up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > うつに陥る前に『うつヌケ』に目を通しておこう







佐々木正悟 「目を通す」というのに違和感があるかも知れませんが、「目を通し」てもらえればわかると思います。

» うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)[Kindle版]


本書を読むのはおそらく多くが「ウツ経験者」であるかと思いますが、「自分はウツにはまずならない」という人にも「とりあえず目を通し」ておいてもらいたいのです。というのも、いまの時代、不思議なくらい「ウツ」が「流行って」いるからです。

「最近の人は心が弱くなっている」というような言葉が、不思議なくらい人口に膾炙します。びっくりするほど非科学的な表現です。

Ads

「無理」とは何か?

「ムリをしてもこのくらいなら大丈夫だと思っていた」という表現が、『うつヌケ』でも随所に登場します。まず私が最初に気になったのがこれです。

「ムリをしても大丈夫」だと思えるのはどうしてなんでしょう。たとえば、昔の人は「ムリをしても大丈夫だった」のでしょうか。しかし昔の人は何をして、そしてどこまでは「大丈夫」だったのでしょう。

どこから先までいくと、人は「ダメになってしまう」のでしょうか。

それがわかれば、苦労がないわけではないにせよ、苦労の8割くらいはなくなります。しかしそれは分からないことです。どこまでムリをしてがんばっても大丈夫なのかは、本人にも周囲にも全くの手探りです。

『うつヌケ』をちょっとでも読むとすぐ出てくることですが、ほとんどの人がかなり微妙なパターンから「ウツトンネル」に入っていきます。イメージに過ぎませんが「トンネルに入っていく」という表現が、まさに適切と思えるのです。

人は、ムリをします。

たいていの場合、やりたくもないことを、賞賛されたり評価されたというイベントのおかげで、無理を始めるのです。

しかし、常に賞賛だけを得つづけるというのは不可能です。
ミスをしたりうまくいかなくなることもあります。

その時、がんばってやっていることが好きでもなかったこと、やりたくもなかったことだと気づくのですが、すでに無理のしすぎがたたっている。

いつ、なにが始まったのか、読んでいても分かりにくい。本人にはさぞわからないでしょう。

身体が心に抵抗する?

境目がハッキリしないのは「症状の時期」だけではありません。「症状そのもの」も、問題になっているのは心なのか体なのか、実例はこれほどにハッキリしないのかと驚かされます。

たとえば脳と心臓はつながっていて、自分で心拍を計りながら仕事を始めてみて驚いたのですが、私の心拍数は文章が佳境に乗ってきたか、終わりごろなのかで、ずいぶん違います。

この場合、頭が興奮したから心拍を速めたのでしょうが、心拍が速まるとそれに頭が気づいてしまうし、佳境に乗れば指の動きも速度を増します。

心と体、とはいいますが、脳だって体です。『うつヌケ』の症状はいちいち様々ではありますが、共通していると思えるのは、身心のシステムが、状況に対応しきれなくなっている。主に脳が、といっていいでしょうが、キャパオーバーなのです。

仕事はそもそも最初から過剰に近い。「無理をすればこのくらいはやれる」というレベルまで来ています。かなりいい状態で、他にやることがなくて、そのへんが限界でしょう。それも限界を超えていないという意味ではありません。

自動車の急ブレーキの件と似ています。時速40㎞でブレーキをかけても、車が停止するまで十数メートル走ってしまうというヤツです。ただし「道路が乾燥していて、ブレーキ、タイヤとも好条件の場合」という文章を読んだ人は多いでしょう。

雨天時には「水膜現象」がうんぬんと習ったと思いますが、雨天時に高速道路を走っている車を見ていると、恐怖を覚えます。自分もああいう「水上モーター」のようになっているに違いなく、しかもそうは感じないからです。

そんなに危険な速度で走っているつもりはないというのと、そんなにムリをしているつもりはないというのは、実際よく似ていると感じるわけです。

この「限界に挑戦」している真っ最中に、他のことをいっさいやらかしていなければ、大丈夫かもしれません。

でも現実には「限界に挑戦」しながら、風邪をひいてみたり、家族とトラブルを起こしてみたり、徹夜してみたりするわけです。お酒を飲み過ぎてみたり、子どものインフルエンザのめんどうをみてみたりします。そのうえに、自分を自分で嫌ってみたりもします。その上で毎日なぜかブログを更新したりもします。

「心が弱い」というのはどういう評価なのか? 私には、身体(脳を含む)そのものにダメージを与えつづけておきながら、それを身心(脳と神経)のシステムで補おうとして、やりきれなくなっているという印象です。これだと、たとえ「うつ」にならなくても、何らかの兆候が現れるはずです。

ここまで読んで気になった方は、『うつヌケ』に目を通しておいてください。

» うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)[Kindle版]


▼編集後記:
佐々木正悟



2月25日 第3回ライフハック@横浜

今回は、WorkFlowyをテーマに、ゲストの方によるレクチャーを予定しています。
みなとみらいのこぢんまりした会場での少人数制ワークショップイベントです。
ご都合よろしければご検討ください。




▼「意志力のマネジメント」の新着エントリー

» 「意志力のマネジメント」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

04月08日(土) 残業ゼロのタスクシュート入門

タスクカフェ
今回のテーマは、

残業ゼロのタスクシュート入門

です。

今回は、特別講師として、TaskChuteを活用することで、実際に残業ゼロを実現し、その後も継続して定時で退社している現役会社員の滝川徹さんをお招きし、「残業ゼロのタスクシュート」と題して、実体験を交えた実践的な「タスクシュート活用法」を解説いただきます。

フリーランスの佐々木正悟や大橋悦夫とは違った、会社員ならではの活用法をお伝えできると思いますので、タスクシュート(TaskChute・たすくま・TaskChute Cloud)をすでにお使いの方はもちろん、導入を検討中の方もぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る