UltraWide(2560×1080)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/スピーカー内蔵/高さ調節対応


画面サイズは 701×396-516×252(mm)。極めて横長です。

↓ウェブブラウザを最大化すると、左右に広大な余白が現れます。



3年前に購入したモデルとほぼ同じサイズですので、設置について困ることはありませんでした。

↓3年前に導入した際の記事は以下です。

» これ以上は大きくできない? 2560×1080の液晶ディスプレイを1ヶ月以上使ってみた感想 

LG Electronics Japan 29インチ Ultraワイド(21:9、2560×1080) ブラック筐体+AH-IPS液晶+7w+7wスピーカー搭載 29EA73-P

3年前に購入した機種との主な違いは「画面が曲面型である」という一点に尽きます。

それ以外にも3年たっているのでそれなりに細かい点でアップデートはあるのですが、「画面が曲面型である」というインパクトに比べれば微差。

では、その「曲面」の印象やいかに?

Ads

思ったほど“曲面感”はないが

注文してからというもの、「曲面か~、曲面な~」と、曲面のことで頭がいっぱいになっていました。

翌日に商品が届くと「おお、ついに曲面が!」とややテンションが上がっていました。

さっそく、これまで使っていたモデルと並べて見比べてみます。

↓下がこれまでの平面型、上がこれからの曲面型。



↓曲面型を正面上方から。



確かに湾曲しているのですが、思っていたような“曲面感”ではありません。

ただ、実際に作業をしてみると、ほんのりとそのやさしいカーブを感じます。

この、主張しすぎない控えめな存在感は柚子(ゆず)を彷彿とさせます。ふとしたときに一陣の風が吹き抜けるかのようにその“風味”が知覚されるのです。

「マルチモニタ」は首に負担がかかるかも

これは曲面型を導入する前も実感していたことですが、29インチという横長の特長は「もうこれ1枚で十分」ということです。

29インチ導入当初は、以下のようにマルチモニタ環境で使用していました。

» これ以上は大きくできない? 2560×1080の液晶ディスプレイを1ヶ月以上使ってみた感想 

これまでは、サブディスプレイ(外付けディスプレイ)とメインディスプレイ(ノートPCのディスプレイ)という、言ってみれば“ツインベッド”だったのですが、2560ピクセルという幅になると、もはや、サブディスプレイが“ダブルベッド”になり、メインディスプレイは“エキストラベッド”に成り下がってしまいました。

もっぱらサブディスプレイで作業を行ない、メインディスプレイはウィンドウの“仮置き場”に。

そのサブディスプレイは、以下のように左側が参照用、右側が作業用、という具合に真ん中で2つに分けて使用しています。

divide500

でも、このような配置は、このイラストを見れば分かるとおり“守備範囲”の幅が実に広いのです。

もっぱら29インチディスプレイを見ながら作業しつつ、ときどきPCのモニタに目をやるわけですが、確実に首を動かすことになります。

29インチディスプレイのみであれば、視線を動かすだけで済みます。

そんな折、神田昌典さんの『全脳思考』を読み返していたら、以下のような挿話にぶつかり、「これはまずい!」と感じて、マルチモニタをやめることにしました。

ある女性がカイロプラクティック治療院で整体師からこう告げられます。

「あなた、首の骨が曲がっていますね。それにしても、どうしてこういう曲がり方をしたんだろう? もしかして体を前に向けたまま顔だけ左右に動かしてませんか?」

それを聞いて、彼女はハッとした。彼女のデスク上には、作業効率を上げるために二台のパソコン・ディスプレイが左右に置かれている。そのために首を前後上下には動かすことなく、左右にばかり動かしていたというのだ。

整体師によれば、この動きは非常に首に負担がかかるとのこと。

つまり、頻繁な首の動きをともなうマルチモニタ環境はリスキーというわけです。

» 全脳思考[Kindle版]


おすすめは「仮想デスクトップ」

以下のように「仮想デスクトップ」を駆使すれば、ディスプレイは1枚で済みます。もちろん、マルチモニタ環境の完全な代替にはなりませんが、首の負担を考えると、仮想デスクトップに慣れたほうが良さそうだと感じました。



「仮想デスクトップ」については、マイクロソフト社の以下のページが参考になります。

» Windows 10 注目の新機能「仮想デスクトップ」で複数の画面を自由自在に! – Microsoft atLife

仮想デスクトップをうまく使うコツは、特定のデスクトップのみに登場させたいアプリ(またはウィンドウ)と、どのデスクトップにも登場させたいアプリ(またはウィンドウ)とを見極めることだと思います。

以下のように、ウィンドウを右クリックして表示されるメニューから、用途に応じて以下いずれかにチェックを入れます。

  • このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する
  • このアプリのウィンドウをすべてのデスクトップに表示する



例えば、僕はメインで使用している「秀丸エディタ」(テキストエディタ)は上記のようにアプリ単位ですべてのデスクトップに表示させるようにしています。

こうすることで、どのデスクトップにいても秀丸エディタは常に使える状態になります。ちょうど、ペンを持ち歩く感覚に近いです。

映画やドラマは面目躍如

この29インチの横長という特長は映画やドラマを観るときにいかんなく発揮されます。

作品にもよりますが、対応しているものは画面いっぱいに表示されて没入感が生じます。曲面であることで、さらにこの没入感が増します。

↓「ザ・レイド GOKUDO」という作品をAmazonビデオで表示中



上記のような、横長の画面をいっぱいに使った風景のカットがときおり挿入される作品なのですが(ほとんどは極めて凄惨な格闘シーンの連続)、その風景の広大さがじかに伝わってくる感じです。

↓「ザ・レイド GOKUDO」はプライム作品です。

» ザ・レイド GOKUDO(字幕版)


まとめ

というわけで、シングルモニタで首の負担少なく仕事を進められると同時に、映画やドラマに没入できる横長ディスプレイです。

なお、29インチ(2560×1080)のほか34インチ(3440×1440)のモデルもあります。

この“横長感”をまだ体感していない方は、機会があればぜひ一度お試しください。普段ウィンドウの切り替えをいかに頻繁に行っていたかに気づかされるでしょう。

» LG モニター ディスプレイ 29UC88-B 29インチ/曲面 UltraWide(2560×1080)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/スピーカー内蔵/高さ調節対応


» LG モニター ディスプレイ 34UC88-B 34インチ/曲面 UltraWide(3440×1440)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/スピーカー内蔵/高さ調節対応




▼「ツール紹介」の新着エントリー

» 「ツール紹介」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

06月10日(土) 新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ
今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る