up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 今年「やらない」ことを決めるための12の問い






大橋悦夫「やらないことを決める」というのはあちこちで繰り返し言われていることですし、このブログでも「しないことリスト」の効用など、似たような話を書いてきていますが、大事なのでまた書きます。

そもそも「やらないことを決める」のは、そうすることで、おのずとノイズが取り除かれて、本来すべきことに集中できるようになる、という狙いがあるのだと考えられます。

そうなると、次に気になるのは、どうすれば「やらないこと」を効率よく効果的に決められるのか、ではないでしょうか。

何かを「やらない」と決める上でやらない方がいいことは何なのか、というわけです。

結論から言うと、それは、

  • 「何をやらないようにすればいいかなぁ~?」と漠然と考え始める

です。

これは、先人たちの努力の結晶ともいえる「公式」を使わずに、イチから計算をし始めるようなもので、効率も効果も未知数、ということになってしまいます。

そんな便利な公式なんてあるのか、と思われるかもしれませんが、少なくともイチから考えるよりはベターな、先人によるリストがありますのでご紹介。

Ads

今年「やらない」ことを決めるための12の問い

7年前の今日(2006/01/07)書かれた Your 2006 Strategic Plan — 12 Areas Where You Can Say “No” という記事が出典です。

「ノー」と言えるようになることが最も戦略的な意志決定である、ということで12の問いが紹介されています。

ちなみに、「戦略」とは「味方に一方的に有利、敵に一方的に不利になる基本思想」である、という明快な定義を意外な本から最近学んだところです(詳しくは編集後記にて)。

つまり、一方的な勝利をものにするためのリスト、というわけです。

では行ってみましょう。

1.今年はどの構想・プロジェクト・活動をやらないことにしますか?
 (What strategies, initiatives and activities will you say “no” to?)

2.今年はどの指標をチェック対象外にしますか?
 (What measurements will you ignore?)

3.今年はどんな顧客を相手にしないことにしますか?
 (What customers will you not target?)

4.今年はどんな人とつきあわないことにしますか?
 (What people will you not keep?)

5.今年はどんなライバルと競わないことにしますか?
 (What competitors will you not follow?)

6.今年はウェブサイト(ブログ)から何を取り除きますか?
 (What will you remove from your web site?)

7.今年は何にお金を使わないようにしますか?
 (What money will you not spend?)

8.今年はどんな集まりに参加しないようにしますか?
 (What meetings will you decline?)

9.今年はどんな旅行を避けるようにしますか?
 (What trips will you not make?)

10.今年はどんな(プレゼンテーション)スライドを作らないようにしますか?
 (What slides will you not create?)

11.今年は何を言わないようにしますか?
 (What will you not say?)

12.今年はどんなことを考えないようにしますか?
 (What thoughts will you not entertain?)

古い水路をつぶす

※以下は5年前の今日書いた内容ですが、今でも重要だと考えますので、締めくくりにかえて再掲します。

計画も大事ですが、それ以上に大事にしたいもの、それは自分の意志

古来より「意志あるところに道は拓ける」といわれていますが、計画が“水路”なら、意志はそこを流れる“水”といえます。

うまくいかない原因の多くは、水路の不備ではなく、単なる水不足でしょう。水路にたどり着く前に水がなくなってしまうのです。

新しい水路に水を引いてくるためには、次のいずれかのアプローチが必要です。

  1. 源流の水の量を増やす
  2. 古い水路をつぶす

水が豊富にあれば、すなわち「やる気満々」であれば、勢いで前進することもできるでしょう。でも、いつまでも“水圧”を高く保っていられるものではありません。

そこで、余計なところに水が流れていかないように、古い水路はつぶしておくことが必要になってきます。

「やらないことを決める」ことがまさにこれ。

新しい水路、すなわち計画をいかに立てるかは、古い水路をつぶしてから考える問題なのです。

 

合わせて読みたい:

古い水路をつぶすためのヒントが得られる一冊。


関連エントリー:

まず、今年やらないことを決める 
続く習慣を作るための初期設定 
「しないことリスト」の効用 
自分を奮い立たせる目標を設定するための4つの問い 
今やろうとしていることは、真に「インパクト」のあることか? 

 

▼編集後記:
大橋悦夫



本文で言及した「意外な本」ですが、Kindleでこれまでに読んだ中でベストな一冊となりました。

単なる文章術の本ではなく、どうすればターゲットとなる人(誰にでもではなく)に読んでもらえる文章を「Webで」書けるかについて、その考え方と具体的な技術を解説しています。

「Webで」というところがポイント。

Web上のコンテンツを最初に読むのはおそらく人間ではありません。Googleが検索インデックス作成用に動かしているロボットだったり、ページの更新を確認に来るRSSリーダーだったりします。

そこで本書では、Webライティングを「Webに特化したライティング」と定義します。

すでにWebライティングに関する書籍は多くありますが、「Web」と付いているのに従来の作文技法から一歩も抜け出していない本も見かけます。人に読んでもらうための「ライティング」をベースに、機械にも読ませるためのテクニックが「Webライティング」です

Googleのアルゴリズムが変更され、コンテンツの面白さがますます重視されています。といっても、Googleのアルゴリズムは面白さを理解できません。同じサイトのほかのページと比べた直帰率、似たサイズのコンテンツと比べたときの閲覧時間、FacebookやTwitterでの拡散度合いなど、さまざまな指標を組み合わせることで、面白さを評価しているはずです。

したがって、人間相手に文章を作るライティングのテクニックはWebでも有効です。

一方で、たったいまどんなキーワードの検索数が多いのかがわかるツールの存在、検索結果の見出しは最大35文字しか表示されないといったWebならではの制約事項は、「ライティング」とは別の「Webライティング」というテクニックを生み出しました。

これまでのテクニックも大事だけど、WebにはWebのやり方もあるよね、というのが本書の立場です。(p.15)

さほど期待せずに読み始めたのですが、「Webで!」「伝える!」という2つのポイントに徹底的にこだわって作り込まれており、結晶化された技術の数々には大いに驚かされました。紹介されている文例も「なるほど、確かにこういう書き方は人気記事でよく見かけるな…」とうなずくものばかり。

以下は個人的にグッと来たトピックです。

  • 完成度より共感性
  • 強いメッセージより会話できるメッセージ
  • 起承転結の「転」を量産する方法
  • Amazonも実践しているプレスリリースを先に書いてからマニュアルを作る手法
  • 高いクリック率が期待できる「SEO見出し」の決め方と書き方
  • 目的に応じて3種類の見出しを使い分ける
  • Facebook運用にも使える見出しパターン
  • 結論から先に書く書き方が必ずしもベストではない理由
  • 無駄のない文章を書くための順次圧縮テクニック

デザインも重要ですが、検索エンジンやソーシャルメディアでロボットや人から評価されるのは文章です。今後、文章で身を立てて行こうとするなら、「Webライティング」は欠かせないサバイバル技術となるでしょう。

文章の書き方を根本的に見直さなくては…と良い意味で追い込まれた一冊です。

僕の今年やらないことの1つは「これまで慣れ親しんできた書き方で文章を書く」となりました。



打ち合わせ先から直帰するのを「やめる」





▼「発記」の新着エントリー

» 「発記」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る