up home page bottom

Add a comment


 


トップ > シゴタノ! > ポメラDM100とFlashAirでEvernoteに直接保存できる


Pomera FlashAir

海老名久美執筆に集中できる入力環境として、以前、ポメラDM100を紹介しました。

» ポメラDM100が執筆に適している5つの理由 

その後の10月15日に、ポメラDM100にWiFi環境をもたらすアップデートがありました。
このアップデートにより、東芝のFalshAirを使ってWiFi経由でEvernoteに投稿できるようになったのです。

FlashAirとは、WiFi機能を内蔵したSDカードで、デジカメに挿入して使用すると、iPhoneなどのデバイスからFlashAirにアクセスして、保存されている画像を取り出すことができるというものです。

よく間違えられますが、画像を自動的に送信するEye-Fiとは機能が異なります。

ちょうど、Eye-Fiが使用できないデジカメ用に買ったものの、デジカメ自体を手放してしまったため、使っていなかったFlashAirが手元にあったので、それを使うことにしました。

私にしてみれば、使い道がなくて埋もれかけていたツールが、大活躍することになったわけです(アップデート手順については、公式サイトを参照してください)。

それから約2週間、使い続けていますが、ますますポメラを手放せなくなりましました。




Ads

いくつもの手間が減った

DM100とFlashAirを今から揃えるとなると、Amazon価格で合わせて3万円弱になるため、新たに買うという人には、気軽にお勧めできる金額ではないのですが、DM100をすでに持っていて、WiFiで簡単にEvernoteに保存できればいいのに・・・と常々思っていた人には、力強くお勧めできるアップデートです。

私の場合、テキストをポメラで書いて、iMacに転送し、画像などと合わせて編集して納品するという流れが多いため、必ず原稿をiMacに転送する必要があります。

DM100には、Bluetooth機能があるので、QRコードに変換しきれない長い原稿は、iMacとBluetoothで接続して、ファイルを取り出していたのですが、ちょっと面倒くさい作業でした。

また、QRコードに変換できる長さの原稿でも、必ず、そこにiPhoneが介在していたわけです。

それが、FlashAirを使ってEvernoteに原稿が保存できるようになったため、ポメラで原稿を書いている場所から移動せずに、原稿をEvernoteに保存できるようになりました。

また、原稿が必ずEvernoteに保存できるため、保存場所の一元化ができるようになったのです。iPhoneを出して、アプリを起動して、QRコードを表示させて、カメラで読み取り、Evernoteに保存するというごちゃごちゃした手順がいらなくなったのは、本当に素晴らしいです。

Pomera Evernote

通信が安定しないことが・・・

ただ、良いことばかりというわけではありません。

FlashAirの通信機能が、決して良いとはいえないからです。基本的には、一度設定した接続先につながるはずなのですが、私の環境(自宅のフレッツ光回線をWiFiルーターに接続している)でさえ、3回に1回程度の割合で「接続できませんでした」とエラーになってしまいます。

何度か接続している内に成功するので、ここは慣れるしかないと思っています。

外出先では、GALAXY NoteのXi回線にテザリングで接続しています。

接続先を変えると、そのたびにパスワードを求められるので、面倒といえば面倒なのですが、通信できなかったことを考えると、そのくらいいいかと思うのです。

通信できないというのと、通信できるけど使わない、のとでは雲泥の差がありますよね。つながらないことがあるといっても、つながることはつながるので、私にとっては、それだけで十分うれしいアップデートだったということです。



▼編集後記:
海老名久美



iPad miniなど適度なサイズのタブレットも続々と発売されていますが、こと執筆に関しては、ブラインドタッチができて気が散らないポメラは、最強のパートナーです。以前は、使おうと思ったときにだけ出していたのですが、最近は机に出しっぱなしにしています。


▼海老名久美:
フィーリング重視のガジェッターでライターで翻訳者。「シゴトに美味しいスパイスを」中の人。

なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?

タスクカフェ
『なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?』(佐々木正悟・著)の内容をベースに、タスクシュート時間術、すなわち仕事を予定どおりに終わらせるための時間管理の考え方とツールを駆使した具体的な方法をお伝えします。

ツールは、以下の2つです。

1.TaskChute(Excel)
2.たすくま(iPhone)

いずれも「タスクシュート時間術」の考え方をもとに設計・開発されていますので、
理論と実践の両方を学んでいただくことで、より効果的に活用できるようになります。

仕事が予定どおりに終わらない、という方はもちろん、
「自由に使える時間をもっと増やしたい!」とお考えの方もぜひご参加ください。


本日時点で、残り4席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 「いつかやりたいこと」を少しでも前に進めたい人のための「タスクカフェ」@池尻大橋

イチオシ本
» これまでのイチオシ本

PR

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読