up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > Scrapboxを使い始めました






佐々木正悟 まさにタイトルの通り、ちょうど最近になって使い始めた、という状況です。

まずは、これを知るきっかけとなった、倉下忠憲さん情報管理LOGさんにお礼を申し上げたいと思います。

もちろん、Scrapboxさんにもです。ScrapboxのRAKUSAI Isshu(@rakusai)さんには「紙copi」時代からずいぶん一方的にお世話になっております。

Scrapboxの詳細についてはいろいろと語られてきていますし、私もそういう記事を読みあさっているのが現状ですから、それをまとめることはしません。

それより、ScrapboxとEvernoteの使い分けというか棲み分けについて、この記事では述べておきたいと思います。

» Scrapbox ヘルプ – Scrapbox

Ads

Scrapboxには原稿を軸とする

私は今まさにこの記事も、Scrapboxで書いています。そして、書籍原稿も、そうですし、@人事オンラインという最近始めた連載の原稿もそうです。

これは熟慮のすえにこのようにしたというわけではなくて、なんとなく使っていたらいきなり、こういうふうに始めてしまったのです。それくらい、文章を打つ上でも無理がなくて、しかも、文章打ちによくある「脱線しようとする気分」に沿って動かせるツールだったということなのですが。

Evernoteは、そうしたいそうしたいと常々あんなに思っていたのに、ついにテキストエディタとして威力があると思える日は来ておりません。

単純に、動作がゆったりすぎます。

そのうえ、特に文章を打っていくのに適していると思える要素がたりません。参考になる資料を簡単に引き出せそうで、やってみるとそうでもない。「関連ノート」に、文章を打っているうちにいい感じのノートが登場するということも、あまりにも希にしか起こらない。

なによりずっと思っていたことですが、デジタルノートに今期待したいのは、思考を助けてくれるツールです。こういうとひどくかっこうよさげに聞こえもしますが、「思考を助けて欲しい」と切実に思うということは、悪く言えばアホだということでもあります。

書くべきことが見つからないとか、うまい言い回しが考えつかないとか、気持ちをうまく言葉にできないだとか、どれもこれも、すなわち知力の不足を露呈しています。何らかの意味で。

たとえばEvernoteに「未解決の課題」という「ノートの束」を集めておいたとします。この整理の仕方によって、「未解決の課題」が1つでも解決できるかといったら、かなり疑わしい。このまとめ方ですと、相互にさしたる関連性もない「未解決問題」が書かれたノートがリストアップされるだけであり、きわめてマメな人だけが、毎日のようにそのリストを上から順に眺め、その時になって解決できそうな糸口をひらめかせ、ノートに追記できるというのがせいぜいです。

これだけでも大したことかもしれませんが、発想はアナログ時代からほとんど変わっていません。

これがScrapboxになると、アプローチの仕方が全然違います。Scrapboxはノートを「タグでつないでいく」という方向性のみでノートを辿るようになっています。Evernoteや一般の整理ツールのように「束ねる」という発想ではないので、「相互に関連性のないリスト」というものは、意識して作りださない限り存在もしない

「原稿」というのは、こういうツールと相性がいいのです。Evernoteで「整理する」たびに残念に思っていたことですが、「原稿を束ねる」ことにほとんど意味はありません。それはせいぜい「整理されているだけ」であり、一歩間違うと「整頓されているに等しい」状態しか作り出せないのです。

A出版社に依頼されていた「原稿」とB社に依頼されてた「原稿」を「束ねた」としても、それは本当にそれだけでしかないのです。

Scrapboxで「これはタグだ」と思えるキーワードをタグに指定すると、そのタグを含む原稿やノートを横に並べだしてくれます。原稿が他の原稿とつながる。それも関係性のある原稿だけがつながってくるのです。これは、束ねておくこととは決定的な違いがあります。

原稿とライフログ

Evernoteは「束ねる」のが得意なため、圧倒的にログの蓄積に向いています。

私たち人間は、「束ねる」となるとどうしても「形式が同一であるもの」を束ねようとします。物理的世界では「整理」だけなく「整頓」にも大きな意味があるからです。

Evernoteの解説書でもサンプルとして「領収書」「請求書」「レシート」などをまとめておきましょうというアドバイスが載っているのは、そういうことなのです。

ですが、こういったものを束ねておく意味は決して大きくないという気がします。もちろん領収書が乱雑になってしまうよりずっといいのですが、Aからの領収書とBからの領収書の間には、領収書であるということ以外ほとんどなんの共通点もありません。これらが意味を持ってくるのは、漏れなく蓄積されていったケースにおいてです。

束ねるのが得意なEvernoteにはだから、やっぱりライフログが向いている気がします。たとえば日記は、形式が統一に向かいやすく、しかも形式が整っている日記であるというだけで、相互の深い関連性も存在します。昨日の日記と一昨日の日記の関係は、2枚の領収書よりもずっと深い関係があります。

今後も、Evernoteに形式的統一性を持ったデータを蓄積していき、ライフログも集めていくでしょう。Scrapboxには、内容的関連性によってつながればつながるほどよいものを集約していくことになりそうです。日記は実は両方にまたがる悩ましい存在ですが、そういうものは過去の蓄積もものを言うので、当面はEvernoteということにするつもりです。

ウェブクリップ、とかは?

しかし、いままでEvernoteに入れてきたものは、原稿とライフログばかりではありません。ウェブクリップやメモの断片などもここに集中していました。そのへんのことは、実に面倒な問題があるので、次回以後また考えていきたいと思います。



▼「考える技術と書く技術」の新着エントリー

» 「考える技術と書く技術」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

06月10日(土) 新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

タスクカフェ
今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る