up home page bottom

Add a comment


トップ > シゴタノ! > 仕事に追われたくなければ「プッシュ型リマインド」と「プル型リマインド」のバランスを見直す






大橋悦夫「通知(リマインド)」は便利なのですが、数が増えると邪魔になります。ただ、人によって最適な頻度はまちまちでしょう。「とりあえず通知して欲しい」人もいれば、「これとこれに限り通知して欲しい」人もいるでしょう。僕自身は後者。必要なときに自分で見にいく「プル型」の通知です。

電話のベルは「プッシュ型」の通知であり、メールチェックは「プル型」の通知です。
「プル型」の通知についてはすでに記事を書いています。

↓「プッシュ型」を「割り込み」、「プル型」を「取り込み」と整理しています。

» 「割り込み」の通知は最小限に抑えないと時間とMPのロスになる 

指定した時刻にアラームやポップアップによって、忘れてはいけないことを思い出させてくれる通知機能(リマインダー)は便利ですが、数が増えるとひっきりなしに「割り込み」を受けることになるため、目の前の仕事が進まなくなるという弊害を引き起こします。そこで「割り込み」ではなく「取り込み」をおすすめします。

Ads

「プッシュ型」をゼロにしてみる

最近は、「プッシュ型」の通知はすべてスマートウォッチ「Pebble Time」で受けるようにしています。

iPhoneは常時「おやすみモード」にしているので、Pebble Timeがブルブル震えているとき、iPhoneは黙ったままです。Pebble Timeはアプリごとに個別に通知のオン・オフを設定できるので、ほんとうに必要なアプリの通知のみを厳選しています。

最初にすべてのアプリをオフにしたうえで、少しずつ増やしていきましたが最終的には「たすくま」と「タイマー」のみになりました。

» Pebble Timeを10日間使ってみての「良いところ」と「気になるところ」 

Pebbleアプリ上でPebble Timeに通知を表示するアプリのオン・オフの切り替えができます。僕自身は、たすくまとタイマーアプリ以外はオフにしています。



この結果、“不慮”の通知で割り込まれることがほぼなくなりました。

いちいち手首に刺激がやってくるので、積極的に減らそうという気になったことも大きいです。手首に何か来るということは余程のことだ、という認識を強化するわけです。

残りの通知は気になったときに回収

それ以外の通知は、作業が一段落ついたところで、休憩がてらまとめて回収します。「宅配ボックス」のような位置づけといえます。

iPhoneの場合は画面上部を下にスワイプすることで確認します。



この体制ができて初めて、以下が実現できるようになります。

» 朝一番に取りかかる順番を決めたら、可能な限りこの順番に沿って仕事を進めるのが最短ルートになる 

毎朝、その日に予定しているタスクすべてに目を通し、取りかかる順番に並び替えるようにしています。このタスクリストに沿って、上から順に書かれているタスクを1つとして飛ばすことなく実行していくと、その結果は「その日に予定しているタスクすべてをその日のうちに終えるための最短ルート」になります。

通知に追われている限りは仕事にも追われ続けることになると思うのです。



▼「意志力のマネジメント」の新着エントリー

» 「意志力のマネジメント」の記事一覧

「タスク管理トレーニングセンター」のご案内


タスクカフェは東京(渋谷)でのみ開催しているため、地理的にご参加が難しいという方、あるいは日程的に厳しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、オンラインコミュニティ「タスク管理トレーニングセンター」を開設しました。


▼タスク管理トレーニングセンターとは?

「タスク管理トレーニングセンター」は、タスク管理にまつわる以下のような課題に取り組みます。
  • いろいろな本を読んだりセミナーを受けたが自分なりの方法が確立できていない
  • こちらの業務環境や状況に合わせて客観的なアドバイスをして欲しい
  • 誰に質問していいのか分からない
  • どのツールが自分に合うのかが分からない
  • TaskChute2で「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • たすくまで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • TaskChute Cloudで「こういうこと」をしたいが方法が分からない
  • この使い方で合っているか不安
  • もっといいやり方があれば教えて欲しい
  • 他の方とタスク管理に関する課題を共有したい
これらの課題の解決のために以下のようなメニューをご用意しています。
  • タスク管理アプリの開発者とタスク管理のエキスパートがあなたのご質問にお答えします
  • 一般非公開のコミュニティで他の参加者の方と課題を共有できます
  • タスク管理の考え方・やり方の理解を深めるためのレクチャー動画をご覧いただけます

ご質問にお答えするのは、TaskChute開発者の大橋悦夫、たすくま開発者の富さやか、TaskChute Cloud開発者の松崎純一、そして、タスクシュート歴10年の佐々木正悟の4名です。

また、毎月のタスクカフェのレクチャー内容を動画で公開しています。

これまでにお答えしているご質問や現在公開中のレクチャー動画については、以下のページにて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

» タスク管理トレーニングセンター
タスク管理トレーニングセンター

タスクシュート® とは?

» TaskChute2(Windows・Excel)

タスク管理ツール・TaskChute2


» TaskChute Cloud(クラウド)

TaskChute Cloud

» たすくま(iPhone)


» たすくま「超」入門
たすくま「超」入門

04月08日(土) 残業ゼロのタスクシュート入門

タスクカフェ
今回のテーマは、

残業ゼロのタスクシュート入門

です。

今回は、特別講師として、TaskChuteを活用することで、実際に残業ゼロを実現し、その後も継続して定時で退社している現役会社員の滝川徹さんをお招きし、「残業ゼロのタスクシュート」と題して、実体験を交えた実践的な「タスクシュート活用法」を解説いただきます。

フリーランスの佐々木正悟や大橋悦夫とは違った、会社員ならではの活用法をお伝えできると思いますので、タスクシュート(TaskChute・たすくま・TaskChute Cloud)をすでにお使いの方はもちろん、導入を検討中の方もぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


現在、満席です。キャンセル待ちをご希望の方はこちらよりご登録をお願いします。

» 仕事を予定どおりに終わらせたい人のための「タスクカフェ」@渋谷


PR

イチオシ本
» 続きを読む

» シゴタノ!を「Feedly」で購読する
Feedlyで購読

» シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌のトップへ戻る