up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > かつて没頭していたゲームのBGMを聴くことで仕事に集中しやすくなる






大橋悦夫最近は仕事中にゲーム音楽を聴くことが多いです。なぜか作業に没頭できるからです。きっと、ゲームに没頭していたときの記憶がゲーム音楽とリンクしているために、ゲーム音楽を聴くことで「没頭モード」が再現されるからでしょう。過去にやりこんだゲームがあるなら、そのゲーム音楽を探してみることをおすすめします。

僕がゲームに夢中になっていたのは中学時代です。西暦でいうと1986年~1988年。

印象に残っているゲームはすぐに2,3思い浮かぶのですが、ほかにももっといろいろなゲームで遊んでいたはずなのに、ゲームタイトルがぜんぜん思い出せません。

そこで、ウィキペディアを渉猟していたら以下のようなページを見つけました。

これらのリストを上から順にチェックすることで、自分に馴染みのあるゲームはだいたい思い出すことができました。

Ads

プレイしていたゲームは“同級生”に似ている

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』という本の中に以下のようなくだりがあります。

友だちは、小学校・中学校・高校(幼稚園や大学でもいいけど)の同級生の間でしか結ばれないきわめて特殊な人間関係だ。学年がひとつちがうだけで、先輩や後輩と呼ばれるようになり、純粋な友情は成立しなくなる。

さらに友だちには、世代ごとに切り分けられ、互いに交じり合うことがないという、もうひとつの際立った特徴がある、中学校に進んで新しい友だち関係ができても、ふつうは小学校の友だちを紹介したりしない。

ふだんは意識していないけれど、ぼくたちはみんな、友だちのこうした排他性に気づいている。『20世紀少年』の物語には、秘密基地で遊んだ小学校の同級生以外の、“別の”友だちは出てきてはいけないのだ。(p.111)

プレイしていたゲームというのはまさにこの“同級生”の感覚に酷似しています。

先ほどの一覧を眺めていて、馴染みのあるゲームタイトルが目に留まるや、「あ、このゲームはやってた!」と一瞬にして記憶が蘇り、脳内でそのゲーム音楽が流れ始め、キャラクターを操作していた、あの確かな感覚がフッと立ち上がってきます。

ちょうど、同窓会で何十年ぶりに再会した級友の顔を見て、当時の思い出がまざまざと思い出される感覚によく似ています。

一方で、同学年でもクラスが違えば他人です。

ゲームタイトルを眺めながら、名前は知っていてもプレイしたことのないゲームは、まさに別のクラスにいた感じなのです。「あー、名前は知ってるけど…やったことはないな」と。

» 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫)[Kindle版]


“同級生”たち

ちなみに、僕がピックアップした“同級生”たちは以下の通り(カッコ内は当時の制作会社名)。アーケードゲーム(ゲームセンターのゲーム)が多いですが、その後にファミコンに移植されたものも多いですね。

1983年

  • ゼビウス(ナムコ)
  • マッピー(ナムコ)

1984年

  • 1942(カプコン)
  • ソンソン(カプコン)
  • ギャプラス(ナムコ)
  • スーパーゼビウス(ナムコ)
  • ドルアーガの塔(ナムコ)
  • パックランド(ナムコ)

1985年

  • 魔界村(カプコン)
  • グラディウス(コナミ)
  • ツインビー(コナミ)
  • タイムギャル(タイトー)
  • スカイキッド(ナムコ)
  • ディグダグII(ナムコ)

1986年

  • ドラゴンクエスト(エニックス)
  • サイドアーム(カプコン)
  • 恋のホットロック(コナミ)
  • 沙羅曼陀(コナミ)
  • 特殊部隊ジャッカル(コナミ)
  • WECル・マン24(コナミ)
  • アウトラン(セガ)
  • カルテット(セガ)
  • ファンタジーゾーン(セガ)
  • アルカノイド(タイトー)
  • ダライアス(タイトー)
  • ハレーズコメット(タイトー)
  • バブルボブル(タイトー)
  • 源平討魔伝(ナムコ)

1987年

  • ドラゴンクエストII(エニックス)
  • 1943(カプコン)
  • ストリートファイター(カプコン)
  • A-JAX(コナミ)
  • 魂斗羅(コナミ)
  • アフターバーナー(セガ)
  • エイリアンシンドローム(セガ)
  • 究極タイガー(タイトー)
  • ニンジャウォーリアーズ(タイトー)
  • 飛翔鮫(タイトー)
  • ラスタンサーガ(タイトー)
  • レインボーアイランド(タイトー)
  • ドラゴンスピリット(ナムコ)
  • 妖怪道中記(ナムコ)
  • ワンダーモモ(ナムコ)

1988年

  • ドラゴンクエストIII(エニックス)
  • グラディウスII(コナミ)
  • ギャラクシーフォース(セガ)
  • テトリス(セガ)
  • トップランディング(タイトー)
  • アサルト(ナムコ)
  • スプラッターハウス(ナムコ)
  • 超絶倫人ベラボーマン(ナムコ)


最後に

今回こうして“同窓会”を催したことで、すっかり忘れていた“友人”たちと旧交を温めることができ、久しぶりにその音楽に触れる機会が得られました。

1986年に多くのタイトルが集中していることから、この年が僕にとってのゲームの最盛期だったことが窺い知れます。

ゲームタイトルの発売年を知ることで、「あのゲームをやっていたのは中学2年のときだったのか」などと、記憶の整理が進みます。

そして、深くのめりこんだゲームほど、そのBGMを聴くことによる没頭効果が高いと感じています。

» GAME SOUND LEGEND SERIES コナミ・ゲーム・ミュージック VOL.4 ~A-JAX~


» GRADIUS ULTIMATE COLLECTION


» セガ・ゲーム・ミュージック VOL.1


» セガ・ゲーム・ミュージック VOL.2


» セガ・ゲーム・ミュージック VOL.3


» DARIUS PREMIUM BOX-REBIRTH-(限定盤)


» GAME SOUND LEGENDS SERIESシリーズ「ナムコ・ゲーム・ミュージック VOL.1」


» GAME SOUND LEGENDS SERIES「ナムコ・ゲーム・ミュージック VOL.2」




▼「ゲーム化戦略」の新着エントリー

» 「ゲーム化戦略」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る