up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 集中するには覚えておかなくてもいいことを完全に頭の外に追い出すこと






大橋悦夫改めて「これができないと本当の意味で仕事に集中することはできないな」と感じた出来事がありました。というより、いつもそれが起こるたびに同じことを感じていたのですが、ブログで取り上げるところまでいかずに終わっていたのが、今回は取り上げるところまできたので書いています。

家で洗濯しているときにいつも感じていることです。

全自動洗濯機に洗濯物を入れて運転を開始後、「洗濯 → すすぎ → 脱水」が何度か繰り返されたあとにブザー音で終了が知らされますが、通常はこのブザー音をトリガーにして、洗濯物を干しにかかります。

それが、ヘッドホンで音楽を聴きながら仕事に没頭していたりすると、このブザー音に気づかなかったり、そもそも洗濯機を回していることをすっかり忘れてしまうこともあり、結果いわゆる「洗いざらし」のまま放置してしまう事案が発生します。

「しばらくしたら洗濯物を干さないとなー」という心づもりを頭の片隅に置きつつ仕事に向かっていればこの事案はほとんど発生しないのですが、仕事に「全部持っていかれる」ことは往々にしてあるわけです。

この事案を防ぐには、次の2つが欠かせません。

  • 必要なタイミングにもれなくその通知を受け取れる仕組み
  • 必要なタイミングになるまで完全に頭の外に追い出す習慣
Ads

必要なタイミングにもれなくその通知を受け取れる仕組み

「通知」に関しては、もはや使い切れないほどに多種多様な手段が用意されています。

» 仕事のスピードをアップさせるタイマー選び

PCでもスマホでもタイマー機能を有するアプリは無数にあるでしょう。この中のどれを使ってもいいのですが、やはり自分にとって信頼のおける1つか2つの手段に集約するのが良いでしょう。

定番の通知

僕自身は、「洗濯物を干す」のように定期的に発生するものであれば、iPhoneアプリの「たすくま」にリピートタスクとして設定しています。洗濯物をセットしたら、終了する頃合いを見計らって「洗濯物を干す」というリピートタスクの開始予定時刻をセットするのです。

iPhoneの通知のうち、優先度の高いものは手首に着けているスマートウォッチ「Pebble Time」に振動として伝わるようにしていますので、仕事に没頭していても気づくのです。

» Pebble Timeを10日間使ってみての「良いところ」と「気になるところ」

洗濯物を干す

もちろん、「開始予定時刻をセットする」こと自体を忘れないように自分を躾ける必要はありますが、何度か繰り返すうちに「洗濯物をセット」 → 「【洗濯物を干す】の開始時刻をセット」という流れが定着します。

実際にはひと手間(コスト)がかかるわけですが、それによって洗いざらしを防止できる(リターン)ことが体感できるからでしょう。

『パフォーマンス・マネジメント』で言うところの強化の原理(行動することで、何か良いことが起こったり、悪いことがなくなったりすると、その行動は繰り返される)です。

» パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学


不定期の通知

「今から5分だけ、この資料をチェックする」のように不定期に発生するものであれば、iPhoneアプリの「@Timer」でワンタップでタイマーをセットします。このアプリは、12個まで、よく使う長さのタイマーを登録でき、ワンタップでカウントダウンを開始できる点が気に入って、4年以上使い続けています。



@Timer

無料
(2017.06.12時点)

 App Store

posted with ポチレバ

このアプリの通知もまた「Pebble Time」に通知させるようにしているので、時間になると手首にブルブルと振動が来るので、それまでは没頭できます。

必要なタイミングになるまで完全に頭の外に追い出す習慣

上記の仕組み(機械)を採り入れても、その効用を最大化するには人間の側でも歩み寄りが必要です。

具体的には、仕組みに全幅の信頼を置く、ということです。

「リマインダーはセットしたけど、一応自分でも時間は気にしておこう」ではなく「リマインダーをセットしたから、あとは心おきなく100%目の前の仕事に没頭しよう」となって初めて仕組みが全力でワークすると言えるからです。

僕自身、通知を受け取るたびに「あ、そういえば洗濯機を回していたんだった」とか「もう5分たったのか」と、Pebble Timeの通知を受けるたびにいちいち驚いているのですが、言い換えれば、そのたびに「あぁ、ちゃんと集中できていたんだな」と実感しているわけです。



▼「意志力のマネジメント」の新着エントリー

» 「意志力のマネジメント」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る