up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 長期的に取り組む仕事を一定ペースで無理なく進めるために






大橋悦夫大学時代の恥ずかしい話です。どう考えても一晩では終わらないレポート課題を締切前日に無理やり終わらせていました。それも1回や2回ではありません。無理やりなので内容は到底満足のいくものではありません。

それでも、単位を落とすわけにはいかないので、とにかく「レポート」と呼べるところのものを作り出すことにのみ注力します。「これは張りぼてだ」という残念な認識は覆しようもなく、それでも「出さないよりはマシ」と繰り返し自分に言い聞かせながら、数時間後には終わるはずの苦行を耐え抜きます。

とはいえ、仕事においてこのようなことを続けるわけにはいきません。

ではどうすればいいか?

Ads

「少しずつ進める」を少しずつ進めるには?

最初のステップは認識を改めることです。具体的には、「一気に進めればまたたく間に終わる」という幻想、および「少しずつ進めるのは効率が悪い」という先入観を捨てること。

代わりに、「少しずつ進めることで信じられないくらいラクに仕事を終えることができる」という新しいイメージで上書きします。

いや、そんなことは分かっている。
それができれば苦労はしない。

…そんな風に感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

が、「分かっていない」からこそ「苦労」がなくならないのではないでしょうか。

もしかすると、「苦労」がないと仕事をしたことにならないのではないか、という“不安”が、あるいは「仕事がそんなにラクに終わっていいはずがない」という“常識”が「少しずつ進める」という方法に乗り出すのを妨げているのかもしれません。

さる6月10日(土)に開催したタスクカフェのテーマは、そんな“不安”や“常識”をリセットすることでした。

トピックは以下の通りです。

  • 1年に1度しかやらないタスクをうまく進めるには?
  • ブログを毎日欠かさず無理なく書き続けるためのタスク分割の工夫
  • プロジェクトをサッと始めるための「設計図」の作り方
  • プロジェクトをスムーズに進めるためのキーワードは「コントロールされた波乗り」
  • 書籍執筆が決まってから書き始めるまでに一部始終と注意していること
  • 書籍執筆のような不定型な仕事をタスクシュートで定型的に進めるには?
  • 毎日の執筆を素早く軌道に乗せるための「時間割」の使い方
  • 書籍原稿を毎日37分間ずつ書き進めている理由
  • なぜ「毎日同じ場所で同じ時刻にスタートする」ことにそこまでこだわるのか?
  • どうしても執筆に取りかかれないときの対策
  • なぜ、調子が良いときでもまとめて一気に書いてはいけないのか?
  • アウトライン通りに原稿が書けない理由と対策
  • 長期のプロジェクトを進めるための、キツすぎず緩すぎない現実的な計画を立てるには?
  • 「スキマ時間」に期待をしない

講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていくための考え方とやり方をお伝えしました。

このたび上記のレクチャー内容を収録した動画が完成しましたので、以下ご案内いたします。

直接ご購入または「タスク管理トレーニングセンター」でご覧いただけます

↓以下のページにて、ご購入いただけます。

» タスクカフェ・レクチャー動画:新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ・レクチャー動画

あるいは、タスク管理トレーニングセンターにご入会いただければ、過去のレクチャー動画と合わせてご覧いただけます。

» タスク管理トレーニングセンター

タスク管理トレーニングセンター

今後も順次新しい動画を追加していきますので、ぜひこの機会にご入会ください!



▼「とらえなおす」の新着エントリー

» 「とらえなおす」の記事一覧

▼「予定を守るためのヒントとアイデア」の新着エントリー

» 「予定を守るためのヒントとアイデア」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

08月05日(土) たすくま「超」入門講座・2017年版

タスクカフェ
今回のテーマは、

たすくま「超」入門講座・2017年版

です。

タスクシュートのiPhone版「たすくま」について2017年現在最新の活用法を入門レベルから実践レベルまで詳しく解説します。


タスクカフェでは、これまでにも「たすくま」をテーマに開催したことがありますが、「たすくま」のリリース(2014年7月15日)から3年がたち、「つい最近使い始めたばかり」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで、改めて「タスクシュートの基本的な考え方」をお伝えしたうえで、「たすくま」を無理なくスタートさせるための最低限の設定と操作知識を解説します。

また、すでにお使いいただいている方むけには、新たに追加された機能・手間の少ない操作方法・意外と知られていないちょっとした工夫、などなど時間の許す限りご紹介いたします。

「たすくま」の導入を検討されている方はもちろん、「たすくま」の真価を引き出しきれていないのではないかとお考えの方も、ぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る