up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > Evernoteに「ワークレド」を入れておく




倉下忠憲
最近マイEvernoteにノートブックが一つ増えました。

名前は「物書きノート」。「物書き」としての仕事に関係ある情報を入れておくためのノートブックです。

screenshot

このノートブックは、仕事を進める上での二つの心得を確認するために使っています。

Ads


仕事を進める上での二つの心得

仕事を進めていく上で、気をつけたいポイントや心がけはいくつもあるはずです。実地的な経験から得られたものや、ビジネス書などで発見したものなど、いろいろあるでしょう。

それらは観察してみると、二種類に分類できます。

一つは、「仕事」そのものの進め方に関するもの。もう一つが作業内容に関するもの。

例えば、時間の使い方や、プロジェクトの進め方などは前者にあたります。後者は、私の場合であれば「文章の書き方」などになります。

私はこれらを総合して「ワークレド」と読んでいます。仕事におけるクレド(ワーク・クレド)の略ですね。

これをEvernoteに保存するようにしています。

screenshot1

このワークレドは毎日チェックするわけではありませんが、1週間や1ヶ月のレビューを行う際に、パラパラと読み返しています。

二つのノートブック

Evernoteを使い始めてから「良いな~」と思う言葉はできるかぎりEvernoteに入れるようにしています。

文章を書く際には「名言」を引用する場合がよくあるので、仕事を進める上でもそのストックは大変便利です。

自分で直接入力したもの、ウェブのスクラップ、本をiPhoneのカメラで撮影したものなどを、「引用・名言」というわかりやすい名前のノートブックにつっこんでいます。

screenshot4

始めのうちは、このノートブック内にワークレドも一緒に入れておいたのですが、数が増えてくるとまず見返さないということに気がつきました。100や200ぐらいならまだしも、500を超えるノート数になってくると気分的に億劫になってきます。

もちろん検索して必要なものを見つけ出す際には便利に使えるのですが、「折に触れて読み返す」という感覚ではなくなってきます。

そこで、別途「自分が仕事を進める上で必要になる言葉」を厳選して、別のノートブックに移動することにしたのが「物書きノート」というわけです。そこに名言だけでなく、仕事についての自分の体験や考えたことなども合わせて保存しておくことにしました。

こうして独立したノートブックに一元管理しておくと、随分と見返し安くなります。

言葉にする、ということ

もちろん、折に触れて読み返し、その内容を想起することも大切なのですが、それ以上にこの「ワークレド」作成には意味があるように思います。

それは、「自分の言葉にする」という行為を通して得られるものです。

  • 自分の経験で得られたものを言葉にする
  • 自分の頭で考えたことを言葉にする
  • 本で読んだ内容を自分の言葉で表現しなおしてみる

なんとなくそうかな、と思ったことでも実際に自分の言葉で表現してみると、なかなか苦労することに気がつきます。これは自分の頭にぼんやり浮かんだことでも、本を読んで得た知識でも同様です。

読んだら読みっぱなしにしない、考えを巡らせたら巡らせっぱなしにしにない。

そのためには、何かしら「自分の言葉」というものを使って、それらを固定化しておく作業が必要になってくるのではないでしょうか。

さいごに

こうしたことは別にEvernoteでなくても実行できます。普段使っているノートや手帳に書き付けておいてもよいでしょう。私が仕事を進める上で日常的に使っているツールがEvernoteだからEvernoteに保存しているだけです。

なんにせよ、人は忘れゆく生き物です。「大切だ」と思えるのもは、一度自分の頭を通過させ、しかもそれを後で確認できるようにしておく。自分の頭のデキに自信がない人ほど、こうした手間をかけることが必要なのではないでしょうか。

少なくとも、私自身はその必要性を強く感じています。

▼今週の一冊:

「フリーエージェント・スタイル」という新しい働き方を紹介している本です。会社員とフリーランスのハイブリッド__プロ野球選手の契約のようなイメージ__は、これまでの働き方とはまた違った環境を与えてくれそうです。

時間の使い方などは本人次第、でも結果が出ないと給料も出ない、でも一緒に働く仲間を感じられる「場」がある。こういう働き方は異色に見えますが、実際そういうスタイルを強く望んでいる人も実は結構いるのではないかと思います。

興味深いのは本書で紹介されている一つのスタイルが、あくまで「現時点」のものだ、と捉えられていることです。そこには常にその時の状況に最適化しようという気持ちが見えてきます。

一度人と人が集まり、また参加する人も変化する「組織」の中で、常に最適解を模索し続ける。少なくとも一度ルールを決めたから、後は絶対的にそれに従わなければならない、という前例主義から慎重に距離を置く姿勢には学ぶべきことがたくさんあります。

「おもしろいことを続けるためには、ちゃんと稼がなきゃいけない」

名言ですね。Evernoteに保存しておきました。


▼編集後記:
倉下忠憲



2010年11月から楽しく使っている相棒(MacBookAir)の液晶が突然映らなくなりました・・・。この原稿は外部ディスプレイに接続して書いています。仕事は進められるものの、ノマド戦力に著しい欠落が生まれてしまいました。早急になんとかしないと・・・。


▼倉下忠憲:
新しい時代に向けて「知的生産」を見つめ直す。R-style主宰。




▼「Evernoteの育て方」の新着エントリー

» 「Evernoteの育て方」の記事一覧

▼「R25世代の知的生産」の新着エントリー

» 「R25世代の知的生産」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る