up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 「何か秘策でもあるのか?」の問いにハッとさせられた日






大橋悦夫ふと思い出したシリーズ。

会社員時代、とある大きな仕事を任されていたことがありました。

20名ほどのプロジェクトチームで、ある企業のシステム開発案件を請けていたのですが、その中で僕は旧システムから新システムへデータを移行する役割を担っていたのです。

ある日を境に、旧システムから新システムに切り替えるわけですが、昨日まで入力したり更新したりしたデータが、翌日には新システム上で、あたかも昨日もその新システムを使っていたかのように、そこに正しく入力されている状態を実現する、これが僕の仕事でした。

これを実現するには、

  • 旧システムが扱っているデータの種類と分量を把握したうえで、
  • それらのデータ間でどのような関連があるのかを理解し、
  • 最終的に集計表や伝票など人が目にすることになるアウトプットにどのように現れるのかを知悉する

必要があります。

さらに、新システムから新たに扱い始める、旧システムには存在しないデータもありますので、それらは別途その企業の担当者の方にご用意いただいたうえで、新システムに組み込む作業もあります。

ほかのメンバーたちが開発を進めている新システムのデータ構造を確認しながら、旧システムのデータをどのように加工すればいいか、いつまでにどのデータをどれくらい用意すればいいか、そのために誰に何をどのように依頼をすればいいか、など実に多岐にわたる複雑な仕事でした。

Ads

「何か秘策でもあるのか?」

この仕事に取りかかった当初、いったいどこからどのように進めればいいのか途方に暮れていました。

さまざまなケースを想定しながら、「データ移行計画書」なるドキュメントを作るべく日々朝から晩まで仕事に明け暮れていたのですが、いっこうに見通しというものがつきません。

「データ移行計画書」ができても、それは映画でいえば脚本ができあがるだけで、それをもとに撮影をする必要があります。始めるための準備ができるだけで、仕事が完結するのはさらにずっと先なのです。

にもかかわらず、その脚本が書き上がらないどころか、脚本を書くための資料集めも終わっていない感じです。

一方、新システムが稼動を始める日はすでに決まっていて動かせない状況です。

  • 期限までにきちんとデータ移行は完了するのだろうか?
  • 本当に「あたかも昨日もその新システムを使っていたかのように、そこに正しく入力されている状態」は実現するのだろうか?

といった不安に押しつぶされそうになりながらも毎日とにかく手を動かしていました。

そんな折、プロジェクトの責任者である上司が作業中の僕の傍らにやってきて言います。

本当に期日までにデータ移行はできるのか?
何か秘策でもあるのか?

このひと言を聞いたとき、「ハッ」としました。

特に「秘策」という言葉は20年近くたった今でもハッキリと耳に残っています。

もちろん、上司の意図は「秘策があるんだったらいいんだけどさ~♪」ではなく、「明確にスケジュールを示した上で進捗を報告せーよ」という指示です。

当の本人さえも認識できていなかった「秘策」

正直なところ、毎日朝一番から深夜まで仕事に取り組んでいるにもかかわらず、その僕自身にも間に合うのか分からず、何か良い方法はないかなと考えていたので、「秘策」という言葉が実に魅力的に聞こえたのです。

「そんな秘策とやらがあるなら今すぐ教えて欲しい」と。

でも、その直後です。

「あ、もしかして自分はまさにその秘策を毎日コツコツ作ってきたのではないか?」

と思い至ったのは。

結論から言うと、「秘策」はありました。

イメージで描くと以下のような感じで、期限ギリギリになるまで、作っている自分でも見通しがつかず、でも、あるとき不意に、まるでパズルが解けたときのように全体像がパッと姿を現すのです。

そこに至るまでは、出口の見えないトンネルを粛々と進むしかない。



思い出したフレーズ

今回の記事を書くために、当時の日記を読み返していたら、村上和雄さんの『アホは神の望み』という本の以下のくだりを思い出しました。

一年たっても、二年たっても、結果が出ない研究プロジェクトがあった。失敗ばかりが続いて、それ以上、何をしたらいいのかわからなくなり、まったく行き詰まってしまったとき、一人のメンバーが突然、便所掃除を始めた。まじめでひたむきな人間らしく、毎朝夕欠かさず、モップとタワシで便器をきれいにしている。

経営者が理由をたずねると、「これを続けていれば、必ず成功すると自分にいい聞かせているんです」。こういう行為を根拠がない、アホらしいと笑うのは利口な人のやることだと思います。少なくとも私には笑えません。それどころか圧倒もされるし敬服もします。

なぜなら、それほどの熱意、理性を超えたすごみさえ感じられる愚直な情熱には、神もたまらずセレンディピティを与えるはずだからです。

さすがに便所掃除はしませんでしたし、僕が抱えていた課題はここに書かれているほど立派なものではありませんでしたが、当時の自分は自分なりに「これを繰り返していけば到達できるはず」という根拠のない確信のようなものがあったのだと思います。

感謝すべきは「秘策」というキーワードを口にしてくれた当時の上司です。

この言葉を聞くまで、僕は自分では仕事をしているつもりではありましたが、空回りしているような空しさがありました。

それが「秘策」というキーワードを耳にしたとき、まさに「カギ」となって、それまで作り上げてきた膨大なドキュメントやワークシートやテストデータが一定のルールに則って整然と配列されていくイメージが浮かびました。

そうか、自分がやっていたのは「秘策」作りだったのか、と腑に落ちて、それまでモヤモヤが一気に解消し、そこからは何をどのように進めていけばいいのかの手順がクリアーになり、当然上司やチームメンバーにも進捗見通しを明瞭に伝えられるようになりました。

むろん、上司としてはこのような“転換”を引き起こそうというつもりはなかったかもしれません。

それでも、結果として僕はトンネルを抜け出すことができました。

同時に、仕事には「トンネルに覆われて見えなくなる区間」というものがありうるのだな、ということを知りました。

その上司は、この「秘策」発言以外は特に口を挟まずにいてくれたので、僕はマイペースでトンネルを突き進むことができました。

もし僕がこの上司の立場だったら、これほど放置できたかはわかりません。きっと、「ちゃんと報告して」と口を出していたでしょう。

単純に、上司が忙しさのあまり僕のことを気にかける余裕がなかっただけかもしれませんが、何であれ、このトンネル体験は僕にとっては意義深いものになりました。

» アホは神の望み[Kindle版]




▼「発記」の新着エントリー

» 「発記」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る