up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 10時まで寝ていた私が朝4時台に起きられるようになった4つの工夫




 

最適な睡眠時間については個人差がありますし、早起きするということと睡眠時間を短くするということは別のことです。私は朝早く起きるようにはなったものの、睡眠時間はあまり変わっていません。

そうは言っても早起きするための工夫は行いました。長く寝ていたい性質の上、そもそも早起き自体が苦手だったからです。

早起きがなぜ苦手かというと「いくらでも寝ていたい」人間だからです。どちらかといえば今でも起きている時間より寝ている時間のほうが好きなくらいです。そんな人間でも朝4時台に起きるということは可能なのですから、そうしたい人はもっと着実にできるかもしれません。

これからあげる4つは4つともかなりありきたりで、全ての人がこれだけで早起きできるようになるとは思えません。ただ事実として私に役立った工夫はこういったものであったということであり、ありきたりで簡単にできそうですが、実はそう簡単でもないことを申し添えておきます。

私のした工夫は以下の4つです。

  1. アルコールとカフェインを避ける
  2. 同じ時間に寝るようにする
  3. 部屋を明るく、暖かくする
  4. やることと得るメリットを決めておく

順番に説明します。

Ads

アルコールとカフェインを避ける

これが筆頭です。最初からこれを意識したわけでもないのですが、結果としてこれがなにより効果的でした。長期的に見ると明らかです。

アルコールはいろいろな意味で主観的にはアンビバレントな飲み物です。飲めば眠くなるから「寝るのにいい」としか思えないのですが、アルコールを寝る直前に入れるとより長い睡眠時間が必要になるとしか思えないのです。

ごく微量でも、微量なりに睡眠を要求します。私はコーヒーを1日1杯に、アルコールをゼロにしてから、睡眠時間が30分自然と短くなりました。そこまでしてたったの30分か!と誰しも思うでしょう。私もそう思います。しかし「自然」というのはそんなものです。

同じ時間に寝るようにする

これも極めて重要です。同じ時間に寝ていれば、そのうち同じ時間に起きられるようになります。

私の生活環境においては夜の9:30に寝るのが早寝の限界です。しかしこの時間に寝られれば朝の4:30には起きられます。それで睡眠時間が7時間になります。

フリーランスだからそんなことを実行できる、と指摘されるでしょうし、それはその通りですが、フリーランスでもこれを毎日実践するのは容易ではありません。最初は妻に猛反対されました。それに私は野球好きなので(これを軽く考えないで下さい)、たいてい試合が佳境に入ったところで寝るというのは大げさですが身を切られるようにつらいものです。

とくに最初のうちはいろんなことを置き去りにして寝入ってしまう気持ちになります。ただ、それを翌朝取り返すことができるというところが、この習慣の強力なメリットになります。他のメリットについてはすぐあとでお話しします。

起きるとき部屋を明るく、暖かくする

私が早起きができなかった原因の1つに

  • 暗い中では起きたくない
  • 寒い中では起きたくない

という強い気持ちがありました。だからそれらの手当てをしてあげれば、自然と起きられるようになりました。

とくに起きてすぐ明るくしてその光を見るというのは効果が大きいと言えます。暗いままだとすぐまた眠くなってしまうのです。

やることと得るメリットを決めておく

朝起きてすぐにやること。これを決めておくと違います。

コツはすぐにやることを極めてはっきりさせておき、それ以外のことを絶対にやらないことです。また、最初から無理なことをしようとしないことです。

私は朝起きたらなにもせず必ずシャワーを浴びます。その前になにもしないのが大事です。間違ってもiPhoneでTwitterなどは見ません。それを最初に見るのであれば、それを最初に見ると決めておきます。

専門的なことは省きますが、決めておいたことを実行すると記憶がつながるのです。この記憶のつながりが非常に重要です。難しい習慣を身につけるには、習慣を形成しようとした記憶と、それを実行することで記憶を思い出すという流れがなんとしても必要なのです。

だからシャワーを浴びるというのは目を覚ますというだけの意味ではなくて、シャワーを浴びようと思っていた過去の自分を思い出すための行為なのです。

その上で、せっかく早起きするのですから、メリットを確認することが大事です。これは先ほどの「記憶を思い出す」のと同一線上にある話です。何かメリットを求めて早く起きるわけですから、そのメリットを享受できないとなると習慣は形成されません。

私の場合、メリットは妻子が起きる前の4時間で仕事の大半を終わらせられるということです。ほとんどの場合、私は午前中に全ての仕事が終了するようになりました。午後にやっているのは残務処理か事務整理ばかりです。(あるいはミーティング)。ブログや原稿は午前中にほとんど書き上がります。

起きている時間が全く変わらなくてもこのような大きなメリットが得られるのです。1度それに慣れてしまえば、もう元には戻りがたくなります。



▼関連エントリー

▼「よりよい眠りのために」の新着エントリー

» 「よりよい眠りのために」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

10月07日(土) タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

タスクカフェ
今回のテーマは、

タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

です。

タスクシュート方式のタスク管理の基本について、何回かに分けて解説していきます。

第2回目のテーマは「使途不明時間こそ記録に残す、その理由」です。

家計簿をつけることで、お金の出入りに注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果としてお金が失われにくく、そして増えやすくなります。

同様に、使った時間の記録をつけることで、時間の使途に注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果として豊かな時間が過ごせるようになります。

紙幣や硬貨といった形で目に見えるお金に比べると、時間は形を持っていないために、記録のハードルはより高いと言えます。

いまこの瞬間も時間は過ぎていくことを考えると、なおさらでしょう。

勢い、中身のある記録だけを残したい、中身のない記録は無かったことにしたい、という衝動に駆られるかもしれません。

でも、むしろ一見すると中身のない記録のように思える「使途不明時間」の記録こそ、真に残す価値のある記録なのです。

なぜか?

↓続きはこちらからどうぞ。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る