up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 部屋の片づけを進めるコツは写真に撮ること






大橋悦夫もうタイトルで言い切っていますが、そういうことです。このブログでもときどき自宅オフィスの一角を撮った写真を掲載していますが、この効用を実感しています。

たとえば、「29インチディスプレイのことをブログに書こう」と思いついて、ディスプレイ周辺を撮り始めるわけですが、すると普段は風景に溶け込んで気にも留めなかったあれこれがファインダー越しに改めて見てみると「うわ、これ片づけなきゃ!」となるのです。

↓たとえば、以下の記事を書くにあたって撮影する必要があったので机の上の整理がはかどりました…

» 「机上台」の下にキーボードを格納することでデスクワークのスペースを確保する



Ads

写真で見ると違って見える

日々撮影する写真はもれなくGoogleフォトにアップロードしています。

» 10日ごとに撮った写真をGoogleフォトでじっくりと見返すようにしている理由

日々、iPhoneやデジカメで写真を撮っています。食べたものや目にした美しい風景、珍しい看板などなど、言葉で採れない対象を写真で獲っているわけです。撮った写真は10日ごとに直近10日分をじっくりと見返すようにしています。見返すことで、何を撮ればいいか、何は撮らなくてもいいかが自分なりに見えてくるからです。

毎日、前日に撮った写真を、ざーっとながらも目を通しています。「あぁ、そうそうこの風景が気になったっけ」とか「この店は今度行ってみたい」といったレビューになります。日記を読み返すより写真を繰っていくほうがスピーディーかつ情感豊かにふり返ることができます。

いずれも見慣れないもの、従って注意を引くものが中心です。

一方、何気なく撮った自室の写真も別の意味で注意を引くことがあります。普段見慣れているはずなのに、肉眼で見るのと写真で見るのとでは違って見えるからです。

おそらくモードが違うせいでしょうか。注目する、すなわち注意して目を向けるポイントが異なるのでしょう。

写真で見て気になったことがあれば、それを何とかしたいと思うようになります。行動を喚起するわけです。

とりあえず写真に撮っておく

どうにか片づけたいのだけど、どうすればいいのか方針が定まらないことがあります。

そんなときは、とりあえず片づけたい部分を写真に撮っておきます。

たとえば、以下はどう表現していいのか分かりませんが、自室における「ぐちゃっ」とした一角です(Evernoteより)。お恥ずかしい限りです…。



ガムテープ、マフラー的なもの、バスタオル、謎のノート類、何も支えることなく空しく屹立する漆黒のブックエンド、空のCDケース、ウェットティッシュ、などが無造作に置かれています。

「この一角を切り崩す」というコメントが添えられているとおり、何とかしたいと思って写真に収めたわけです。

その後、この写真をEvernoteで目にするたびに、自室に居なくても、むしろ居ないときこそ「そうか、自室はこんな風になっているのか…」と不思議な“再発見”をすることになります。

「それに引き替え、このカフェは何もなくて気持ちがいいなあ」と、そのギャップを如実に感じます。思い出したくないことを思い出すことになりますが、だからこそ次に進める、すなわち、行動を起こすトリガーになると考えています。

また、こういった写真は「どうにか片づけたい」というくくりで一箇所にまとめておくのがおすすめです。Evernoteをお使いでしたら、ノートブックなりタグなりを作るといいでしょう。

その上で、まとめた写真を繰っていくと、片づけのアイデアが浮かぶことがあります。普段は別々にしか目にしない光景を写真で「合成」しているので、普段とは違った発想が浮かぶからでしょう。

写真に撮ると名前を付けたくなる

ここまで書いてきて、ふと気づきました。「写真に撮る」とは「任意のサイズの矩形で現実を切り取る」ということです。

すると、そこに曲がりなりにも「作品」が生まれるのです。作品である限りは名前を付けたくなります。切り取ったものをそのほかの部分と区別したくなるからでしょう。

先ほども、無意識に、

自室における「ぐちゃっ」とした一角です

などと名付けている自分がいました。個展を開くことになったら、この写真は額縁に入れられて[自室における「ぐちゃっ」とした一角]というプレートが付けられることになるでしょう。

とにかく、目にしているだけでは過ぎ去っていくだけのところを、写真で切り出すことによって放っておけなくなり、名前を付けたくなり、折に触れて注意を引くようになる。

最初は何とも思わなかったのに、気づいたら恋に落ちていた、的な。

関連して、写真ではありませんが、『文章の書き方』という本に以下のような事例が紹介されていたのを思い出しました。

中央分離帯の植え込みでゴミを集めてみた。一平方メートルだけで、約5キロが集まった。内訳はジュース類の空き缶42個、カップラーメンの容器2個、プラスチック製の弁当箱8個、週刊誌3冊、バナナとミカンの皮2つずつ、清涼飲料水のビン2ホン、自動車用のヒューズ、汚れたちり紙、荷物の送り先の地図、メモ、吸い取った髪の毛やほこりが入った電気掃除機の袋が一つ・・・・

具体的なモノが示されることで中央分離帯のイメージがありありと浮かびます。仮に書き手の言葉で「中央分離帯にはゴミが多かった」とまとめられていたとしたら、書き手が目にした光景は文章からは伝わらないでしょう。

「ぐちゃっ」とした一角を目にして、「片づけなきゃ~」とまとめるだけではなかなか動き出せないところを、写真に撮ることで、文字通りイメージで訴えてくるようになります。

自分の中で特別な存在に近づくのです。

» 文章の書き方 (岩波新書)




▼「ちょっとした工夫」の新着エントリー

» 「ちょっとした工夫」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

08月05日(土) たすくま「超」入門講座・2017年版

タスクカフェ
今回のテーマは、

たすくま「超」入門講座・2017年版

です。

タスクシュートのiPhone版「たすくま」について2017年現在最新の活用法を入門レベルから実践レベルまで詳しく解説します。


タスクカフェでは、これまでにも「たすくま」をテーマに開催したことがありますが、「たすくま」のリリース(2014年7月15日)から3年がたち、「つい最近使い始めたばかり」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そこで、改めて「タスクシュートの基本的な考え方」をお伝えしたうえで、「たすくま」を無理なくスタートさせるための最低限の設定と操作知識を解説します。

また、すでにお使いいただいている方むけには、新たに追加された機能・手間の少ない操作方法・意外と知られていないちょっとした工夫、などなど時間の許す限りご紹介いたします。

「たすくま」の導入を検討されている方はもちろん、「たすくま」の真価を引き出しきれていないのではないかとお考えの方も、ぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る