トップ > シゴタノ! > 大橋 悦夫の記事まとめ

大橋 悦夫の記事まとめ(1471記事)

シゴトを楽しくカスタマイズ。シゴタノ!主宰。

「シュレーディンガーの猫」と「自分の時間の使い方の記録」の関係

最近ふと耳にした「シュレーディンガーの猫」という言葉が気になって調べてみました。軽い気持ちで調べ始めたら、うっかり深い沼でした。それでも、すぐに「あ、これはあちこちにつながる感じがする…」という予感というか直感がありました。この言葉の定義については専門外なのであえて触れませんが、代わりにその予感というか直感について。

脳の基本戦略を出し抜く

脳がより少ないエネルギーで情報を処理しようとする傾向、言ってみれば基本戦略というものを逆手に取りたい、とつねづね考えています。そのために実践していることを書いてみます。

週間ダイジェスト:5月19日(金)~5月25日(木) 新カテゴリ「よりよい眠りのために」を設定しました

「睡眠時間」とか「早起き」といったキーワードで当ブログに訪問いただく機会が多いので、関連記事を「よりよい眠りのために」というカテゴリーにまとめてみました。このカテゴリーの記事を改めて読み返してみたので、エッセンスをまとめてみます。

疲れたときに読んでいるマンガ『妻に恋する66の方法』

疲れたときに読むマンガというものがあります。「よし、読むぞ~」と気合いを入れて読む、あるいは「続きはどうなったんだろう?」と前のめりで読むのとは対極にある、いつ読み始めても、いつ読み終えてもOKな気軽さのあるものです。僕にとって『妻に恋する66の方法』は、そういうサプリメントのような位置づけにあたるマンガです。

やるならとことんやる、それが無理なら一切やらない、というスタンス

昨日の記事で書き忘れたことがあったので補足です。ひと言で言うと、「やると決めたならとことんやる、それが無理なら一切やらない」というスタンスです。 どんなことにでも当てはまるわけではもちろんなく、当てはまるのは「楽しみ」とか「ストレス解消」につながるアクティビティにおいて、です。

まずは「取りかかりのハードル」を下げることに注力する

コンビニで見かけた、とあるポテトチップスのパッケージが気になり、その道のプロに「分析」を持ちかけてみたところ、「分析結果レポート」が上がってきました。その結果から、改めて「取りかかりのハードルを下げること」がすべてだ、と再認識させられました。

仕事をラクに進める上で活用したい3つの「特殊効果」

1980年代に「ネクタリス」という戦闘シミュレーションゲームに夢中になっていました。当時は「PCエンジン」というゲーム機で、20万本売り上げたほどヒット作。僕が夢中になった要因の1つに、戦闘時に考慮に入れるべき3つの特殊効果がありました。これらの効果を最大限に引き出すための戦略の妙味に酔いしれたのです。

続・マーベル映画に学ぶ、「短期集中志向」より「長期継続志向」を選ぶ理由

「長期継続志向」の良いところを確認したうえで、その課題について考えてみます。正解はないものの、ポリシーを持たないわけにもいかない中で、この問題をどのようにとらえればいいのかを。

今年ブログに書いた138本の記事のふり返りから得られたこと、具体的なふり返りの手順もご紹介

2017年1月1日から5月18日までの138日間、このブログで毎日書いた138本の記事をふり返ってみました。具体的なふり返りの手順と、ふり返りから得られたこと、今後の抱負について書いてみます。また、138本の中から選りすぐりの21本の記事リストも末尾に載せていますのでぜひご一読ください。

週間ダイジェスト:5月12日(金)~5月18日(木) 今年書いた138記事をふり返ってみた

今年2017年は、毎日ブログを書くことに決めたので、1月1日から昨日5月18日までの138日間に138本の記事を書きました。138本の記事のうち、実に半分以上の74本が選外という結果になりました。言い換えると、少なくとも一次選考を通過した64本の記事は「これを書こう!」と思えるテーマで書いたということになります。

マーベル映画に学ぶ、「短期集中志向」より「長期継続志向」を選ぶ理由

趣味は「映画反芻」です。一般的には「映画鑑賞」とするところですが、僕自身は同じ映画を繰り返し観るのがけっこう好きで、まったく同じ映画でなくても、同じシリーズばかりを好んで観たり、最新作を観終えた後に最初の作品をもう一度観たり、といった、まさに「反芻」派なのです。このあたりについて、気づいたことがあるので書いてみます。

会社を辞めて「外国人向けの日本食ツアー」事業を始めてみた人、に密着してみた

「外国人向けの日本食ツアー」に同行してきました。ツアーを手がけるのは、Ninja Food Toursの和田雄磨さん。事業をスタートしてまだ4ヶ月ながら、すでに週に3~4日はツアーの申し込みが入るという人気ぶり。「こんな仕事もあるのかー」と感心させられつつ、多くのインスピレーションが得られた一夜でした。

お昼寝するなら「お昼寝のための音楽」で

仕事中のBGMはiPhoneに入っている曲を全曲シャッフルするか、特に集中したいときはゲームミュージックをシャッフルするか、いずれかのことが多いです。ただ、ごくたまに昼寝をすることがあり、その時は「Amazonミュージック」一択です。

『捨てる 残す 譲る 好きなものだけに囲まれて生きる』はミニマリストになるためのガイドとなる一冊

『捨てる 残す 譲る 好きなものだけに囲まれて生きる』という本を読み進めています。「ミニマリストになるための指南書」という雰囲気です。読み始めた当初は「あー、どこかで聞いたことがあるぞこれは」という既視感でいっぱいだったのですが、読み進めるうちに少しとらえ方が変わってきました。優しく、ぐいぐい迫ってくるのです。

モバイルバッテリーとケーブル2本をコンパクトに持ち歩きつつ、すぐに充電できるようにするための工夫

半日以上の外出ではモバイルバッテリーが欠かせません。単に持ち歩くだけでなく、必要になったときにサッと取り出してすぐに充電を開始できることも重要。ケーブルが見当たらなかったり、端子が合わないと手間取ってしまうからです。僕自身は、LightningとMicroUSBの2種類あれば十分なので2本を束ねて持ち歩いています。

タスクカフェ第70回「プロジェクトを効率よく進めるためのツール活用法」開催報告

本日5月13日(土)に第70回となるタスク管理ワークショップ「タスクカフェ」を開催しました。2011年8月にスタートして以来、毎月欠かさず、70ヶ月間連続で開催し続けています。今回のテーマは、「プロジェクトを効率よく進めるためのツール活用法」でした。

週間ダイジェスト:5月5日(金)~5月11日(木) 新宿の街を外国人の視点で観光してみた話

今週火曜日に、新宿の街を外国人の視点で観光してきました。 たいてい「東京に住んでいる人は東京タワーに行かない」ものですが、同じような「灯台下暗し」な状況はあちこちにあるでしょう。僕にとっての今回の「新宿ツアー」もその1つです。

ePubファイルをPC(Windows/Mac)で無料で読む方法

ePubファイルは電子書籍のフォーマットで、現状はiPhoneであれば標準アプリのiBooksで、AndroidであればMoon+Reader等のアプリで、それぞれ開いて読むことができます。では、PCで読みたいときはどうすればいいか? これについて実際にいくつかアプリを試してみたので使用感などをレポートします。

「リラックスのための時間」は一日の中でどれくらいの頻度・長さを確保すればいいか?

日々、自分の時間の使い方を記録し、翌日の昼までにレビューする習慣を続けています。その中でいつも感じることの1つは、一定割合の「リラックスのための時間」がすべからく必要になる、という抗しがたい傾向です。これを押し退けようとするあらゆる努力は無駄になり、たとえその日は“勝つ”ことができても、翌日以降に必ず反撃を食らいます。

ブログに掲載するガジェット類の写真撮影に使用している撮影ボックスはLEDライトつきで便利

主に自宅で、ブログに掲載するガジェット類の写真撮影の際にいわゆる撮影ボックスを使用しています。要するに余計なものが映り込まないようにするための“囲い”です。現在愛用している撮影ボックスにはLEDライトがついており、重宝しています。