紙をはさんで簡単撮影きれいに保存「SHOT DOCS ハードホルダー」

SHOTDOCSハードホルダー

海老名久美ドキュメントスキャナーもフラットベッドスキャナーも持っていますが、紙類をiPhoneで撮影するということもよくやります。

iPhone 5の優秀なカメラと、スキャナーアプリを使って撮影するのですが、ほとんどの場合、保存したい部分を手動で指定する必要があったり、コントラストを調整する必要があったりします。

また、レシートなどのカールしている紙は、机の上に平らに置くのは難しいため、テープで机に貼り付けることもあります。

しかし、キングジムから発売されているSHOT DOCSシリーズのハードホルダーを使えば、紙をホルダーにサッとはさんで、専用アプリを使って撮影するだけで、必要な部分を自動的に認識してシャッターを切ってくれるので、簡単にきれいに保存することができます。


SHOT DOCS

無料
(2014.09.08時点)
posted with ポチレバ


解体したくない薄い冊子の撮影に重宝

SHOT DOCS ハードホルダーを購入したときには、1枚ずつバラバラになっている紙のみを、ホルダーにはさんで撮影することを考えていました。

ところが、薄い冊子(A4サイズの紙を二つ折りにし、中央をステープラーで留めてある12ページの冊子)をもらったときに、冊子をバラさずに、すべてのページをきれいに撮影して保存したいと思い、SHOT DOCS ハードホルダーを使ってみたところ、思いのほかきれいに撮影でき、一人で喜びの声をあげていました。

このような冊子は、普通に開いて机に広げると、中央から外側に向かって若干反り返ってしまいます。

しかし、SHOT DOCS ハードホルダーにはさむと、反りもなく、ピシッと開いていてくれます。
A4用紙3枚分の厚みなので、ホルダーが膨らむこともありません。

専用アプリで撮影すれば、自動的に紙のサイズを検出して、シャッターまで切ってくれます。
よけいな手間がかかりません。

SHOTDOCSアプリ

専用アプリからEvernote、Dropbox、Google Driveに保存

SHOT DOCSシリーズと一緒に使う専用アプリは、iPhone版とAndroid版が用意されています。

アプリ内から、Evernote、Dropbox、Google Driveに保存することができるのも便利です。
複数の画像を選択して、まとめて保存することもできます。

ただし、複数の画像をPDF化する機能はないので、たとえば、画像をEvernoteに保存すると1画像1ノートとして保存されます。

この点については、今後のアップデートで対応してくれることを期待しています。

SHOTDOCSアプリ2
(Google Driveのアカウントの設定をしていないため、メニューに出てきていません)



「スキャナーは必要ない」「わざわざスキャナーを使うのは面倒くさい」でも、スマートフォンで書類を持ち歩きたいという人に、SHOT DOCS ハードホルダーはぴったりの道具だと思います。


▼編集後記:
海老名久美



ScanSnap iX500のおかげで、スキャナーを使うことがだいぶ楽になりましたが、ADFに通せない紙類を簡単にきれいに残す方法を模索していました。SHOT DOCS ハードホルダーは赤と黒の2色を買ってみましたが、1つでもあれば重宝するでしょう。



▼海老名久美:
フィーリング重視のガジェッターでライターで翻訳者。「シゴトに美味しいスパイスを」中の人。

PR