GTDで洗い出したタスクをどうするか?



佐々木正悟 GTDといえば、洗い出し。
頭の中の気になることをことごとく、2時間もかけて洗い出します。

話はそれからです。

それからなのですが、この種の話をよくご存じの方は、それからの道のりについてお悩みになるでしょう。

洗い出したあとの、膨大なリスト。

それが問題になるんだよな、と。

つまりまずは、何に書き出すかということが気になってしまうわけです。
何を、何に、どのように書き出すと、ただ書き出しただけ、にならずに済むか?

私だったら「たすくまに!」と迷わず答えるところですが、様々なご事情により

それがちょっと・・・

というかたに、今回のセミナーをお知らせしたいのです。

のみこさんによる、洗い出し+アルファのGTDセミナーです。

のみこさんという人は、ちょっとすっとぼけたところもある(失礼!)、かわいい方です。

これ、けっこう大事です。

洗い出しを楽しく

GTDやらタスク管理というのは、それ自体、別にそれほど面白おかしいものではないのです。

「気になっていることの洗い出しに2時間もかけるくらいなら、家で年末のお笑い番組を2時間見ていた方がましだ!」

と言いたくなるのは、人間としてもっともです。

「GTDとかで、やり残し、先延ばしにしまくってきたもろもろを洗い出すと、いったいどんないいことがあるんですか?」(ああでもやっぱりなんか手を打ったほうがいいよなあ…と思いつつ)

これに対し、たとえば、

「頭の中がスッキリして、前向きな気持ちになって、年初から物事に取り組めるようになりますよ!」

と、のみこさんのような人がコミカルに言うのと、

「頭の中がスッキリして、前向きな気持ちになって、年初から物事に取り組めるようになるんじゃないですか…」

と、私のような中年のおっさんがボソボソというのとでは、取りかかりたくなるモチベーションがぜんぜん違ってくるのです。

言っていることはほとんどまったく同じだとしてもです。

そういうお時間を、年末に設けたいと愚考した次第です。

もちろんそれだけではありません。

  • プロジェクト管理とか
  • いつかやりたいこととか
  • いつかやりたいこととか
  • いつもやれてないこととか
  • (タスクシュートとか)

そういったお話も、お望みとあらばいたします!

でも、意外と「その気になってやれるか?」ということは大事だという話です。


PR