up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > どうやったら子どもをクラシック好きにさせられるのか? というビジネスから学んだこと






佐々木正悟 「わが子を音楽好きにさせたい!」と、お考えの親御さんは、きっと多いのでしょう。「そんな事するもんでねーよ」とあっさり切り捨てず、少しばかりお付きあい下さい。

先日「音楽の絵本」という、見ようによってはシュールなコンサートを鑑賞しながら考えました。

» 音楽の絵本

音楽の絵本

www.superkids.co.jp


ライオン、マレーバク、スマトラトラ、ツルウサギ、などの「かぶり物」で粉飾した演奏家たちによる、子ども向けのクラシック風・コンサート。

思いついてしまえばどうってことないアイディアというものほど、思いつかずに地団駄踏むものです。

Ads

つくづくよくできているなと思ったポイント

私が行ったコンサートも、超満員ではなかったものの、大盛況でした。「私の行った」とは言え、聴きにいったのは娘(7)であり、でもお金を出したのは私です。聴きに行かせたかったのは妻。つまりそういうことなのです。

つくづくよくできているなと思ったのは、次のようなポイント。

  • 演奏家として奏者が超一流とは言えなくても、そんな事は問題ではない
  • 芸もする奏者は「芸人」として一流とも言えなくても、そんな事も問題ではない。子どもにウケればいいのであり、げんにウケていた
  • 奏者はいっさいしゃべらない。その点「動物のかぶりもの」は無表情なのがかえっていい。私にシュールに映ったのはこの点
  • 普通のクラシック・コンサートは拍手(と「ブラボー!!」)以外はしんと静まりかえった中で聴くというマナーがあって、未就学児連れはそこが難しいが、このコンサートでは未就学児が泣きまくっても問題ない
  • 親自身はクラシックに興味がなかったとしても子育ての息抜きにはなるし、子ども向けの曲目なのでそれほど退屈もしない。それでいて何か「子どもの教育」をしている気にもなれる(お金の支払いがしやすい)。もちろん親がクラシック好きなら言うことなし
  • 子どもがもう一度行きたがれば、その家は「家族がリピーター」(時におじいちゃんおばあちゃん連れで)になり得る
  • 親が「この子がもっと大きくなる(音楽好きになる)まで連れて行こう」とする限り、その家は「家族がリピーター」になり得る
  • 「楽団」としての規模が小さくても成立する(たとえばバイオリンが第1第2の計2人でも成り立つ。トランペットの音にかき消されるレベルだが、あまり問題ではない)ので、主宰のコストが抑えられる

他にも、かぶり物の動物をかたどったお人形さんを収入源にしたり、もちろんCDを販売することもできるわけです。何から何まで好意的に、自然にお支払いしやすいサービスにできていて、アイディアの勝利だと痛感しました。支払いをしながら。

誰が最初に経験したいサービスで、誰が引き続き経験したいサービスで、誰が何のために費用を持つのか。考えれば考えるほど唸らされるというわけで、「遊び」というものにまだまだ「余地」を予感します。

よくいわれることではあるのですが、代金を支払う人と、サービスを受けたい人が、常に一致していなくてもいいわけです。

しかもしばしば、2度目以後にサービスを受けたい人と、1番最初にサービスを受けたい人とが、一致していなくても、いいのです。




▼「発記」の新着エントリー

» 「発記」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る