up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > コーヒーを飲みながら仕事しない






佐々木正悟 先日たまたま、Skypeで大橋さんと他1名、計3人で話していたときにこの話をしたら、私が驚くほど驚かれたため、書くことにしました。ちなみに3人であることを断ったのは、大橋さんだけが驚いたわけではなかったことから、一般的には驚くべき話なのかもしれない、と思ったからです。

私は表題のとおり、コーヒーを飲む時間と、仕事をする時間をハッキリ分けていて、コーヒー飲みながらiPhoneもみないようにしているくらいで、まして仕事場にコーヒー他、飲食物は持ち込まないようにしています。仕事場といっても自宅の書斎に過ぎませんが。

飲食しながら仕事をするのって、マルチタスクだと思うのです。

時間によほど追われていると自分で判断するのでない限り、マルチタスクは極端なまでに避けています。べつにできないわけではありませんが、マルチタスクによる時間の節約というのは、思うほど効果がなく、しばしば時間がかえってムダになり、しかも経験が薄められてしまうと思うからです。

Ads

マルチタスクを極限まで減らす

経験が薄められるというのは、仕事ならべつにいいと思う人もいるでしょうが、コーヒーはもったいない気がします。私は今、原則としては1日1杯まで、多くて2杯までにしているため、仕事に気を取られているうちに飲み干してしまうことに我慢できないのです。

ちなみに、運転中にもコーヒーは飲まないことにしています。危険性がないわけでないため、コーヒーに集中できないのがイヤなのです。

私はマルチタスクというものが、どこから見ても、集中には良くないという気がしています。集中というのは結局のところ、1度に1つのことに必要な注意力がちょうどよく用いられている状態です。やる気がありすぎても少なすぎてもいけないので、仕事中に、仕事以外のこともすると、この原則を好んで崩すことになると思うのです。

ちなみに私は、音楽も聴きませんし、目の前にはほとんど何もない状態で仕事をします。ひたすら打っているこの文章だけが見えるだけです。水を飲むことすらありません。水を飲むなら、一度休憩を入れます。

繰り返しになりますが、なにか発達障害的なことのために、マルチタスクが苦手だとかいうことはありません。しかしできれば電車の移動中に仕事をしたくはないですし、お風呂に入ってものを読んだりもしません。行為そのものだけにもっともちょうどいいエネルギーを、その行為だけに使うのが、いちばん理想的だという気がするのです。個人的な考えですが。

泳ぐことに似ている

このことに関連して思い出したのは、私は文章を書くということは、泳ぐことに似ていると感じています。泳いでいるとき、飲食はできませんし、音楽も、いまは可能かもしれませんが、聞けないものです。また、移動中に泳いだりもしないでしょう。泳ぐというのは、ある意味ではきわめて単調なもので、少し沈み、少し浮き、息つぎ、こいで進む。ただひたすらにその繰り返しです。

その時にいちばん気をつけていることがあるとすれば(ほぼ無意識になりますが)呼吸のリズムでしょう。というよりも、やることはそれがすべて、という感じになります。文章を書くときには文章を書くことしかしないといって、息はしているだろう、それはマルチタスクではないのかと問い詰める人もあるかも知れませんが、むしろ、泳ぐということは息をすることと私の中ではほぼイコールで、文章を書くこともそれと似てくるのです。

▼編集後記:
佐々木正悟



» 10月21日 第3回 横浜ライフハック実験室(神奈川県)

3回目の横浜ライフハックは、いろいろあって10月になりました。

まだけっこう先なので、予定など決まらないとは思いますが、ご興味合ったらご検討いただければ幸いです。
ちなみに、参加費はこの会から2000円に値下げしました!




▼「意志力のマネジメント」の新着エントリー

» 「意志力のマネジメント」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

10月07日(土) タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

タスクカフェ
今回のテーマは、

タスクシュート入門II:使途不明時間の記録を未来に活かす

です。

タスクシュート方式のタスク管理の基本について、何回かに分けて解説していきます。

第2回目のテーマは「使途不明時間こそ記録に残す、その理由」です。

家計簿をつけることで、お金の出入りに注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果としてお金が失われにくく、そして増えやすくなります。

同様に、使った時間の記録をつけることで、時間の使途に注意が向くようになり、大事に使うようになり、結果として豊かな時間が過ごせるようになります。

紙幣や硬貨といった形で目に見えるお金に比べると、時間は形を持っていないために、記録のハードルはより高いと言えます。

いまこの瞬間も時間は過ぎていくことを考えると、なおさらでしょう。

勢い、中身のある記録だけを残したい、中身のない記録は無かったことにしたい、という衝動に駆られるかもしれません。

でも、むしろ一見すると中身のない記録のように思える「使途不明時間」の記録こそ、真に残す価値のある記録なのです。

なぜか?

↓続きはこちらからどうぞ。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る