up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > あれほどやりたいと思っていたのに、いざそれができる状態になると別のことを始めてしまうのは、なぜか?






大橋悦夫あれほどやりたいと思っていたのに、いざそれができる状態になると、なぜか別のことを始めてしまう。

時間もあるし、必要な資料もそろっているし、やりたいという気持ちも十分にある。

なのに、「いや、その前にまずメールチェックをしておこう」とか「コーヒーを淹れてからにしよう」などと、取りかかるのを先延ばしにするのです。

これは、緊張感が高すぎるからではないかと思います。「やりたい」という気持ちが強すぎるがゆえに、いわゆるアガってしまってエネルギーの出力がうまくコントロールできない状態。

例えば、「今日こそブログを書くぞ!」と意気込んでPCに向かったものの、なぜか手が付かないような場合です。

何としても避けたい結果は「あぁ、結局今日も書けなかった…」という落胆とともに一日を終えること。

代わりに得たい結果は「やった! ちゃんと書けた! うれしい!」という歓喜とともに一日を終えること。

ここで重要なことは、「見通し」です。

Ads

最初に到達点を設定しないと極大値が自動設定されてしまう

これは僕が経験的に感じていることに過ぎないのですが、一日の最初に、あるいはあるタスクを始めるときに、得たい結果を決めなかった場合、脳内では自動的に“規定値”が設定されてしまうようなのです。

その“規定値”は恐ろしいことに「行けるところまで行ってしまおう」あるいは「一気に記録を更新しちゃおう」という、極大値なのです。

意図せずして自らハードルを目いっぱいに引き上げてしまうわけです。

しかも、このハードルは目に見えないので、本人は気づかないのですが、身体は敏感に感知します。それが緊張感を生じさせ、それが「メールチェック」や「コーヒー」への脱線を誘発する、という流れです。

リソースは限られている以上、行けるところにも制限がある

時間や体力や集中力など、一日のうちに使える資源は限られています。

この限られた資源で自分がどれくらいの成果を出せるのかは、昨日と今日とではさほど変わりません。

従って、昨日以前の記録を読み返すことで、「これぐらいなら過不足なくできるはずだ」というほどよい到達点を割り出すことができます。

この到達点が明確になると、「ここまでは必ず到達できる」という見通しが同時に得られるため、あとは自動運転のごとくその日一日を粛々と過ごすことができます。

もちろん、途中で割り込みが入ったり、抗しがたい誘惑に駆られることで脱線することはあるかもしれませんが、そういった脱線に対抗する術を身につけておけば、ある程度は避けることができます。

とにかく、一日の最初に、実績に基づいたほどよい到達点を設定することがすべてだと言っても良いです。

不必要にモチベーションを高める必要もありませんし、気持ちを盛り上げる音楽や香りや環境などもすべて不要です。

見通しさえあれば。

コントロールを手に入れる

結局はコントロールということになるのですが、すべてをコントロールする必要はなく、とにかく一日の最初にその日の到達点を決めて見通しをクリアにするだけで良いのです。

その原理と具体的な方法については『短時間で「完全集中」するメソッド』がおすすめです。わかりやすいイラストが良いです。

  • 勉強をしようとしていたのに掃除を始める
  • 掃除をしなくちゃいけないのに目についた本を読みだす
  • ネットで調べ物を始めたのに気づいたら動画に夢中になっている

こうしたことに覚えがありませんか?

そう、「やろうとした自分の気持ち」をあなた自身があっという間に裏切っです。

そしてさらに、

“未来の「集中する自分」が助けてくれる”

と、思ってしまっているのも問題です。

確かに、〆切で追い詰められたときに、火事場のバカ力が出たということがあると思います。

しかし、それは自分でコントロールしなくてはいけません。これができると人生に大きな差がつきます。

» 短時間で「完全集中」するメソッド[Kindle版]




▼「意志力のマネジメント」の新着エントリー

» 「意志力のマネジメント」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

06月10日(土) 新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ
今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る