up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > マルチタスクのストレスから解放されるために






佐々木正悟 精神分析の考え方に、無意識は共時的であり、自意識は通時的である、というものがあります。

無意識というのは内容がつまっていて、非常に豊かですが、豊かであるだけにその中身を一度に取り出す、というわけにはなかなかいきません。それは一種の「辞書」のようなもので、辞書にはたとえデジタルでも「発生時間順に言葉を並べ替える」といった機能はないですね。

一方で自意識は、時間順に言葉を取り出すほか、ありません。どんなに大急ぎでたくさんの言葉を喋っても書いても考えても、順番というものが発生します。私の意識にはいま「喋る」→「書く」→「考える」という順番で言葉が浮かびました。この順番に、必然性はありません。しかし、順番には否応がありません。同時に出てくることはできないのです。

Ads

一気にやろうとすると一気にストレスが高まる

辞書を一冊ボン!と、わたされたとしましょう。

「この辞書には、君が必ずやるべきことが、全て載っている。だから全部やるのだ!」と言われたら、とてもストレスでしょう。開いて読み始めたらますますストレスなはずです。なぜなら「やるべきこと」というのは自分に深く関係していて、自分に実行が期待されていて、しかもまだなされていないことだからです。

読んでいっても読んでいっても、そこには「ああ…これはやるべきだ」とか「ああ…これはやらないとな」とか「ああ…これまだやってなかったんだ」という項目が際限なく続くのです。律儀な人ならきっと、気持ちが悪くなってしまいそうです。

この気持ち悪さが、マルチタスクのストレスです。大量のやるべきことが書かれているリストを眺めていると、こういうことが起こります。どこから順番に、という基準がいっさいなく、とにかくすべてはやるべきことなので、つまり共時的なリストであるため、あらゆるMUSTがいっせいに襲いかかってくるのです。

もしもふだんから使っているタスクリストがこういう構造をしていたら、つまり「共時的なリスト」を用意しがちなものであれば、これを「時系列なリスト」に並べ替えるところから始めるべきなのです。

「今はこれだけをやっていても大丈夫」という想定が必要

自分にはマルチタスクができる、とか、女性にはマルチタスクができる、とかいった話とはまた、違う話です。辞書みたいな共時的タスクリストは、眺めるだけでストレスであり、その一部をマルチタスクでこなしたとしても、やっぱりストレスではあるはずです。

その心の重荷から解放されるには、リストを「この順番で片づける」という形に直すところから始めるべきなのです。そうすることで、1項目めに取り組んでいるときには、ほかの項目には取り組まなくていい、という「許し」がもらえます。この、デジタル的な0か1かの選択が、マルチタスクを強いてくるリストからの解放をもたらすのです。

マルチタスクを強いてくるリストというものは、どのタスクに携わっていても、ほかのタスクのことを意識しつづけていなければならないのです。どの項目をピックアップすべきかの基準が、もともとないからです。そこにあるのは「やるべきことの集合」でしかありません。

リストを時系列に直すというのはもちろん「入力した順」ではありません。それではほとんど意味がない。やるであろう順です。つまりそれは未来の時系列ということになります。タスクリストに求められる最低限の条件とは、これが容易にやれることです。

  • リストをやるであろう順に並べ替えられる
  • リストを未来の日付で管理できる
  • あるタスクをやるということは、他のタスクはしなくていいということを意味するように表現できる

これらのことができないと「自意識で扱うタスクリスト」としては非常に扱いにくく、ストレスフルな結果になってしまうでしょう。

▼編集後記:
佐々木正悟



jMatsuzaki Store / 佐々木正悟 vs jMatsuzaki vol.2 参加チケット

前回なかなか好評だった一風変わったタスク管理トークですが、第2回を開催します。

場所はまたしても原宿となります。

正直言ってjMatsuzakiさんのおっしゃっていることというのは、明快ですが厄介です。

「一曲完成するごとになぜ手が止まってしまう」などと言うけれど、私なら「一曲完成したならいいではないか」と思ってしまうでしょう。

むしろ、「どうして一曲完成しうるだろう?」と言いたくなるくらいです。よくわかりませんが、五線譜にオタマジャクシを1つ書いたときというのは、先の遠さが気になって、気が遠くなりそうではないでしょうか。

私にとっては「爪を切る」のだってけっこう難題なのです。「一本目の指の爪を切っても、あと九本もあるんだ…」と思うクチですから。




▼「タスクシュート時間術」の新着エントリー

» 「タスクシュート時間術」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

06月10日(土) 新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ
今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る