up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 「記憶」に始まり「記憶」に終わる






大橋悦夫11年前に夢中になって読んでいた『脳はなにかと言い訳する』を読み返している。一番の理由は父がアルツハイマーと診断されたことで改めて「記憶」や「海馬」に対する関心が強まったこと。

» 脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)


読み返し始めてほどなくして以下のくだりにぶつかった。

意外に思われるかもしれないが、ストレスに慣れることは一種の「記憶の作用」である。環境そのものは変わっていないにもかかわらずストレスが減る──これは「現在の環境をストレスに感じる必要はない」と脳が“記憶”した結果なのだ。(p.30)

ストレスに限らず、人の行動は「記憶」の内容に強く影響を受ける。

今回こうして同じ本を読み返しているのも、前回読んだときに「良い本だ」と感じた記憶による影響が大きい。

Ads

すべては「記憶」への働きかけ

「セルフブランディング」という言葉があるが、これも「記憶」という文脈に沿って言えば、

  • 自分をどういう存在として
  • 対象となる人たちの頭の中に
  • 記憶として定着させるか

ということになる。

「自分をどういう存在として」については自己規定(アイデンティティ)を明らかにすること。生まれてから現在に至るまでのすべての記憶の中からどの部分を前面に出すのか。

その上で、その自分はどうありたいのかの未来像(ビジョン)を思い描き、これを実現するための使命(ミッション)を設定していく。

この時点で、「対象となる人」はおのずと絞り込まれるはず。

少なくとも、自分のビジョンに共感・共鳴してくれる人に。

共感や共鳴もやはり「記憶」の作用なので、「この人はこういう人で、こういうビジョンを持って日々のミッションに取り組んでいるのか」というイメージを記憶してもらうこと。

それが「セルフブランディング」ということになる。

記憶してもらうには時間がかかるので、手を変え品を変えながら、発信(刺激)を繰り返していくしかない。

発信する側は、最初はストレスに感じるかもしれないが、繰り返していくうちに慣れる。ストレスが減る。

自分自身が自らのビジョンに共感するまでの間にも時間がかかるのである。

まとめ

自らの「記憶」を整理するところから始まり、ビジョンとミッションを定め、これを対象となる人の「記憶」に留めてもらう。

自分の「記憶」であれ誰かの「記憶」であれ、定着するまでには時間がかかる。この過程をショートカットするのは難しい。

参考文献

» 脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)


また、以下の本で言う「コンセプト」とはまさに「セルフブランディング」であり、そのつくり方と使い方は参考になる。やはりすべては「記憶」への働きかけだと再認識した。

» 無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? 100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方[Kindle版]




▼「発記」の新着エントリー

» 「発記」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る