up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 「仕事を楽しくする」とは?




このブログの目的は、ブログのタイトルの通り「仕事を楽しくする」ことです。

「楽しくする」には実は2つの意味を込めています。

1.仕事を楽しいものにする(=変える;make it enjoyable)
2.楽しく仕事をする(=取り組む;do it enjoyablly)

楽しくない仕事を楽しいものに変える(=仕事を変える)ことと楽しく仕事に取り組む(=自分を変える)という2つです。

そもそも楽しくないものを「楽しい!」と思えるようにするには、仕事を変える(例えば、異動、転職、独立など)しかありません。でも、そんなに大げさなことをしなくても、仕事に対する自分の見方や姿勢を変えることで、相対的に仕事を変えることができます。つまり、自分を変えるわけです(例えば、そもそも自分はどうしてこの仕事に就いたのかを考えるなど)。

昨日、「仕事を楽しくしたいのにうまくできない」という問題に対して考えられる理由をいくつか挙げ、そのうえでその共通点として以下のようなことを書きました。

それは、「仕事を思うようにできない」という共通点です。ということは、自分の思うようにできれば、仕事が楽しくなるのではないでしょうか。

仕事には3つの成熟過程があると考えています。

1.最初は右往左往の試行錯誤
2.慣れてくるに従って、迷うことが少なくなりスピードも品質もアップ
3.だんだん飽きてきてやる気も能率もダウン

この中で3の「慣れ」にともなう「飽き」こそが、最初は楽しかったはずの仕事を楽しくなく(≒つまらなく)させている原因であると考えたわけです。

この「飽き」というメカニズムには「ロボット」が関わっているというのが昨日の主旨でした。そしてこの「ロボット」を、その本来の役割を損なうことなく、「飽き」をいかに併発させないようにするかがカギになりそうだ、と思い至ったのでした。

“仕事に慣れる”とは、その仕事の手順についていちいち考えなくても機械的に処理できるようになる状態、と言えるでしょう。手順の確認は「ロボット」により自動化され、本人はもっと別のことに頭を使うことができます。

でも、そうなると1つ問題が出てきます。

Ads

それは「なぜ自分はこの仕事をやっているのか?」というそもそもの目的が薄れてしまいがちであることです。右から来た書類に対して一定のルールに従って内容をチェックしたり必要事項を追記したうえで左に回す、という定型化された作業があるとき、その目的がどんなものであるかということは実は念頭になくても作業を行う上で支障はありません。

つまり手順さえ間違っていなければ、誰がやっても目的通りのアウトプットを出すことができるわけです。仕事が「決められたとおりにやれば、決められたとおりの結果が出てくる」という関数(function)として結晶化している状態です。

これは効率をアップさせるうえでは望ましい状態ではあるのですが、多くの場合、仕事は効率だけでは十分ではありません。

ところで、コンピュータ・プログラミングの世界では実現したい機能をいくつかの小さな機能に分解し、その1つ1つを関数として定義していきます。プログラムは、関数の集まりで構成されています。例えば、足し算をする関数、足し算をした結果を画面に表示する関数、ユーザーの入力を受け付ける関数など、1つ1つは非常にシンプルでありながら、それらが意図的・有機的に組み合わされることによって、大きな目的を達成するプログラムになるわけです。

1つ1つの関数は全体の目的を知らなくても、自分の関数としての役割(例えば、足し算をする)さえ果たせればプログラム全体の実行には支障はありません。逆にその役割をまっとうできないと、即座に全体に影響を及ぼします。

仕事が結晶化している状態は、人がプログラムと化した状態と言えます。全体の目的を意識しなくても自分の目の前のことさえやっていれば、仕事として成り立つ、ように見える状態です(実際に成り立っているかどうか、結晶は一切関知しません)。

とはいえ、人とコンピュータの決定的な違いは、ある1つのことをしているときでも別のことを意識したり考えたりすることができる点です。そして、興味深いのは、ある1つのことをしながら「楽しい!」と思うこともできれば「ツライ…」とか「面倒?」と感じることもできるところです。

人がコンピュータに勝てるとしたらこの部分でしょう。つまり、仕事を楽しくすることができるのです。

このブログもだんだん「ロボット」に支配されつつあるので、改めて目的を再確認してみました。

追記:2006/05/07(土) ご紹介ありがとうございます。



▼「シゴタノ!」の新着エントリー

» 「シゴタノ!」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る