up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > マウスを新調したらサイドボタンとティルトホイールが極めて便利だった






大橋悦夫マウスを新しく買い換えました。今まで使っていたマウスは2014年2月に購入したもので、3年半近く使い続けてきましたが、最新のものに替えてみたら、これまでになかった操作性が手に入りました。

まだ使い始めて3日目ですが、特にサイドボタンとティルトホイール(ホイールを左右に軽く倒す操作)は「あ、この操作もマウスで行えるのは便利だなあ」としみじみ感じています。

↓今まで使っていたマウス(2011年11月発売)

» LOGICOOL ロジクール ワイヤレスマウス M525BC


↓新たに導入したマウス(2017年6月発売)

» Logicool ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S ワイヤレス モバイルマウス グラファイト FLOW Bluetooth/USB接続 Windows・Mac対応 レーザー採用


Ads

専用の設定アプリでボタンに機能を割り当てる

サポートサイトでダウンロードできる、専用の設定アプリでボタンに機能を割り当てることができます。

» MX Anywhere 2S – Logicool サポート

↓購入後、いろいろ試してみた結果、以下のような割り当てに落ち着きました。



これで、以下のような操作がマウスで行えるようになりました。Google ChromeやFirefoxなどのウェブブラウザで有効です。

  • ホイールを左に倒すと、左側のタブを選択
  • ホイールを右に倒すと、右側のタブを選択
  • 奥のサイドボタンを押すと、閉じたタブを開く
  • 手前のサイドボタンを押すと、現在表示しているタブを閉じる

マウスの場合、以下のようにタブが小さいとうまく選択できなかったりしましたが、ホイールを倒す操作でタブ間を移動できるようになったので、この煩わしさから解放されました。



» Chromeの「タブを固定」を愛用している理由

また、タブを閉じたり(Ctrl+w)、一度閉じたタブを開く(Ctrl+Shift+T)、といった操作は使用頻度が高いので、サイドボタンでこれらを行えると便利です。



なお、タブを閉じる(Ctrl+w)については、ウェブブラウザ以外のアプリでも有効です。

たとえば、エクスプローラならウィンドウを閉じる操作になりますし、Excelならブックを閉じる操作になります。

要するに、これまでに「Ctrl+w」というキー操作で行っていたことがマウスのサイドボタンで行えるようになったわけです。

任意のキー操作を割り当てることができるので、工夫次第でいろいろできそうです。

従来より19g 軽くなった(15%減)

そのほか、気づいた点として軽量化が挙げられます。

これまでに使っていた「M525BC」は123g(単3電池×2本込み)ありましたが、今回導入した「MX Anywhere 2S」は104g。

「M525BC」は単3電池を2本も積んでいたので、けっこうずっしりした存在感がありました。単3電池は1本26gあるので、2本で52g。つまり重量の4割は電池が占めていたわけです。



一方、「MX Anywhere 2S」は充電式のため、電池交換が不要になりました(まぁ、2ヶ月程度に1度の交換頻度だったので、さほど手間は感じていませんでしたが…)。

公式サイトによると、

わずか3分の充電で、1日の使用に十分な電力が供給されます。フル充電した場合、最大70日間使用できます。

とのことなので、これまでとほぼ同じ感覚で使えそうです。充電は本体の先端にあるminiUSB端子で行います。モバイルバッテリーでも充電できるので、たとえば、出張中に電池が切れても問題なさそうです。



レシーバーがさらに薄く

また、レシーバーが以前に比べてさらに薄くなっています。

以前も「また薄くなったなー」と感じていたのですが「まだ薄くする余地があったのか…」と感心させられます。



ちなみに、Bluetoothでも接続できますので、USB端子が足りない場合も安心です。ただ、個人的にはBluetoothはときどき接続が不安定になるので、専用のレシーバーが使えるなら使ったほうがよいと考えています。

まとめ

マウスはキーボードに次いで毎日の仕事に欠かせないアイテムなので、少しでも操作性がアップするならより良いものを使うほうが良いですね。

» Logicool ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S ワイヤレス モバイルマウス グラファイト FLOW Bluetooth/USB接続 Windows・Mac対応 レーザー採用


関連記事

» ワイヤレスマウスの「アプリケーション固有の設定」で快適な操作環境が実現、すべての操作をキーボードで行う必要はない
» キーボードは消耗品と割り切る
» マウスレスト(リストレスト)を持ち歩くようにしたら出先作業が快適に
» 現在の自宅オフィスのデスク周りで活躍しているサポートツール群の紹介



▼「ツール紹介」の新着エントリー

» 「ツール紹介」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

08月05日(土) たすくま「超」入門講座・2017年版

タスクカフェ
今回のテーマは、

たすくま「超」入門講座・2017年版

です。

タスクシュートのiPhone版「たすくま」について2017年現在最新の活用法を入門レベルから実践レベルまで詳しく解説します。


タスクカフェでは、これまでにも「たすくま」をテーマに開催したことがありますが、「たすくま」のリリース(2014年7月15日)から3年がたち、「つい最近使い始めたばかり」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで、改めて「タスクシュートの基本的な考え方」をお伝えしたうえで、「たすくま」を無理なくスタートさせるための最低限の設定と操作知識を解説します。

また、すでにお使いいただいている方むけには、新たに追加された機能・手間の少ない操作方法・意外と知られていないちょっとした工夫、などなど時間の許す限りご紹介いたします。

「たすくま」の導入を検討されている方はもちろん、「たすくま」の真価を引き出しきれていないのではないかとお考えの方も、ぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る