iPadとiPhoneで始める電子書籍ライフ/ビギナーズ・ハック第16回

北真也

電子書籍に挑戦するのだ!の巻

とある休日−−−

最近オーディオブックを聴きながら散歩することが日課になっているベック君。今日はオーディオブック版「スピードハックス」を聴きながら、颯爽と近所のカフェへと繰り出した。朝一で客もまばらなカフェの窓際に秋の新作「モンブランフラペチーノ」を飲みながら優雅にiPadを操作するラシタさんがいた。

近所のカフェベック君:ラシタさん!何してるの?ゲーム?インターネット?

ラシタさん:うわ!ビックリした!本読んでるときは集中してるから急に話しかけんといてくれ。

ベック君:へ?iPadって本も読めるの?

 
ラシタさんはかなりめんどくさそうに「そやで」と答えながら読書を再開しようとした・・・


ベック君:ところで何読んでるんですか?

ラシタさん:(取り敢えず己が空気読め)ん、あ、青空文庫やで。久々に太宰治でも読んでみようと思ってな。

ベック君:おぉ。ヴィヨンの妻ですか!!

ラシタさん:いや・・違うけど。何でそんなピンポイント・・・。

ベック君:それ以外の太宰作品がわかんないんですよね。

ラシタさん:まじで!?人間失格とか走れメロスとか知らんのか?

ベック君:人間失格ってあのKinKi Kidsが・・・

ラシタさん:全然ちゃう話やで。エンディングのサイモン&ガーファンクル「冬の散歩道」は渋かったけど。

 


 
ベック君:(早!!ってか、ドラマ見てたんだ・・・意外)流石に走れメロスは知ってるよ。

ラシタさん:やろうな。ちなみにやけど、俺が今使ってるiPadのi文庫HDやったら、自炊した書籍なんかも読めるから、ベックのコレクションとか詰め込んでやれば快適にiPadで・・・

ベック君:漫画が読める!

ラシタさん:そや(ニヤニヤ)

ベック君:そうと分かれば・・・ちょっと家帰って漫画入れてきます!

ラシタさん:おう(はよ帰れ!)

ベック君は一言「んじゃ、また後で」と言って去っていったことが気になったが、ラシタさんはそのまま読書を再開した。

 
1時間後──

 
ラシタさん:(あぁ・・やっぱり梶井基次郎は天才や)

ベック君:らしたさーーーん!

ラシタさん:・・・(無視しよう)

ベック君:ほら、スラムダンクもジョジョも入れたよ。

ラシタさん:・・・・(イライライライラ)

ベック君:ドラゴンボールはやっぱりフリーザ編が

ラシタさん:(ピキピキピキピキ)クリ●ンのことかぁあああ!!

ラシタさんは至福の時である読書の時間を邪魔されることを何よりも嫌うのだが、ベック君はまったく空気が読めずにその逆鱗に思いっきり触れてしまったのだった。その結果、覚醒してしまった怒りの戦士超ラシタさんによって、(勿論口で)フルボッコにされたベック君は三日三晩立ち直ることができなかったという。超ラシタさんがその場を去るときに残した言葉は「何人たりとも俺の読書を妨げる奴はゆるさん」だったという目撃情報が多数寄せられている。

 

電子書籍のビギナーズハック

情報収集シリーズ第2回目はiPadが発売されて以来にわかに盛り上がりだした電子書籍について取り上げたいと思います。

アメリカでは既にAmazonの売り上げの30%をKindleの電子書籍が稼ぎ出していると言われていますが、日本ではまだiBook StoreやKindleStoreの様なインフラが整備されておらず、一部のiPhone/iPadアプリ化されているものを除くと、電子書籍を手軽に入手することが難しい状況です。

今主流となっているのは、一部の書籍が提供しはじめたPDF版(書籍購入者におまけでついてくる)や、ユーザが自炊(自分で本をスキャンして電子化すること)した画像やPDFファイルを「i文庫HD」や「GoodReader」などのiPadアプリに取り込んで閲覧することです。

iPadの「i文庫HD」なら青空文庫から自炊までどんと来い

元々iPhoneアプリとして提供されていた「i文庫」は青空文庫をiPhone上で快適に見るためのアプリだったのですが、アップデートを重ねるなかでユーザ独自の画像やpdfファイルも閲覧できるように進化していきました。このiPad版の「i文庫HD」でもその機能は継承され、更に優れたインターフェース(iBookの様なページめくり)とDropbox連携などの機能が追加されています。

IMG_0030IMG_0032

i文庫HDで読み込むことができる独自ファイル形式は青空文庫の書式に沿ったtxtファイルの他、JpegファイルやTXTファイルを含むZIPファイルもしくはフォルダ、PDFファイルなどです。ファイルの取り込みはiTunesの転送画面から転送、i文庫HDからURLを指定してダウンロード、PC側からFTPでi文庫HDに接続してアップロード、Dropboxからのダウンロードなどの手段が用意されています。

IMG_0031

 

iBunkoHD 1.05($6.99) for iPad

Compatible with iPad. Requires iOS 3.2 or later

iBunkoHD 1.05
Category: Books
価格: $6.99 App
Updated:Sep 24, 2010

iBunko 2.69($3.99) for iPhone

Compatible with iPhone, iPod touch, and iPad. Requires iOS 3.0 or later

iBunko 2.69
Category: Books
価格: $3.99 App
Updated:Aug 05, 2010


 

iPhoneの電子書籍は意外に読みやすい

iBookStoreやKindleStoreのようなインフラ整備が遅れる中、日本において現在唯一市場として機能しているのがiPhone/iPadアプリの形でAppStoreのブックカテゴリから入手可能な電子書籍です。iPhoneだと画面が小さいので読みづらそうに見えるかも知れませんが、1ページあたりの文字数が少なくなることもあって、さくさく読み進められて意外に快適な読書環境が実現されています。

IMG_1446IMG_1445

 
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は書籍と共に長らくランキングの上位に位置するロングセラーですし、「一歩を超える勇気」は美しい映像などもついていて電子書籍の可能性を垣間見ることができる素晴らしい作品です。もしもiPhone/iPadアプリ形式の電子書籍に興味が有ればこのあたりから入ってみるとよいでしょう。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 1.3.0(iOS 4.0 テスト済み)(¥800) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 1.3.0(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: ブック
価格: ¥800 App
更新:2010/07/13


一歩を越える勇気 1.5.0(¥600) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

一歩を越える勇気 1.5.0
カテゴリ: ブック
価格: ¥600 App
リリース:2010/09/10



 

雑誌読み放題のビューンは案外お得かもしれない

電子書籍とは少し毛色が異なりますが、Wifi環境下でのみ閲覧可能という制約条件の下、月額固定で雑誌や新聞が読み放題になる「ビューン」というサービスがあります。iPad版が450円で、iPhone版が350円。雑誌の記事を全て読めるわけではありませんが、特集や連載などの主要な記事を読むことができるので、大きくストレスになることはありません。

ビューン(新聞、雑誌、テレビがあなたの手の中に) 1.0.12(無料) for iPad

iPad 互換 iOS 3.2 以降が必要

ビューン(新聞、雑誌、テレビがあなたの手の中に) 1.0.12
カテゴリ: ブック
価格: 無料 App
更新:2010/09/15

ビューン(新聞、雑誌、テレビがあなたの手の中に)  1.0.12(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要

ビューン(新聞、雑誌、テレビがあなたの手の中に)  1.0.12
カテゴリ: ブック
価格: 無料 App
更新:2010/09/15

IMG_0026

 

最後に

今回はiPhone/iPadから読むことができる電子書籍の代表例として、i文庫HDとiPhone/iPadアプリ形式の電子書籍、そして「ビューン」をご紹介致しました。今回触れることができなかったePub形式の電子書籍の入手方法および、iPhone/iPadでの閲覧方法を次回ご紹介したいと思います。

 

▼編集後記:
北真也
10月29日(金)に佐々木さんの新著「ライフハック心理学」の出版イベントが行われるのですが、そこで僕もファシリテーター役として参加することになりました(中立的な立場の司会進行役みたいな感じです)。

 
先着10名様に、『ライフハック心理学』の500円引き。さらに、当日ワークで利用するノートとしてモレスキンノートブックのヴォラン(ルールド)ラージサイズ(13×21cm)を参加者全員にプレゼントと、なかなかお得間のあるイベントになっています♪お時間のある方は是非、遊びに来てください!

 
▼北真也:
仕事術をもっとカジュアルに! わかりやすさ重視の「ビギナーズ・ハック」をお届け。Blog「Hacks for Creative Life!」と勉強会「東京ライフハック研究会」主宰。

PR