up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 仕事の内容に応じて適切な「モード」に切り替える






大橋悦夫クルマがスピードに合わせてギアを切り替えるように、人も取り組む仕事の内容に合わせて切り替えるとうまくいきます。

人にとってのギアにあたるものは「モード」です。これ自体は目に見えないものですが、仕事の内容にフィットしたモードでいるとき、人は高いパフォーマンスを発揮します。

「今日の午前中はなぜか調子がよかった」「午後の会議後に○○をやったらいつもより早く片付いた」といった、偶然良い結果が得られることがありますが、この場合がまさにモードが仕事の内容にフィットしていたときです。

この「偶然」を「必然」に変えることができれば、すなわち必要に応じて必要なモードに切り替えることができれば、仕事はもっと楽に片づけることができるでしょう。

では、具体的にはどうすれば良いか?

Ads

環境とモードの掛け合わせで決まる

僕自身、特定のオフィスを持たず、自宅か出先かのいずれかで仕事をしています。

自宅でしかできない仕事もありますが、カフェや新幹線の車内など、自宅以外のほうがはかどる仕事もあります。

こうした仕事の内容とそれを行うのに適した環境との組み合わせを模索する中で見つけたのが「モード」というものの存在です。

前回うまくいったのと同じ環境に身を置いているのにもかかわらず、前回のようにはうまくいかないことがあります。環境が同じでも、その時々の自分のコンディションや直前に取り組んでいた仕事の内容によって、仕事のパフォーマンスは影響を受けるのです。

つまり、環境に加えて、その時々の自分のコンディションやコンテクストによって決まる「モード」に注意を向ける必要があるわけです。

もちろん、カフェに行けば自宅よりははかどる、という環境単体でも一定の効果はあるでしょう。でも、コンディションに問題があれば、カフェに身を移したところで期待したパフォーマンスは発揮できないかもしれません。

逆にいえば、適切なモードに切り替えられさえすれば、環境が変わらなくてもOKという場合もあります。

まずはモードのコントロール

そう考えると、メインはモードのコントロールであり、このコントロールを助けてくれるのが環境である、といえます。

どんな仕事をどういうタイミングで取り組んだときに望ましい結果が得られたのか、あるいは思うように結果が出せなかったのか、といったことを記録し、ふり返ることで、モードのコントロールができるようになります。

その仕事に取り組んだ時間帯やその前後に行っていた仕事の種類、あるいは事前に準備していたことなど、無意識にやっていたために、改めて記憶をたどってみて初めて気づくこともあるでしょう。

自分の中における「モード」の変化を観察および記録していくことで、イチかバチかの「行き当たりばったりワーク」からラクで楽しい「行き当たりぴったりワーク」に切り替えることができます。

マンガでも解説しています

▼一致団結!


▼お祭り状態…


▼「集中するモード」を習慣化


▼カフェで仕事をするメリット


▼寄り道がポイント


▼この方法、けっこう効きます


▼たったそれだけです


『マンガでわかるスピードハックス』



関連エントリー:

先送りされがちな仕事の傾向と対策 
抱えている懸案事項をすべて書き出すことで得られるメリットとは? 
やる気を引き出すプロジェクト名やタスク名の付け方 
一日の作業をふり返って、再現できない・したくない作業に注目する 



▼「タスク管理」の新着エントリー

» 「タスク管理」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

06月10日(土) 新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ
今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る