up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 週記のススメ




日々たまっていくブックマーク。あとで読もうと思ってクリップしたページがすでにすごい量になっていてとてもじゃないけど読み切れません。後ろ髪を引かれながら仕事に追われる毎日。なのに、ちょっと時間が空くと新しいページをクリップ。いったいいつになったら読めるのやら…。

以前書いた「そんなにたくさんこなせませんっ!!」というエントリでも以下のように書きましたが、

・・・以上、ズバズバと反論していますが、全体としてこの人が言いたいのは原文の最後のパラグラフにある、

 1.「仕事をもっとたくさんこなす」ための特効薬はない
 2.ゆっくりでもいいから着実に1つ1つ改善していく

というところだと思います。上記それぞれの反論はこれを言いたいがために、なかばこじつけで書かれた感もあるのでイマイチだなー、と思っていたのですが、何にしてもやはり「ゆとり」が大事ですね、ということでしょうか。確かに昨日のエントリーでご紹介したブログは何だか忙しない(せわしない)感じでした。

とにかく「ゆとり」のない今日この頃です(要するに流れについていけていない)。

そこで、せっかくいろいろなページを目にしてインスピレーションを受けたのだから、それをある程度きちんとした形で、ゆっくりでもいいから着実にモノにするための、「週記」という習慣をご紹介します。

Ads

週記のすすめ(1)(起-動線)

週に一本コラムのような多少まとまった書き物をしてみることによって、自分の研究テーマを深掘りしていくことができると思います。

日記で「考える」のは難しい

日記は、考える材料を揃えるためには優れた方法です。日々感じたことや考えたことの断片は、頭に留めておかずにノートに掃き出しておいた方がいいでしょう。しかし、何かを考えるにはある程度まとまった時間が必要です。

ペースメイクが必要

かといって「時間ができたとき」「考えが浮かんだとき」ではどうしても途切れがちになってしまいます。週に1回である必要はありませんが、ペースを決めてアウトプットしていった方が結果的にたくさんの成果が出てくると思います。

要するに、週に1回、時間を取ってその週のインプットを整理し、アウトプットしましょう、という習慣です。

その効用として、以下の3点が読み取れます。

1.日々の刹那的「ふ~ん」に改めて向き合うことができる
2.それが自分の研究テーマにどういう肉付けをしてくれるものなのかを考えるきっかけになる
3.考えたことを書き残しておくことで、思考の堂々巡りを防ぐことができる

つまり、前に進める、ということです。

さらにこのエントリの続編、週記のすすめ(2)には、週記の具体的な手順が解説されています。

1.その週のイベントを振り返ってネタを探す
2.印象に残っている単語や印象を書き出す
3.研究テーマにどうつながるかを考える
4.書く
5.他人に見せる(オプション)

各ステップの詳細については、元エントリをご覧いただくとして、個人的に印象に残った最後のステップ「他人に見せる」についてもう少しつっこんでみます。

ここはオプションです。ただ、他人に見せることを念頭に置けば、読み手が持つかもしれない疑問や反論を多少なりとも意識します。意識すれば、もうちょっと調べてみようという気にもなります。

ですから自分のためにも役に立ちますし、読み手にも意外に役立つことがあります。自分の中では同じ話の蒸し返しのように思えることでも、ちょっと角度を変えることで読み手のコンテキストにぴたりとはまり、「そういうことか!」と感じてもらえることがあります。また読み手の意識もずっと同じではありませんから、たとえ全く同じ話であっても読む時期によってその受け止め方は違ってきます。書き手側からコントロールできないことは多いものですから、読み手を過剰に意識しない方がよいと思います。

そしてなにより、情報として世に出してみることで情報が集まる、研究活動が前に進みます。

他人に見せることを念頭に置くことで、

1.自分の行動が変わる!(もうちょっと調べてみようという気になる)
2.他人の行動が変わる?(読み手に「そういうことか!」と感じてもらえることも)
3.情報が集まり、研究活動が前に進む

という効用が得られるのは、とてもジューシーな成果と言えるのではないでしょうか。

週記の実践はわりと簡単です。

1.その週のイベントを振り返ってネタを探す(そのまま)
2.印象に残っている単語や印象を書き出す(そのまま)
3.研究テーマにどうつながるかを考える(そのまま)
4.ブログに書く
5.他人に見せる(公開)

ブログに書けば(プライベートにしていない限りは)、自動的に他人の目にとまることになります。

例えば、月曜日から金曜日までは新しいネタを追いかけ、土曜日はそのネタを振り返って自分の研究テーマとからめて何かまとまった文章を書く、という感じです。

週に1度なら週末を使って、腰を落ち着けて取り組めそうですね。



▼「シゴタノ!」の新着エントリー

» 「シゴタノ!」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る