up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 重要な仕事を「毎日少しずつ進める」ことで得られるメリットと注意点






大橋悦夫「なかなか取りかかれない仕事対策」について、これまでにたくさんの記事を書いてきました。結局のところ結論は「毎日少しずつ進める」ということになるのですが、「それは十分に分かっているのだが、とにかく続かないのだよ」という方のために、改めてそのメリットと注意点をまとめます。

まず、「毎日少しずつ」を続けることで得られるメリットは以下の4つです。

  • 1.小さいうちにやっつけておくと後でラクができる
  • 2.場数が増えるので上達が早まる
  • 3.接触頻度が増えるので自然と取りかかるハードルを下げられる
  • 4.後回しにされがちな「重要なこと」がきちんと進捗する

それぞれについて詳しく書きます。

Ads

「毎日少しずつ」を続けることで得られる4つのメリット

1.小さいうちにやっつけておくと後でラクができる

話を単純化すると、100個の仕事を抱えているとき、

  • 締め切りが翌日の場合 → その日のうちに100個すべてを一気に終わらせる必要がある
  • 締め切りまで100日ある場合 → 毎日1個ずつやればOK


つまり、早く取りかかれば、それだけ“距離”を稼げるわけです。仕事の“勾配”をゆるやかにできる、とも言えるでしょう。仕事が手に負えなくなる前にやっつけられるということです。



2.場数が増えるので上達が早まる

少しずつ取り組むということは、その仕事を取り組む回数が増えるということです。

» 確実に成果をあげたければ「短期間に一気に」よりも「時間をかけて少しずつ」取り組む、そのための頭の切り替え方

回数が増えるということは、“打席”に立つ回数が増えるということです。場数を多く踏むことができるので、上達スピードもアップします。

たとえば、資格試験の合格を目指すなら、「まとまった時間のとれる土日に一気に進める」のではなく「平日の昼休みに10分ずつ毎日取り組む」ようにします。

もちろん、論述問題など10分ではキリが悪い場合もありますので、勉強の種類は選びます。

それでも週に一度まとまった時間を取るより、短い時間でも毎日その資格試験に向き合うほうが、早くなじむことができるはずです。

続けるほどに、1回あたりのスピードもアップするので、かかる時間は毎回同じでも、進める“距離”は少しずつ伸びていきます。

ちょうど複利で増えていく積立貯金のようにです。

3.接触頻度が増えるので自然と取りかかるハードルを下げられる

場数が増えるということは、接触頻度が増えるということです。

» 確実に成果をあげたければ「短期間に一気に」よりも「時間をかけて少しずつ」取り組む、そのための頭の切り替え方

たまにしか会わない人より毎日会う人のほうがより早く親しくなれるのに似ています(社内恋愛や結婚が多いのはそういうことですし)。

資格試験と早く“親しく”なれれば、勉強の敷居も下がり、短い時間でも集中できるようになります。当然、成果も上がるでしょう。

取りかかるときの抵抗がどんどん下がるので「落とす」ことが少なくなります。至極当たり前のことですが、続ければ続けるほど続けやすくなるのです。

4.後回しにされがちな「重要なこと」がきちんと進捗する

特に締め切りのない「重要なこと」ほど、この「少しずつ進める」が有効です。忙しさの日々から抜け出すカギは「重要なこと」が握っているからです。

» 毎日ちょっとずつ重要なことに取り組む効用

「重要なこと」とは、「すぐには役に立たないが、後からじわじわ効いてくる」ような仕事や習慣です。

すぐには役に立たないために、時間に追われているとついついスキップしてしまいます。「すぐには役に立たない」とは「その場ではメリットもデメリットも実感できない」という意味です。快も不快もないので、「やるのは今じゃなくてもいいでしょ」という判断をためらうことなく下せてしまうのです。

その判断に対する結果がずっと後になって現れるので、そのまま放置していると最終的には「こんなはずじゃなかったのに」という“夏休みの宿題における8月31日状態”に陥ることになります。

逆に、すぐには役に立たなくても、その場ではメリットもデメリットも実感できなくても、重要な仕事に毎日欠かさず小さくとも確実な一撃を加え続けることで、気づいたら終わっていた、という日がやってきます。

あらゆることに先手を打てるようになるので、緊急対応もおのずと減ります。

この「すぐには役に立たない」というマイナス要素にめげることなく、「とにかく割り当てた分量だけやればOKなのだから」「今日も取り組めれば連続記録を更新できるのだから」を心の支えに取り組むようにします。

「毎日少しずつ」進めるときの注意点

このように多くのメリットのある「毎日少しずつ」メソッドですが、1つだけ注意点があります。

それは、以下です。

  • 1日の割り当て作業量を決めて、これをきっちりと守ること

多すぎても少なすぎてもダメなのです。

» 少しずつ書くか、まとめて書くか

上級者向けのアドバイスとして、

  • 落とし穴:1日の割り当て作業量以上はやらないこと
  • 翌日分を前倒しで消化したことにしてはならない

というものがありました。原文にこれ以上の説明がないため、ここからは推測なのですが、毎日の分量をきちんと守り続けることで、一定のペースをキープすること、あるいは、前倒しをすることで「極端に楽な日」を作ってペースに乱れを生じさせないようにすること、を意図しているのではないか、と思います。

個人的には、いつもより調子がいい場合は、前倒しで進めてしまった方が最終的には楽になるように思います(これが落とし穴なのかも?) 逆に、どんなに調子が悪くても、割り当て分はきっちりとこなすようにすることで、全体としてはスピードアップが図れるはずです。

調子の良し悪しに関わらず、とにかく毎日一定の「少しずつ」をキープするようにしましょう。

まとめ

要するに、失敗しようがないくらいの安全なペースを決めてこれを守るということです。

その仕事の完了までにいたる全工程のどこを切っても失敗しようのない“線分”が得られるならば、毎日の割り当て作業量を不安なくこなすことができます。

もし、抱えているすべての仕事についてこの方法で進めることができれば、理論上は先送りは生じ得ないことになります。

これを続けることで「今日一日の区切りで生きる」の実現に近づくことができます。

「今日一日の区切りで生きる」ために「一日を6つの区切りに分ける」

『道は開ける』の中に以下のような問いかけがあります。

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の区切りで生きよう。

あなた自身で、次の5つの問いに答えてみていただきたい。

  1. 私は、未来に不安を感じたり、「水平線のかなたにある魔法のバラ園」に憧れたりして、ともすると現在の生活から逃避していないだろうか?
  2. 私は、過去の出来事──すでに決着のついたことがら──を後悔するあまり、現在をも傷つけていないだろうか?
  3. 朝起きる時に「今日をつかまえよう」──この24時間を最大限に活用しよう──と心に誓っているだろうか?
  4. 「今日一日の区切りで生きる」ことによって、人生をもっと豊かにできるだろうか?
  5. 以上のことをいつから始めるべきか? 来週から?……明日から?……それとも今日からか?

» 道は開ける 新装版[Kindle版]




▼「先送り・先延ばし対策」の新着エントリー

» 「先送り・先延ばし対策」の記事一覧

07月08日(土) プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

タスクカフェ
今回のテーマは、

プロジェクトを進めるための“記録”の活かし方

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

前回は、実例をまじえながらこの勘所についてお伝えしましたが、今回はその中でさらりと触れられるにとどまった「記録」の活かし方について掘り下げます。

プロジェクトを進める中においては、「次にするべきこと(ネクスト・アクション)」や「気になっていること」、「ある期日までは忘れていても良いこと」など、さまざまな情報が断続的に発生します。これに加えて、「今日はどこまでやったのか」といった作業記録も絡んできます。

これらの情報をどのように整理し、どの程度のレベルで記録に残していけばいいか。そして、残した記録をどう活用すればいいか。具体的な実例をまじえて詳しく解説します。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


本日時点で、残り1席ですので、ご検討中の方はお早めに。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る