ポモドーロっていうなんか楽しそうな名前のテクニックを試したらなんかすごかった

五藤隆介
つい先週、カフェーだと仕事がはかどるとか書きましたが、早くも「慣れ」が生じてきて、だんだんサボりがちになって参りました。だいたい何をやってみてもサボる事を考えてしまうワタクシですので、ある意味当然の流れなのかもしれません。

根性でどうにかしろ、とか言われてどうにかできるような人間でないので、なんか仕組みを考えてみて、サボらないようにしてやるしかないわけです。

そこで新しく覚えたのが「ポモドーロテクニック」という技。

なんだかとても語呂がいいです。

ポモドーロって言葉に惹かれて、ちょっとこの「技」を試してみたら、これまたなんだか想像以上の効果があったので軽くご紹介いたします。

ポモドーロテクニックとは

25分頑張って、5分休憩する。これを何回かやったら、もう少し休憩する。そんだけです。もっと難しい仕組みは色々あるみたいですが、基本的にそれだけです。

25分+5分の1セットのがんばりを「1ポモドーロ」3回やったら3ポモドーロ。

ふぅ、今日は10ポモやってやったぜ、とかたくさん働けた感を味わって満足する仕組みです。

大げさに名前が付いてますが、言ってみればタイマーで時間を区切って集中力を高めてやろうという、本当にただそれだけの仕組みです。

アナログな「キッチンタイマー」を使うのが「王道」みたいです。私はキッチンタイマー持ってませんけど。

なんかすっげーはかどった

「仕組み」として難しいものでも何でもないので、とりあえず試してみました。最初はiPhoneに付いてる「時計」の機能で25分をカウントダウンして試してみました。

けっこうはかどった。

意外でした。

そして、せっかくなのでもっと「それっぽい」やり方にしてみようと、ポモドーロ専用のiPhoneアプリをダウンロードして試してみました。

とりあえず初心者なので、無料のアプリを使いました。

Pomodoro Time Management Lite 2.0App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料
更新: 2011/02/04


Pomodoro Time Management 2.0App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥230
更新: 2011/02/03


すっげーはかどった。ていうか25分過ぎるのすっげーーー早い!!!

すっげー意外でした。

カチカチ音がするのが意外に集中出来る

なにこれすげーよ。カフェーもいいけど、ポモドーロもすっげーいいよ。ていうかカフェーとポモドーロ組み合わせたらめちゃくちゃすげーよ。

という事で、なんでポモドーロすげーのかよく考えてみたら、その一つが「カチカチ音」

大抵の「ポモドーロツール」は、25分のカウントダウンをする際にカチカチ音がなるようになっています。普通に考えたらこの音はうっとうしいだけなのですが、なんだかこの「音」ですっげー集中出来る。オレ今集中して頑張ってるんだぜって気分を満喫出来る。

たったこれだけ。本当にこれだけのくせに、ちょー効果ある。

残り時間が見られるのもとても良い

そしてもう一つ大きいのが「残り時間の表示」

ふと手元の「ポモドーロタイマー」に目をやると、あと何分、という時間が表示されています。私の場合、最初の10分くらいで飽きてきて「あーもうサボりたいわ」って気分になるのですが、時間を見てみると「残り15分」とか表示されてる。

あと15分、か。。。とりあえずそのくらいなら頑張ってやろうじゃないか。あと15分頑張って「1ポモドーロ完了!」とか(心の中で)叫んでやろうじゃないか。

そんな気分を味わえます。

ていうか25分過ぎるのすっげーーー早い!!!

成果がわかりやすくて見通しも立てられるようになってくる

今時の仕事って「こんだけの時間動いたら完了」とかそういうのが少なくて、なにをどこまでやったらいいのかよくわかりません。

「働いた!オレ偉い!」って達成感が非常に得られにくい。

ポモドーロがすごいのは、今日は10ポモドーロやった!とかそういった目に見える形で「結果」が出しやすい。ただの自己満足と言われてしまったらそれまでなんですが、ただの自己満足はモチベーション維持のために結構重要。

そして、ポモドーロに慣れてくれば慣れてくるほど、今日はこれとこれをやって、だいたい何ポモドーロで完了出来るな。てことはだいたいこのくらいで仕事完了なワケだ。っていう見通しも立てやすい。

もっと言えば、その見通しで終わらせられるように、わりと頑張れる。

うん、これはなんかすごい。やっぱり「技」はシンプルであればあるほど試してみるのが簡単。そして、効果が上がれば気に入ってもっと突き詰めていける。

まとめ

今時の一般的な環境では「25分間まったく邪魔が入らずスムーズに仕事が出来る」というのは難しい事です。とは言え、どういう場面でもいいので一回試してみる事くらいはきっと出来るのではないかなぁと思います。

もっとポモドーロを極めていくと「割り込み」があったらどうしたらいいのか、とか、ゼンゼン集中出来ないときにはどうしたらいいのか、とかそういう技もあったりするので、ポモドーロすげーって思えたらそんな技も覚えてみるといいかもしれません。

ひとまず25分+5分、出来ればカチカチ音が鳴っているのを聞きながら(イヤフォンとかでも良い)試してみると、きっとポモドーロすげーって実感できるのではないかと思います。

▼今週の一冊:

「ポモドーロ」について色々詳しく書かれた本です。本とか何も読まずに試してみて、ちょーすげーって感動して、つい本まで買ってしまいました。

そして、今調べたら佐々木正悟さんが既にシゴタノ!で書いてたんですね。

シゴタノ! —    ポモドーロテクニックとは何か?

ゼンゼンキオクニナカッタヨ

▼編集後記:
五藤隆介
 この記事もポモドーロテクニックを使って集中して書いてみました。

いつか、1ポモドーロでシゴタノ記事を書き上げてしまえるようになるのが目標であります。


▼五藤隆介:
デジタル&シンプルライフLove。デジタルを最大限活用して「めんどくさくない」シンプルな生活を目指す。goryugo.comの中の人。

PR