up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > タスク管理の用語が一通りわかる一冊






倉下忠憲電子書籍の新刊が発売となりました。

» タスク管理の用語集: BizArts 2nd[Kindle版]


タイトル通り、タスク管理の用語集です。特定のタスク管理手法を紹介するのではなく、さまざまな本で紹介されているタスク管理の言葉を整理してあります。

目次は以下の通り。

  • 第一章 タスクの基本
  • 第二章 リストの性質と種類
  • 第三章 タスクのメタ情報と操作
  • 第四章 各種メソッド・ワークフロー

全四章で、50以上の用語が登場します。全部を列挙すると縦に長くなりすぎてしまうので、第一章〜第二章までの項目をちらっとご紹介しておきましょう。



以上のような用語に興味があるならば、ぜひご一読ください。本の詳細については以下のランディングページでどうぞ。

» タスク管理の用語集 BizArts 2nd | 倉下忠憲

Ads

本書制作の動機

なぜ、こういう本を作ったかと言うと、二つ理由があります。

一つは、タスク管理では同じ言葉がさまざまな意味で使われていて、混乱が生じやすい状況になっていること。たとえば、タスク管理の一番基本であるはずの「タスク」ですら、その用法は人によってバラバラです。これではなかなか建設的に話を進めていくことはできません。

どのような意味であっても、とりあえずそれを一つに定めてしまい、それと差異のある言葉はまた別に定義していく。そのように言葉を整理していくと、それと同時にタスク管理全体の概念も整理されていきます。#FF0000は「赤」と呼ぼう、#FF8000は「オレンジ」と呼ぼう、#F7FE2Eは「黄」と呼ぼう、という感じに。実際それが「赤」と呼ばれるのか「レッド」と呼ばれるかにたいした意味はなく、むしろ、#FF0000と#FF8000は別の色なのだ、という認識が大切になります。本書でやったことは、そういうことです。

二つ目の理由は、タスク管理技法の多さです。ライフハックブームからこちら、細かいテクニックから大規模なワークフローまでさまざまな技法がたくさん提示されてきました。そんな中で、個々の技法を解説したコンテンツはふんだんにありますが、それらを並べ、比較し、俯瞰するようなコンテンツはほとんどありません(たぶん一つもありませんでした)。

こういう場合、一番最初に見知ったタスク管理技法=タスク管理の絶対的なやり方、というインプリンティングが行われてしまうか、断片的な情報摂取と過剰な自己解釈で、「結局何なのかよくわからない」という状況に陥りがちです。

せっかくたくさんの技法があるのですから、それらの良いところを参照した上で、自分なりのタスク管理に取り入れていきたいところです。本書はそれを手助けするための本でもあります。

さいごに

とは言え、本書を読めばあらゆるタスク管理の技法に精通できるとまでは言えません。それは誇大広告でしょう。

本書はあくまでガイドブック的な立ち位置なので、大規模なワークフローについては、それを解説したコンテンツにアクセスしてもらう必要があります。しかし、少なくとも現代では、キーワードさえ知っていればいろいろな情報にアクセスできる情報環境が整っています。キーワードが扉を開ける鍵なのです。

本書は、その鍵を提供する一冊です。

» タスク管理の用語集: BizArts 2nd[Kindle版]


▼編集後記:
倉下忠憲



なんとか6月中に完成しました。これも「タスク管理」のおかげですね、と宣伝風な書き込みをするといかにも宣伝風になるのでやめておきましょう。今回はバリバリ実用書でしたので、次回はバリバリ非実用書になるかと思います。


▼倉下忠憲:
新しい時代に向けて「知的生産」を見つめ直す。R-style主宰。

» ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由




▼「R25世代の知的生産」の新着エントリー

» 「R25世代の知的生産」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

08月05日(土) たすくま「超」入門講座・2017年版

タスクカフェ
今回のテーマは、

たすくま「超」入門講座・2017年版

です。

タスクシュートのiPhone版「たすくま」について2017年現在最新の活用法を入門レベルから実践レベルまで詳しく解説します。


タスクカフェでは、これまでにも「たすくま」をテーマに開催したことがありますが、「たすくま」のリリース(2014年7月15日)から3年がたち、「つい最近使い始めたばかり」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで、改めて「タスクシュートの基本的な考え方」をお伝えしたうえで、「たすくま」を無理なくスタートさせるための最低限の設定と操作知識を解説します。

また、すでにお使いいただいている方むけには、新たに追加された機能・手間の少ない操作方法・意外と知られていないちょっとした工夫、などなど時間の許す限りご紹介いたします。

「たすくま」の導入を検討されている方はもちろん、「たすくま」の真価を引き出しきれていないのではないかとお考えの方も、ぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る