up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 考えなくても行動できるようになるための考え方






大橋悦夫考えなくても行動できるようになる方法をいつも考えています。「考える仕事」が常にボトルネックになるからです。言い換えれば、「考える仕事」に可能な限りの時間とエネルギーを投入できる毎日を目指している、ということです。以下、それを実現するための考え方です(方法ではなく)。

「考える仕事」は最優先に、できれば頭の冴えている午前中に取り組みましょう。

…といったことがよく言われます。

でも、これは人によりけりで、午前中は頭がぼーっとしていて午後からでないとエンジンがかからない、という人もいるでしょうから、一概には言えません。

自分にとってベストな時間帯に取り組むのが良いわけです。

さらに考えを進めていくと、そもそも「考える仕事」が多すぎるのではないかという疑問にぶつかります。

「考える仕事」というのは、ここでは

  • 様々な角度から検討し
  • 複数のデータを比較し
  • 図解やアウトライナーを駆使して形にしたうえで
  • それを目で見て
  • 手を動かしながら
  • よりしっくりくる形に整えていく

ような仕事、と考えることにします。

正直、僕自身もこのリストを書きながら、「うわぁ~、イヤだな…」と感じていました。

どう考えても手間も時間もかかりそうで大変そうだからです。

こういう「考える仕事」が大好き、という人も中にはいるかもしれませんが、朝から晩まで、それこそ寝る直前までひたすらこの「考える仕事」に没頭できるものでしょうか?

Ads

がんばりたくてもがんばれない仕組み

確かに大好きなテーマであれば、ずっと考え続けることができるかもしれません。

でも、大好きな映画を観るにしても、3時間が限界でしょう。途中で休憩をはさみたくなりますし、ほかのことをやりたくもなるはずです。

連続ドラマなど、もっと長時間観続けられる場合もあるかもしれませんが、時間が長くなればなるほど、集中力は下がるばかりでしょう。トイレにも行きたくなるはずです。

つまり、時間の密度が下がるのです。

「もっと観たい」と思えば、脳は「この視聴活動はしばらく続きそうだ」という予測のもとに“出力”を下げて対応しようとするからです。

ちょうど、ペットボトルの水が残りわずかになっているのに、目的地まではけっこうありそうだ、となったら、その水を大事にちびちび飲むような。

薄く引き伸ばすことで、長持ちはしますが、充実度は相対的に下がります。

「がんばりたくてもがんばれない仕組み」とでも呼ぶべきメカニズムが人体にあらかじめ組み込まれているかのようです。いや、実際のところ、何らかの形で組み込まれているのでしょう。

では、どうすればいいか?

この問題に対する、考え得る解決策は2つあります。

  • 引き伸ばすのではなく、時間を決めて集中して取り組み、これを毎日繰り返す。
  • その仕事の中で本当に集中が必要なパートと、それほど必要ではないパートとに分けて、後者については機械的に行えるようにパターン化を押し進める。

前者は、実は多くの人が普通に実践していることでしょう。なので、今回は割愛します。

一方、後者はややこしそうに感じられるかもしれませんが、これがまさに僕が「考えている」ことなのです。

イメージ的には、普通のスピードで話されている音声教材を無音部分を徹底的に詰めることで、全体の尺を短く詰めていく圧縮方法に近いです。

↓以下の記事で紹介されているような方法です。

» 英語学習CDの曲間の無音部分をカットして勉強効率をアップする方法 – TOEIC TOWN (トイックタウン)

このCD、文章の長さ、スピード、難易度、TOEIC対応度と、いずれにおいても程よい感じで、シャドーウィングには最適な教材だと思います。

しかし、唯一の欠点がありまして、曲間が8秒もあるんです・・。こんな感じで↓

曲 – 8秒の無音 – チャイム音 – 1秒の無音 – 曲

この8秒の間がじれったくて集中力も切れますし、勉強時間だってもったいない。

まさにこの「じれったい」と感じる感覚がカギです。

「そういうものだ」と受け入れてしまう前に、とにかく「なんとかできないだろうか?」と抵抗を試みるのです。

今回のテーマである「考える仕事」についても同様です。

「一から十まで全部もれなく考えないといけないのだろうか?」とまずはカウンターをくらわせてみるわけです。

こうすることで、「この部分は以前考えたアレを転用できそうだ」というアイデアが思いつきやすくなります。

「考えなくても行動できるようになるための考え方」というのは実にそういうことです。

参考文献:

このあたりの考え方は、『ロボット心理学』が参考になります。仕事の一部、しかも「つまらない部分」を都合良く「ロボット」に移管してしまうのです。これは狙って行わないと、以下のように逆にしてやられてしまいます。「もっと面白い仕事がありますよ」と。

「ロボット」の目的はそもそも、なじみ深い現実から注意をそらさせることにあるのである。その目的は、「新しいこと」こそ大事だ、とヒトに知らせるためである。

つまりここで面白い事実に気づく。私たちが「古くてつまらない」と思うことはふつう、「注意をそらさせられて」いるからこそ、そうなっているようだ。

ショーウィンドウの中の「新製品」が「欲しくて欲しくてたまらなく」なるとすればそれは、それに「注意を払っているから」ということになる。「すばらしいから」というわけでも、「高級だから」というわけでも、「価値が高いから」というわけでもない。「注意を払っている」から「すばらしく」見えるのだ。

だまされているような気がするかもしれない。しかし、大脳生理学的には、そういうことらしい。

» 「ロボット」心理学 ~[ネオフィリア] – なぜ、人は新しいものを求め続けるのか (impress QuickBooks)[Kindle版]




▼「とらえなおす」の新着エントリー

» 「とらえなおす」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る